「山崎育三郎」とは?

関連ニュース

「私たちはどうかしている」第一部が終幕!今夜のストーリーは? - 09月16日(水)09:39 

本日9月16日(水)よる10時 日本テレビ系で放送の水曜ドラマ「私たちはどうかしている」第6話。今回は、この第6話のシーンを公開!原作は講談社「BE・LOVE」で連載中、累計発行部数300万部超の「私たちはどうかしている」(安藤なつみ著、既刊13巻) 。浜辺美波演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人、花岡七桜(はなおか・なお)と、横浜流星演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿(たかつき・つばき)が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも、強く惹かれ合う物語だ。15年前、光月庵の跡取りである椿の証言で、当主を殺した罪を着せられてしまった七桜の母・百合子(中村ゆり)。七桜と椿は幼なじみで初恋の相手でありながら、"容疑者の娘"と"被害者の息子"に…。15年の時を経て、運命の2人は再会。七桜は母の無実を証明するため、正体を隠したまま“偽りの結婚”を利用して、光月庵に乗り込む。お互いの和菓子に対する真剣な思いに触れるうち、距離を縮めていく2人だが、第5話で七桜は城島(高杉真宙)の部屋の天井裏に隠された道具箱を発見。その中には椿の父・樹(鈴木伸之)との『父子鑑定報告書』が入っていて、樹が七桜の父親であることを示す数値が! さらに封筒にはもう...more
カテゴリー:

NHK朝ドラ「エール」で梅、五郎、久志の“恋の三角関係”が話題 大吉・近江アナは五郎派も…ネットの反応は? - 09月15日(火)10:11 

NHK連続テレビ小説「エール」(NHK総合など)の第67話が15日、放送され、ネットで、関内梅(森七菜)をめぐる田ノ上五郎(岡部大)と佐藤久志(山崎育三郎)の“…
カテゴリー:

アインシュタイン河井、ビル屋上に住んでいた“超貧乏”エピソード披露も類稀なるトークに視聴者感嘆「悲壮感ないのすごい」 - 09月14日(月)19:04 

アインシュタイン・河井ゆずるが、9月12日に放送された『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週土曜22:10~)に「激レア」さんとして出演。実家にまつわるあるエピソードを披露し、インターネット上でも注目を集めた。河井は「実家が貧乏だったので、雑居ビルの屋上にあったプレハブ小屋に住んでいたけど、たくましすぎるオカンのおかげで乗り越えられた人」として紹介された。実際に住んでいたという写真を見たオードリーの若林正恭、ゲストのメイプル超合金・カズレーザーは苦笑い。「(貧乏エピソードでも)聞いたことないタイプ」と語る。母親のミエコさんは、河井が高校3年生になる前まで一人で喫茶店を切り盛りしていたが、景気も悪くなり閉店。知り合いのツテで、ビルの管理人の仕事に就くことに。住み込みで働くため、ミエコさん、河井、弟、犬の一家が、大阪・心斎橋にある雑居ビルの屋上に住むことになったという。家は本館と別館があった。別館には掃除道具が入っており、本館はビルの空調を調節する制御盤や、ビルから本館につながる階段もあり、誰でも入れるようなスタイルだった。隣接する風呂場は仮設形式のため脱衣所はなし。当時について、河井は「オカンは別館で素っ裸になるんですけど、真冬の場合は、心臓が止まらないように、胸をダダダッって3回だけ叩いて(風呂場まで)ダッシュする」と回顧。さらに、彼らが住んでいるところより高いビルも近く...more
カテゴリー:

予約5年待ちのランプ職人・別所由加のものづくり論に「心が揺さぶられた」と称賛の声『情熱大陸』 - 09月14日(月)17:25 

9月13日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系、毎週日曜23:00~)は、ランプ職人の別所由加に密着。たったひとりでハリケーンランプの製造に携わる別所の姿に、インターネット上では「情熱や苦悩に心が揺さぶられた」などと感銘の声が寄せられた。スポーツ、演劇、音楽、学術などありとあらゆる分野の第一線で活躍する人物にスポットを当て、その人の魅力や素顔に迫るドキュメンタリー。今回は、100年の歴史を持つメイド・イン・ジャパンの逸品、ハリケーンランプの製造工程に密着。年季の入った製造機械と格闘しながら、5年待ちとも言われる大量の注文にひとり応え続ける姿を追った。オイルランプの一種であるハリケーンランプは、大正10年に別所の曽祖父・別所留吉氏が製造をはじめたのがルーツ。最盛期には毎日2000個が生産され、海外にも輸出されていたというが、時代の波に押され、事業は縮小の一途。かつては200人いたという職人も去り、いまは別所ただひとりがランプづくりを受け継いでいる。ハリケーンランプの製造に使う製造機は、祖父の代から受け継いだ年季物。部品プレスに使用する金型は100kgを超えるものも多いうえ、少しでもズレが生じると部品に不具合が出てしまう。多いものではひとつの部品に9回もの金型交換とプレスを要し、一工程の調整に数時間かかることもあるという。「このひとは頑張り屋さんで踏ん張ってくれるけれど、このひとは全然...more
カテゴリー:

「エンタメ界変えていきたい」 IMYの尾上松也 思い熱く  - 09月14日(月)16:16 

 ミュージカルや歌舞伎といった日本のエンターテインメントの最前線で活躍する3人の俳優、山崎育三郎(やまざき・いくさぶろう)(34)、尾上松也(おのえ・まつや)(35)、城田優(しろた・ゆう)(34)が立ち上げたプロジェクト「IMY(あいまい)」が10月10日、2度目となるコンサート「IMY歌謡祭」を東京国際フォーラムホールAで開催する。ドラマ「半沢直樹」などでも活躍する尾上に、プロジェクトが目指すものや意気込みを聞いた。
カテゴリー:

「私たちはどうかしている」女将(観月ありさ)と大旦那(佐野史郎) 積年の恨み爆発! - 09月15日(火)12:31 

9月16日(水)よる10時 日本テレビ系で放送の水曜ドラマ「私たちはどうかしている」第6話。今回は、この第6話のシーンを公開!原作は講談社「BE・LOVE」で連載中、累計発行部数300万部超の「私たちはどうかしている」(安藤なつみ著、既刊13巻) 。浜辺美波演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人、花岡七桜(はなおか・なお)と、横浜流星演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿(たかつき・つばき)が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも、強く惹かれ合う物語だ。15年前、光月庵の跡取りである椿の証言で、当主を殺した罪を着せられてしまった七桜の母・百合子(中村ゆり)。七桜と椿は幼なじみで初恋の相手でありながら、"容疑者の娘"と"被害者の息子"に…。15年の時を経て、運命の2人は再会。七桜は母の無実を証明するため、正体を隠したまま“偽りの結婚”を利用して、光月庵に乗り込む。お互いの和菓子に対する真剣な思いに触れるうち、距離を縮めていく2人だが、第5話で七桜は城島(高杉真宙)の部屋の天井裏に隠された道具箱を発見。その中には椿の父・樹(鈴木伸之)との『父子鑑定報告書』が入っていて、樹が七桜の父親であることを示す数値が! さらに封筒にはもう一枚...more
カテゴリー:

【エール】梅に“恋の三角関係”発生!? 森七菜が語.. - 09月15日(火)08:16 

【エール】梅に“恋の三角関係”発生!? 森七菜が語る第14週の見どころ(写真 全5枚) #窪田正孝 #岡部大 #二階堂ふみ #森七菜 #山崎育三郎 #NHK #朝ドラ #エール #インタビュー @ikusaburo_0118 @asadora_nhk
カテゴリー:

嵐・相葉雅紀、美 少年・佐藤龍我の“相葉愛”受け「舎弟が1人できた」と照れ笑い - 09月14日(月)18:19 

9月13日放送の『相葉マナブ』(テレビ朝日系、毎週日曜18:00~)は、相葉雅紀(嵐)の後輩となる美 少年(ジャニーズJr.)の佐藤龍我と浮所飛貴がゲスト出演。相葉を尊敬してやまないという佐藤が終始、“相葉愛”を炸裂させていた。同番組は、相葉が日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり、体験学習をしながら成長していくロケバラエティ。今回は、新企画「マナブ!ご当地うま辛麺!!」と題して、相葉が澤部佑(ハライチ)、ゲストの佐藤、浮所と共に、全国にある“うまくて辛い麺料理”を学んでいくことに。冒頭から笑顔で「さすが相葉くん!」と太鼓持ちするなど、相葉愛を全面に出す佐藤。澤部に「佐藤くんは相葉さん好きなんでしょう?」と話を振られると、相葉を見つめながら「大好きです!!」と照れながら大声で返答。相葉から「なんで好きになってくれたの?」と問われると、佐藤は「ステージと今のギャップが王子様のようにステキです! こんなかっこいい人いるんだと……」と思いを熱弁。それを受けて、澤部が「農家のおウチにうかがってお子さんにお話を聞くと、相葉さんファンあんまりいない」とこぼすと、相葉が「おいおい」とつっこむのと同時に、佐藤がすかさず「そんなことないっすよ! やめてください!」と大声でフォロー。それを見て相葉は「今日、舎弟が1人できた」と照れ笑いしていた。一方...more
カテゴリー:

みのもんた、“兄貴”渡哲也さんの驚きエピソード明かす「高速道路で…」 - 09月14日(月)17:19 

みのもんたがMCを務める『朝からみのもんた』(読売テレビ、毎週日曜6:30~)が9月13日に放送。今年8月に亡くなった渡哲也さんを「さすがスターだ」と思ったエピソードを明かした。視聴者や芸能人の皆様から寄せられたあらゆる質問に対し、昭和・平成・令和の名番組で司会を務めてきたみのが言いたい放題答えていく同番組。聞き手は、林マオ(読売テレビアナウンサー)。兄貴分の存在だった渡さんが亡くなって「寂しい」と漏らしたみの。「芸能界にこんな人いるんだろうかというくらいに律儀だった」と振り返る。お互いに月のはじめに必ず近況報告をし合っていたそうで、亡くなる3日前にも「『何やってんだ? 飲みすぎんじゃねーぞ。元気でな』って渡さんが言うから、『それ自分に言うことでしょ』なんて言っててね」と電話でも話していた。亡くなったことは新聞社からの電話で知りあまりにも急でビックリしたのだという。続いて、渡さんの生前の驚きエピソードも披露。高速で大渋滞しているところ、車の窓を開けて渡さんが周囲にいた車に手を振ると、「渡哲也だ!」と驚き前をあけてくれ、そこにすーと入るのを見て「さすがスターだな」と思ったのだという。それをみのも真似してみたのだが、期待した反応は返ってこず落胆したと明かした。また、渡さんは忙しい仕事の合間を縫って、認知症になったみのの母親を激励しに神奈川まで来てくれたそう。肩を抱いてあげると「(母が)...more
カテゴリー:

アンガールズ・田中卓志、ゲーム中の的確すぎる指示にネットでは「こういう彼氏欲しい」『有吉ぃぃeeeee!』 - 09月14日(月)14:56 

有吉弘行、タカアンドトシ、アンガールズ・田中卓志が本気でオンラインゲームをプレイする『有吉ぃぃeeeee!〜そうだ!今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京系、毎週日曜22:00~)。9月13日の放送はお笑いコンビ・すゑひろがりず(南條庄助・三島達矢)とファーストサマーウイカをゲストに迎え、全世界で500万人以上がプレイするという大人気オンラインパーティーゲーム「フォールガイズ」に挑戦した。「フォールガイズ」は、オンラインで総勢60人と対戦を繰り広げるバトルロイヤルゲーム。サッカーやダンジョンなど全部で25あるサバイバルステージを生き抜き、最後のステージで1番になれば完全勝利となる。対戦相手を体当たりで邪魔しながら細長い道の上を進んだり、回転するドラム上のステージを渡ったりするなど、シンプルながら激しいデッドヒートを繰り広げるエキサイティングな世界観が特徴。ゲストのウイカも「これが芸能界だ! 落ちるか落とされるか!」と声を張り上げて大興奮する。スタジオメンバー全員がプレイに熱中するなか、ひときわ光っていたのが田中が盛んに放っていた掛け声の数々。「いいよポジション」「まだ全然大丈夫。上位集団いるよ」と熱い声援を送りつつ、ときには「カメラ(視点)をもう少し落とさないと」「(床が回転するステージでは)1回周って左から(行くといい)」と的確なアドバイスを繰り出す。優しく的確な言葉でプレ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「山崎育三郎」の画像

もっと見る

「山崎育三郎」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる