「帝国データバンク」とは?

関連ニュース

夏に倒産急増か、少ない地銀の与信費用 「嵐」再来に構える当局 - 05月30日(土)06:35  newsplus

[東京 29日 ロイター] - 政府が過去最大の補正予算案を決定し、日銀も資金繰り支援の態勢を整えるなか、企業の倒産が夏場に急増する可能性が指摘されている。地域の企業に融資する地方銀行の与信費用の計画が予想外に少ないとの声も浮上。コロナ第2波や倒産の急増などの「嵐」が再来するリスクに、金融当局は警戒感を強めている。 <政府は大盤振る舞い、それでも「足りない」> 政府は27日、20年度第2次補正予算案を閣議決定。追加歳出は31兆9114億円と過去最大となり、企業の資金繰り支援に11兆6390億円...
»続きを読む
カテゴリー:

設備投資計画51%に下落 佐賀69%で九州首位 - 05月29日(金)12:14 

帝国データバンク福岡支店は28日、九州・沖縄企業への調査で、2020年度に設備投資の計画があるとの回答が51・5%になったと発表した。19年度分を調べた前回調査から10・9ポイント下落した。担当者は「新型コロナウイルスの感染拡大による先行き不透明感から投資意欲が低下している」と指摘している。 20年度の設備投資計画がある企業の割合を県別でみると、佐賀が69・2%で首位、次いで長崎が59・0%となった。
カテゴリー:

「クレージークレープス」破産申請 コロナ休業打撃 - 05月28日(木)13:13 

 クレープ店運営を手掛けるクラフトフーズ(東京都)が18日、東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。帝国データバンクが27日、発表した。  1999年の設立以来、「クレージークレープス」などを展開。海外にも積極的に出店し、ピークの05年12月期には年売上高約26億5700万円を計上した。  だがタピオカブームなどに...
カテゴリー:

【経済】竹中平蔵氏「コロナで月5万円ベーシックインカムを」 - 05月27日(水)19:16  bizplus

--世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。 ◆竹中平蔵さん パンデミック(世界的大流行)が終わった後は、必ず別の世界が来る。2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)の後はネット通販が一気に伸び、数年後に中国のアリババが、世界最大のEコマース(電子商取引)企業の米イーベイを追い抜いた。1918年に発生したスペイン風邪では欧州で被害が大きく、米国のGDP(国内総生産)が欧州全体を追い越し、その後米国経済が世界の中心になった。  危機は社会が持つ強さと弱さが一気に露呈する。日本は新型コロナによる死...
»続きを読む
カテゴリー:

【青森】青森国際ホテル破産 負債16億円、コロナが拍車 - 05月27日(水)11:36  newsplus

5/27(水) 11:28配信 河北新報 自己破産を申請した青森国際ホテル=青森市新町1丁目  青森市で青森国際ホテルを運営する国際ホテル(同市)が青森地裁に自己破産を申請し、受理されたことが26日、分かった。帝国データバンク青森支店によると、負債額は約16億円。新型コロナウイルス感染拡大に伴う休業が、資金繰り悪化に拍車を掛けた。  1948年7月開業の老舗だった。青森支店などによると、申請は25日付。従業員78人全員を解雇した。80年完成の建物は客室67室で、宴会やレストラン部門中心の営業形態だっ...
»続きを読む
カテゴリー:

九州沖縄企業「業績に悪影響」86% 佐賀は87.2% - 05月29日(金)12:17 

帝国データバンク福岡支店の九州・沖縄企業に対する4月の調査で、新型コロナウイルスの感染拡大による業績へのマイナス影響が「既にある」または「今後ある」と答えた企業が計86・2%に達した。3月の前回調査から8・1ポイント上昇した。 福岡支店の担当者は「政府の支援策はスピード感が乏しく、運転資金不足で倒産や廃業に追い込まれる事業者が続出しかねない。迅速な対応が求められる」と話す。 マイナスの影響があるとした企業の割合を県別でみると、長崎の91・0%が最高で、次いで宮崎の90・2%だった。
カテゴリー:

新型コロナで増える企業倒産、年間1万件超え予想.. - 05月29日(金)10:59 

新型コロナで増える企業倒産、年間1万件超え予想-帝国データバンク
カテゴリー:

誰でもわかりやすいコンテンツを!  歴史資料を活用したコンテンツ制作、 業務効率化のためのマニュアル制作サービスを6月1日から提供開始 - 05月28日(木)11:30 

データマネジメント支援サービスとデータ保全サービス「Amberlt(アンバルト)」を展開する株式会社ボウラインマネジメント(本社:東京都中央区、代表取締役:野村貴彦、以下、「当社」)は、歴史プロデュース、歴史コンサルティングを手掛ける株式会社榎本事務所(本社:東京都練馬区、代表取締役社長:本田彩音)と提携し、組織が抱えている「お宝」資料を活用した歴史コンテンツ制作サービスと、業務効率化のためのわかりやすいマニュアル制作サービスの提供を、2020年6月1日から開始いたします。【サービス開始の背景】データが激増する中、データの価値はますます高まっており、国家や企業にとっては、価値あるデータをどれだけ抱えているかが、それぞれの組織の価値を決める時代になってきています。そのため、当社では2019年9月にデータ保全サービス「Amberlt」をリリースし、様々な業界における「利用頻度は低いものの組織にとって重要なデータ」を、安価で確実に管理する取り組みを進めています。しかしながら、当社が啓発を続ける中で、企業などの組織が膨大な情報を抱えているにも関わらず、そもそも何が有用な情報なのかわからない、そのため何をどう残していいかわからないといった声を数多く耳にしています。その結果、本来有用であるはずの情報自体の死蔵化や廃棄、それに伴う機会損失や業務上の非効率を生み出しているケースが極めて多いのではな...more
カテゴリー:

企業の人手不足感が急激に低下、従業員が最も過剰な業種は? - 05月27日(水)11:56 

帝国データバンクは5月25日、「人手不足に対する企業の動向調査(2020年4月)」の結果を公開した。これによると、正社員が不足している企業は 31.0%で、前年同月比19.3ポイント減少となり、人手不足の割合は大幅に減少しているという。
カテゴリー:

青森国際ホテル破産 コロナ拍車 - 05月27日(水)11:28 

青森市で青森国際ホテルを運営する国際ホテル(同市)が青森地裁に自己破産を申請し、受理されたことが26日、分かった。帝国データバンク青森支店によると、負債額は約1...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「帝国データバンク」の画像

もっと見る

「帝国データバンク」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる