「川崎フロンターレ」とは?

関連ニュース

FW→DFで開花した才能 小学生の高井幸大が海外遠征で見せた気迫 - 04月22日(月)17:30 

 スピードのある長身FW――。そんな触れ込みで、高井幸大(こうた)(19)は小学5年の時、サッカーJ1川崎フロンターレの育成組織に入団した。 小4まで所属した神奈川県内のクラブチーム、リバーFCではス…
カテゴリー:

J3→J2→29歳で掴んだJ1舞台、東京V千田海人「出て終わる選手になりたくない」 - 04月20日(土)22:19 

 20日に行われた明治安田J1リーグ第9節で川崎フロンターレと東京ヴェルディが対戦。スコアレスドローに終わった。  昇格組の東京Vは開幕から8試合を終えて毎試合得点するものの、失点も喫する試合が続いて
カテゴリー:

【東京V】J3から8年目の苦労人DF千田海人、J1初出場で無失点貢献「この時を待っていた」 - 04月20日(土)20:50 

東京ヴェルディがアウェーで川崎フロンターレから価値ある勝ち点1を手にした。 守備の主力選手に負傷者が出ている中、J1初出場となったDF千田海人(29)を中央に入れた急造DFラインが奮闘。0-0で引き分け今季9試合目で初の無失点試合となっ…
カテゴリー:

【ルヴァン杯】C大阪香川真司が先発で1カ月ぶり復帰 清武弘嗣は今季公式戦初のベンチ入り - 04月17日(水)17:27 

J1首位のセレッソ大阪は、今大会初戦となるJ3岩手(いわてグルージャ盛岡)戦で、直近13日の川崎フロンターレとのリーグ戦から先発はDF鳥海晃司(28)以外の10人を入れ替えた。 その中で、MF香川真司(35)は3月16日サガン栖戦以来、…
カテゴリー:

【サッカー】U-23日本、初戦10人で中国に1-0!松木玖生先制も西尾隆矢1発レッド パリ五輪最終予選 - 04月17日(水)00:03  mnewsplus

<U-23アジア杯カタール大会:日本1-0中国>◇16日◇1次リーグB組◇第1戦◇ドーハ  【ドーハ16日=佐藤成】今夏のパリ五輪(オリンピック)出場を目指すU-23(23歳以下)日本代表が、難敵の中国を1-0で退け、初戦を10人で白星発進した。3・5枚のパリ切符を争うU-23アジア杯の初戦。開始8分、MF松木玖生(20=東京)の得点で先制した直後の同17分にDF西尾隆矢(22=セレッソ大阪)が退場。1人少ない中、全員が体を張った守備で虎の子1点を守り切った。先発に185センチ超の長身選手を7人並べてきた相手との一戦をものにし、8大会連続の...
»続きを読む
カテゴリー:

football life:川崎フロンターレにまさかの沼 12年ぶりの4戦不発はなぜ? - 04月21日(日)08:00 

 何ともゴールが遠い。3季前までサッカー・J1で無類の強さを誇った川崎フロンターレが、どっぷりと沼につかっている。4月に入って2分け2敗。無得点は4試合連続で、2012年以来12年ぶりの泥沼である。
カテゴリー:

【川崎F】鬼木監督50歳誕生日を白星で飾れず「練習からやり続けるしかない」4試合連続無得点 - 04月20日(土)21:52 

川崎フロンターレは、鬼木監督の50歳の誕生日を白星で飾ることはできなかった。 FWエリソン、左MFマルシーニョらが東京Vゴールに迫ったが、粘り強い守りを最後まで崩せなかった。これで4試合連続の無得点とあえぐ。指揮官は「最後の質のところに…
カテゴリー:

【川崎F】東京Vとスコアレスドローで鬼木監督50歳を白星で飾れず 3試合連続の無得点 - 04月20日(土)18:23 

川崎フロンターレはホームで東京ヴェルディと0-0で引き分けた。鬼木達監督はこの日が50歳の誕生日だったが、白星で飾ることはできなかった。 2連敗中と苦戦が続く川崎Fは後半2分、自陣からMFマルシーニョがドリブルで一気に持ち込み、GKと1…
カテゴリー:

【U23日本代表】最年少CB高井幸大「やることは変わらない」10人零封は今季経験済み - 04月17日(水)06:59 

【ドーハ16日=佐藤成】今夏のパリ五輪(オリンピック)出場を目指すU-23(23歳以下)日本代表が、難敵の中国を1-0で退け、初戦を10人で白星発進した。 チーム最年少のCB高井幸大(19=川崎フロンターレ)が、DFラインに安定感をもた…
カテゴリー:

5月3日~5日に開催「JA全農杯全国小学生選抜サッカー決勝大会」に出場する各地区代表チームが決定! - 04月16日(火)14:31 

令和6年4月16日 全国農業協同組合連合会(JA 全農 )  JA全農は、5月3日(金・祝)~5日(日・祝)に横浜市の「日産スタジアム」他で開催される「JA全農チビリンピック2024」(主催:日刊スポーツ新聞社)に特別協賛します。  このイベントは、スポーツを通じて子どもたちの健やかな心身の成長と親子のふれあいを応援することを目的に、毎年5月5日に開催し今回で第46回目を迎えます。  その中の「JA全農杯全国小学生選抜サッカー決勝大会」に出場するチームが出そろいました。これらのチームは3月2日~3日の東北大会・関西大会を皮切りに、全国9ブロックで開催された地区大会にて選出されたチームです。各地区の出場チーム数は北海道1、東北2、関東3、北信越1、東海2、関西2、中国2、四国1、九州2で合計16チームとなります。 地区(出場チーム数) 全国決勝大会出場チーム 北海道(1) 北海道コンサドーレ札幌U-12 RED(札幌) 東北(2) ベガルタ仙台ジュニア(宮城)、バンディッツいわきジュニア(福島) 関東(3) 川崎フロンターレU-12(神奈川)、 鹿島アントラーズつくばジュニア(茨城)、レジスタFC(埼玉) 北信越(1) ツエーゲン金沢U-12(石川) 東海(...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる