「平均倍率」とは?

関連ニュース

【悲報】埼玉大学、2年前と同じ入試問題を出題してしまう - 02月26日(月)11:03  poverty

 国公立大学2次試験の前期日程が、25日から全国で始まりました。  さいたま市桜区の埼玉大学では25日、教養学部、経済学部、教育学部の3つの学部で試験が行われ、受験生は英語や国語などの教科に臨みました。  ことしの埼玉大学の募集人員は、前期日程と後期日程合わせて5つの学部で1371人となっています。  これに対する志願者数は6203人で、平均倍率は去年より0.1ポイント低い4.5倍となりました。 https://news.yahoo.co.jp/articles/7f37f2c94fdb270b1e7f664165eff1110569cc80 ...
»続きを読む
カテゴリー:

佐賀県立高一般選抜、倍率1・05倍 志願状況 佐賀北普通科1・49倍 - 02月21日(水)06:00 

佐賀県教育委員会は20日、県立高入試の一般選抜の志願状況を発表した。全日制は募集人員4667人に対して4879人が志願し、平均倍率は前年度より0・02ポイント高い1・05倍だった。定時制は同0・05ポイント増の0・19倍だった。 全日制は32校で、募集定員5800人のうち、特別選抜の合格者678人と併設中学からの入学内定者455人を除いて募集する。 普通科・理数科・芸術科の最高倍率は佐賀北普通科の1・49倍で、厳木普通科(重点評価枠)1・38倍、佐賀西普通科1・35倍と続く。
カテゴリー:

【鉄飯碗】中国、就職難で公務員人気が過熱 「現代の科挙」に出願303万人… - 02月13日(火)18:49  newsplus

若者の就職難が深刻な中国で公務員人気が過熱している。2024年採用の国家公務員試験は、約3万9600人の採用枠に過去最多の303万人が出願し、この3年でほぼ倍増。平均倍率77倍の狭き門で、清朝時代まで続いた高級官僚登用試験制度になぞらえ「現代の科挙」と呼ばれる。  「国家公務員は社会的地位が高くて良い職業だが、競争はとてつもなく激しい」。かつて商務省の試験に挑戦した北京市の出版社勤務の男性(30)は話す。言語や速算、資料分析などの能力試験に加え、一般常識では中国医学や昆虫の知識まで問われたという。  中国では...
»続きを読む
カテゴリー:

青森県立保健大 志願者確定値4.5倍 - 02月07日(水)14:05 

青森県立保健大学は6日、2024年度一般入学者選抜の志願状況(確定値)を発表した。1学部4学科の前期・後期合わせた募集人員126人に対し、志願者は計566人。志願者数から求めた平均倍率は4.5倍となった。2日午前10時時点の速報値から志願者数が14人増、平均倍率は0.1ポイント上がった。倍率は前期が2.5倍、後期が15倍。前期で最も倍率が高いのは理学療法学科の3.8倍、後期も理学療法で22.7倍だった。
カテゴリー:

弘大志願者確定値4.2倍、青公大3.7倍 - 02月06日(火)11:00 

▼弘大2次4.2倍弘前大学は5日、2024年度入学者一般選抜2次試験の志願状況の確定値を発表した。前後期合わせた平均倍率は4.2倍(前年同期比0.3ポイント増)で、2日発表の速報値と同じだった。速報値の志願者数から、医学科(青森県定着枠)と保健学科看護学専攻が各1人増えた。前期日程の倍率は3.0倍、後期は9.3倍でともに変わらない。▼青公大3.7倍青森公立大学は5日、2024年度入学者一般選抜試験の志願状況(確定値)を発表した。1学部3学科の前期・後期合わせた募集人員140人に対し、志願者数は…
カテゴリー:

国公立大学2次試験の前期日程が始まる 北海道大学は約5000人が試験に挑む - 02月25日(日)11:53 

 国公立大学の2次試験の前期日程が、25日から一斉に始まり、札幌の北海道大学ではおよそ5000人の受験生が試験に挑んでいます。  札幌市北区の北海道大学では、午前9時からの試験を前に、家族に見送られながら多くの受験生が会場前に列を作りました。  今年の北大の前期日程は1979人の募集人数に対し、志願者は5196人で平均倍率は2.6倍となっています。  あすも一部の学部、で面接試験が行われ、合格発表は来月6日にオンラインで行われます。2024年02月25日(日) 11時47分 更新
カテゴリー:

就職難の中国で公務員人気過熱 「現代の科挙」に303万人出願 - 02月13日(火)19:58 

 若者の就職難が深刻な中国で公務員人気が過熱している。2024年採用の国家公務員試験は、約3万9600人の採用枠に過去最多の303万人が出願し、この3年でほぼ倍増。平均倍率77倍の狭き門で、清朝時代まで続いた高級官僚登用試験制度になぞらえ「現代の科挙」と呼ばれる。
カテゴリー:

【大阪】高校授業料無償化、「同じ無料なら私立に通わせな損やわ」、公立希望者がガタ落ち - 02月09日(金)21:14  poverty

大阪府公立中学校長会は9日、府内公立高校入試の第3回進路希望調査結果(1日現在)を発表した。 対象は一般選抜に出願予定の公立中学3年生。 全日制高校131校のうち進学実績の高い文理学科に人気が集まる一方、69校で定員割れの可能性があるという。 全日制全体の募集人員3万4907人に3万6514人が進学を希望。 普通科(単位制を除く)は2万83人に対し、2万985人で平均倍率は1・04倍。 文理学科は3480人の募集に希望者は5109人となり、同1・47倍だった。 特別選抜なども含む全進学希望者のうち、公立志願の割合は59.03%。 現...
»続きを読む
カテゴリー:

佐賀県立高特別選抜に1040人受検 平均1・24倍 13日に合格発表 - 02月06日(火)22:30 

佐賀県立高校の全日制29校で6日、特別選抜(入試)が実施され、募集人員837人に対して1040人が受検した。平均倍率は1・24倍で、前年度を0・07ポイント上回った。合格者は13日に発表される。 学力検査(国語、数学、英語)と実技検査、面接が実施された。スポーツ推進指定と文化・芸術推進指定で計49人を募集した佐賀市の佐賀東高では60人が挑み、緊張した面持ちで問題用紙を受け取った。 全校で欠席者は4人。志願倍率は唐津南が2・50倍と最も高く、唐津商2・45倍、佐賀農業2・02倍と続いた。
カテゴリー:

こんなの見てる