「岸田文雄政権」とは?

関連ニュース

エネルギー基本計画改定へ議論開始 原発の位置づけ焦点 - 05月15日(水)20:23 

 経済産業省は15日、国のエネルギー政策の中長期の方向性を示す「エネルギー基本計画(エネ基)」の改定に向けた議論を始めた。2024年度内に改定し、40年度の電源構成などを示す。脱炭素化の動きが加速する中、岸田文雄政権が活用する方針の原子力発電の位置付けや、石炭火力発電の扱いなどが焦点だ。
カテゴリー:

【円安】トランプ氏の「ドル高は米国にとって大惨事だ」 日本の円安批判論者は奇妙なダンマリ★2 - 05月07日(火)11:40  newsplus

 そのイベントでも話題となったのが、今秋の米大統領選です。現職のジョー・バイデン大統領なのか、ドナルド・トランプ前大統領の返り咲きか? わが国にとっては、安全保障にも経済にも関わる重要事です。 どちらに転んでも大丈夫なように、自民党の麻生太郎副総裁が先週23日、ニューヨークの「トランプタワー」を訪問し、トランプ氏と約1時間にわたって会談しました。岸田文雄政権の安保政策、特に防衛費増額などを説明し、トランプ氏も評価したと報じられています。 さて、トランプ氏は会談直前、ドル円相場が約34年ぶりの...
»続きを読む
カテゴリー:

官製デスマーチがやってくる、全国の自治体やベンダーが証言するシステム移行の実態 - 05月07日(火)07:48 

官製デスマーチがやってくる、全国の自治体やベンダーが証言するシステム移行の実態「もうデスマーチが始まってますよ」。自治体情報システムの開発を手掛ける複数のベンダー幹部は口をそろえる。自治体は2025年度末までに主なシステムを標準仕様に準拠させ、政府が契約したクラウドサービスに原則移行しなければならない。ところが標準仕様の改版が続いている上に、岸田文雄政権の経済政策に伴うシステ...
カテゴリー:

「土日返上」「同僚が倒れた」“岸田減税”開始まで1カ月 疲弊する現場。財務省職員「キシオ…」 - 05月01日(水)19:40  news

「土日返上」「同僚が倒れた」 “岸田減税”開始まで1カ月 疲弊する現場 岸田文雄政権が経済対策の目玉に据えた「定額減税」の開始まであと1カ月となった。減税で物価高を上回る所得増を後押しするのが狙いだが、減税の実務を担う自治体や企業の担当者からは作業の煩雑さなどから「割に合わない」との声も上がる。開始後、減税効果は実感できるのだろうか。 平日は残業、土日も返上  「土日返上で働いて、同僚もバタバタ倒れている。私も体調を崩し気味で、正直疲れ切っている」  東京都内のある区役所で課税業務を担当する30...
»続きを読む
カテゴリー:

「土日返上」「同僚が倒れた」 “岸田減税”開始まで1カ月 疲弊する現場 - 05月01日(水)05:01 

 岸田文雄政権が経済対策の目玉に据えた「定額減税」の開始まであと1カ月となった。減税で物価高を上回る所得増を後押しするのが狙いだが、減税の実務を担う自治体や企業の担当者からは作業の煩雑さなどから「割に合わない」との声も上がる。開始後、減税効果は実感できるのだろうか。
カテゴリー:

軍備は「南西シフト」、負担軽減の実感なく 沖縄復帰52年 - 05月15日(水)05:00 

 沖縄は15日、米国統治から日本に復帰して52年を迎えた。日米両政府は軍事行動を活発化させる中国を念頭に、南西諸島の防衛力を強化する方針で、沖縄での米軍の訓練は激しさを増し、自衛隊の増強も進む。岸田文雄政権は過重な基地負担の軽減を「政府の最重要課題の一つ」と位置付けるが、一連の「南西シフト」によって
カテゴリー:

官製デスマーチがやってくる、全国の自治体やベンダーが証言するシステム移行の実態 - 05月07日(火)10:09  newsplus

官製デスマーチがやってくる、全国の自治体やベンダーが証言するシステム移行の実態 | 日経クロステック https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/02820/042400001/ 大豆生田 崇志 日経クロステック/日経コンピュータ 、馬本 寛子 日経クロステック/日経コンピュータ 2024.05.07 有料会員限定 全3180文字  「もうデスマーチが始まってますよ」。自治体情報システムの開発を手掛ける複数のベンダー幹部は口をそろえる。自治体は2025年度末までに主なシステムを標準仕様に準拠させ、政府が契約したクラウドサービスに原則...
»続きを読む
カテゴリー:

【円安】トランプ氏の「ドル高は米国にとって大惨事だ」 日本の円安批判論者は奇妙なダンマリ - 05月06日(月)10:21  newsplus

 そのイベントでも話題となったのが、今秋の米大統領選です。現職のジョー・バイデン大統領なのか、ドナルド・トランプ前大統領の返り咲きか? わが国にとっては、安全保障にも経済にも関わる重要事です。 どちらに転んでも大丈夫なように、自民党の麻生太郎副総裁が先週23日、ニューヨークの「トランプタワー」を訪問し、トランプ氏と約1時間にわたって会談しました。岸田文雄政権の安保政策、特に防衛費増額などを説明し、トランプ氏も評価したと報じられています。 さて、トランプ氏は会談直前、ドル円相場が約34年ぶり...
»続きを読む
カテゴリー:

「土日返上」「同僚が倒れた」 “岸田減税”開始まで1カ月 疲弊する現場 - 05月01日(水)08:17  newsplus

 岸田文雄政権が経済対策の目玉に据えた「定額減税」の開始まであと1カ月となった。減税で物価高を上回る所得増を後押しするのが狙いだが、減税の実務を担う自治体や企業の担当者からは作業の煩雑さなどから「割に合わない」との声も上がる。開始後、減税効果は実感できるのだろうか。 平日は残業、土日も返上  「土日返上で働いて、同僚もバタバタ倒れている。私も体調を崩し気味で、正直疲れ切っている」  東京都内のある区役所で課税業務を担当する30代男性職員はため息をついた。平日は午後10時過ぎまで約15人の同僚と仕事場...
»続きを読む
カテゴリー:

ゼロからわかる! 定額減税 減税+給付のハイブリッド 意義と課題は? - 05月01日(水)05:00 

 岸田文雄政権の目玉政策、所得税と住民税の定額減税が6月から始まる。会社員や個人事業主など働き方によって減税を受けられる時期や手法が異なり、自治体や企業は準備に追われている。更なる事務負担となっているのが、納税額が少なく、減税し切れない層に差額を現金給付する「調整給付」という新たな仕組みだ。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる