「山下敦弘」とは?

関連ニュース

大橋裕之が山下敦弘&今泉力哉と“女の子の描き方”をトーク、サイン会も実施 - 02月15日(土)19:15 

大橋裕之「音楽 完全版」の刊行を記念したトークイベントが、3月30日に東京・HMV&BOOKS SHIBUYAで開催される。当日は大橋に加え、ゲストとして映画監督の山下敦弘と今泉力哉が登壇する。
カテゴリー:

スターダスト☆レビュー、新MVは『コタキ兄弟と四苦八苦』監督・山下敦弘がディレクション - 02月07日(金)18:00 

スターダスト☆レビューが1月17日(金)にリリースした自身初の配信シングル「ちょうどいい幸せ」のミュージックビデオが公開された。◆スターダスト☆レビュー MV、ジャケット写真「ちょうどいい幸せ」は現在放送中のテレビ...
カテゴリー:

会話劇のみで連ドラ成立させるか? テレ東“スキ.. - 02月01日(土)08:11 

会話劇のみで連ドラ成立させるか? テレ東“スキマねらい”制作から見る良質ドラマの本質(写真 全7枚) #テレ東 #ドラマ #コタキ兄弟と四苦八苦 #野木亜紀子 #山下敦弘 #古舘寛治 #滝藤賢一
カテゴリー:

『コタキ兄弟と四苦八苦』最強の布陣だからこそ出せる不思議な味わい - 02月14日(金)23:37 

スター俳優を起用し、手間やお金を贅沢に使った作品よりも、「力のある脚本家・演出家・役者」の作品を求める人が増えている昨今のドラマ界。本来のドラマ作りとしては、隅っこのような存在にもかかわらず、いわゆるドラマファンにとってはおそらく今クールナンバー1の「ど真ん中」をいくのが、テレビ東京で毎週金曜深夜0:12から放送されている『コタキ兄弟と四苦八苦』だろう。脚本を手掛けるのは、『アンナチュラル』『逃げるは恥だが役に立つ』(共にTBS)『獣になれない私たち』(日本テレビ)などを手掛けた人気脚本家・野木亜紀子。メガホンをとるのは、映画『リンダリンダリンダ』『天然コケッコー』『味園ユニバース』などの山下敦弘監督。主演は名バイプレイヤーの古舘寛治と滝藤賢一で、二人に"レンタルおやじ"をやることを勧める「先輩レンタルおやじ」には宮藤官九郎、各話ゲストには市川実日子、岸井ゆきのら・・・。しかも放送されるのはテレビ東京の深夜枠。言ってみれば、良い素材ばかりを名シェフが料理する小さな名店の料理であり、「これで美味しくならないわけがない」と感じる人は多いはずだ。そんな本作で描いているのは、真面目過ぎる「休職中」の兄とちゃらんぽらんで「エターナル無職」の弟が久しぶりに一緒に暮らし、ひょんなことから「レンタルおやじ」を始めるという物語。実はこの企画、主演の二人が3年前に「自分たちが主演のドラマを作ろう」と話...more
カテゴリー:

芳根京子演じる喫茶店の看板娘に窃盗の疑惑!?『コタキ兄弟と四苦八苦』第5話 - 02月05日(水)14:46 

2月7日に放送される古舘寛治と滝藤賢一がダブル主演を務めるドラマ24『コタキ兄弟と四苦八苦』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第5話で、芳根京子演じる喫茶シャバダバの看板娘さっちゃんに窃盗の疑惑が!?同ドラマの企画は、古舘と滝藤が「自分たちがW主演のドラマを立ち上げよう!」と意気投合したところから始まり、3年近い月日を経てようやく日の目を見たプロジェクト。物語は、真面目すぎてうまく生きられない兄(古舘)と、そんな兄をみて育ったせいか、ちゃらんぽらんにしか生きられなくなった弟(滝藤)という無職の兄弟が、ひょんなことから「レンタルおやじ」を始めるところからスタート。依頼内容は、定年退職した夫の様子がおかしい、友達が孤独死しているのではないか、3か月後に世界が終わる……などひとクセある案件ばかり。生きるのが下手な兄弟が、「レンタルおやじ」を通して孤独な依頼人たちと関わり、様々な無茶ぶりに“四苦八苦”しながらも、どうにか生きていく人間賛歌コメディだ。タイトルにもある“四苦八苦”は、元は仏教用語で、人間である限り避けられない8つの苦しみをお釈迦様が教えた言葉。これらに4つの苦しみを新たに加えた、“12苦”がドラマの裏テーマとなっている。<第5話あらすじ>「レンタルおやじ」をやっている兄弟、一路(古舘)と二路(滝藤)。ある日、喫茶シャバダバで依頼人を待っていたが、一向に現れない。そんな中...more
カテゴリー:

樋口可南子、無職の兄弟を奴隷のように扱い…!?『コタキ兄弟と四苦八苦』第4話 - 01月30日(木)17:51 

樋口可南子が、1月30日に放送される古舘寛治と滝藤賢一がダブル主演を務めるドラマ24『コタキ兄弟と四苦八苦』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第4話にゲスト出演する。同ドラマの企画は、古舘と滝藤が「自分たちがW主演のドラマを立ち上げよう!」と意気投合したところから始まり、3年近い月日を経てようやく日の目を見たプロジェクト。物語は、真面目すぎてうまく生きられない兄(古舘)と、そんな兄をみて育ったせいか、ちゃらんぽらんにしか生きられなくなった弟(滝藤)という無職の兄弟が、ひょんなことから「レンタルおやじ」を始めるところからスタート。依頼内容は、定年退職した夫の様子がおかしい、友達が孤独死しているのではないか、3か月後に世界が終わる……などひとクセある案件ばかり。生きるのが下手な兄弟が、「レンタルおやじ」を通して孤独な依頼人たちと関わり、様々な無茶ぶりに“四苦八苦”しながらも、どうにか生きていく人間賛歌コメディだ。タイトルにもある“四苦八苦”は、元は仏教用語で、人間である限り避けられない8つの苦しみをお釈迦様が教えた言葉。これらに4つの苦しみを新たに加えた、“12苦”がドラマの裏テーマとなっている。<第4話あらすじ>無職の兄弟、一路(古舘)と二路(滝藤)に、「レンタルおやじ」代表を務めるムラタ(宮藤官九郎)から新たなお仕事が。今回の依頼は少し長期になるからと、依頼人・島須弥子(樋口...more
カテゴリー:

「山下敦弘」の画像

もっと見る

「山下敦弘」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる