「屋外広告」とは?

関連ニュース

嵐、YouTubeアーティストプロモに登場! 原宿、六本木、赤坂見附、汐留に屋外広告掲載 - 10月18日(金)12:22 

 YouTubeは、10月18日より嵐が出演するキャンペーン「YouTube アーティストプロモ」を開始することを発表した。  ジャニーズ事務所は、先日YouTubeに嵐の公式アーティストチャンネルを開設。本日YouTu
カテゴリー:

エムシードゥコーが名古屋市とストリートファニチャ デジタル広告の20年契約を締結(日本) - 10月04日(金)13:00 

2019年10月3日- JCDecaux SA(Euronext Paris:DEC)世界No.1の屋外広告カンパニーは、本日、日本の子会社であるエムシードゥコー株式会社(以下 エムシードゥコー、JCDecaux:85% 三菱商事:15%)が名古屋市(東京・横浜・大阪に次ぐ国内4位の大都市圏、人口:230万人)の中心部に、スマート・デジタル・シティ・インフォメーション・パネル(CIP)を設置する、独占設置事業者となる契約を締結したことを発表しました。 この20年契約...
カテゴリー:

スウェーデンのマクドナルドがロゴに「穴」を開けてでも迎え入れたいお客さまは、野生のミツバチ!? - 09月30日(月)06:00 

写真はスウェーデンの「マクドナルド」の広告看板。注目はお馴染みのゴールデンアーチなのだが、ピンチアウトしてよく見てほしい。大小さまざま“穴”が開いているのがわかるはずだ。虫食いのようなこの穴。じつは野生のミツバチたちが出入りするためのもの。自然保護活動に力を入れるスウェーデン。現在、野生のミツバチのおよそ3割が死滅の危機に瀕しているそうだ。そこで、マクドナルドが大手広告会社と協力し、屋外広告看板の裏側にミツバチの巣箱を設置するプロジェクトを開始したというわけ。南向きに巣があることがミツバチにとって理想の居住環境であることから、北向きに設置された広告塔の背面に巣箱を配備し、自然界からのお客を迎えている。ストックホルム郊外に複数存在するこの“ミツバチマック”を「McDonald´s Sweden」は2020年春までに国内全土に広げていくと発表。ボードのメッセージも店舗ごとにカスタマイズ予定なのだそう。冒頭で紹介した写真の「Alltid öppet」は、意訳すると「いつでもオープンしています」......エスプリが利いていておもしろいじゃありませんか。Top image: © 2019 McDonald´s Sweden
カテゴリー:

「モンスト」,リリース6周年を記念して屋外広告を渋谷に掲出 - 10月08日(火)15:29 

「モンスト」,リリース6周年を記念して屋外広告を渋谷に掲出配信元ミクシィ配信日2019/10/08<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>モンスト6周年を記念し渋谷をジャック!ギャルに連行される黒川所長(クロちゃん)がサプライズ登場!「渋谷センター街フラッグシェアキャンペーン」も本日10月8日(火)15時より開始 株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長執行役員:木村 弘毅)の…
カテゴリー:

「劇的な増加」: Twitter はなぜ、屋外広告を50%も増やしたのか? - 09月30日(月)08:50 

実験的広告、そして屋外広告を通じたマーケティング戦略へのフォーカスをTwitterは高めつつある。オンラインではなく、現実の世界での存在感を増やすことで、平均的な消費者にとって、身近なブランドになろうとしているのだ。その一例が、地下鉄の広告、ポップアップ・アクティベーションといった手法である。 The post 「劇的な増加」: Twitter はなぜ、屋外広告を50%も増やしたのか? appeared first on DIGIDAY[日本版].
カテゴリー:

「屋外広告」の画像

もっと見る

「屋外広告」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる