「尖閣諸島」とは?

関連ニュース

【海保】海保導入のシーガーディアン 正体は…… - 12月02日(金)18:20  newsplus

12/2(金) 18:15配信 テレビ朝日系(ANN) 今年10月から、海上保安庁初の無人航空機「シーガーディアン」の運用が始まった。撮影した映像はリアルタイムで送れ、AI(人工知能)分析もできる。海洋監視強化にもつながるとされる航空機導入の裏側に迫った。  「初フライトは感慨深いものがあった」「シーガーディアン」の初飛行を現地で見守った海保のある幹部から私にメッセージが届いた。  しかし昨年10月19日、青森県八戸市での初フライトは決して順調とは言えなかった。  システムの再起動が必要になるなど予定時間に離陸が...
»続きを読む
カテゴリー:

新地上発射ミサイル、3段階配備検討 南西諸島→富士山→北海道 - 11月26日(土)12:47  newsplus

スクープ 川口峻 飼手勇介 毎日新聞 2022/11/25 05:00(最終更新 11/25 05:00)  政府は島しょ防衛のために開発中の地上発射型ミサイルに関し、長射程化に応じて第1段階は南西諸島に、第2段階は富士山周辺に、第3段階は北海道に配備する検討に入った。 北海道への配備は、射程3000キロ程度の国産ミサイル完成後の2030年代半ばまでの実現を目指す。 相手国のミサイル発射拠点などをたたく反撃能力(敵基地攻撃能力)の保有を政府が決定した場合、各地に配備されたミサイルはその手段となる見通しだ。  複数の政府関係者が明らか...
»続きを読む
カテゴリー:

中国海警局の領海侵入、76ミリ砲搭載か? 松野官房長官の説明は - 11月25日(金)18:54 

 松野博一官房長官は25日の記者会見で、沖縄・尖閣諸島周辺での中国海警局所属の公船による領海侵入について、「国際法違反であり、外交ルートで厳重に抗議し、速やかに領海から退去するよう強く求めた」と明らか…
カテゴリー:

尖閣諸島・南小島周辺に侵入の中国船2隻も退去 #.. - 11月25日(金)15:51 

尖閣諸島・南小島周辺に侵入の中国船2隻も退去 #日テレNEWS
カテゴリー:

尖閣沖 中国海警局の船4隻が一時領海侵入 1隻は76ミリ砲搭載か - 11月25日(金)15:28  newsplus

2022年11月25日 15時15分 尖閣 25日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、従来より大型の76ミリ砲を搭載しているとみられる中国海警局の船が日本の領海に侵入したのが初めて確認されました。その後、領海から出ましたが、すぐ外側にある接続水域を航行していて、海上保安本部が警戒を続けています。 第11管区海上保安本部によりますと、25日午前2時40分すぎと午前10時すぎに中国海警局の船、合わせて4隻が尖閣諸島沖の日本の領海に相次いで侵入したのが確認されました。 関係者によりますと、このうち午前10時すぎに領海侵入した1隻に...
»続きを読む
カテゴリー:

【兵器】自衛隊、防衛用弾道ミサイル配備へ 射程3000km - 11月26日(土)21:20  news

新地上発射ミサイル、3段階配備検討 南西諸島→富士山→北海道 https://mainichi.jp/articles/20221124/k00/00m/010/403000c 政府は島しょ防衛のために開発中の地上発射型ミサイルに関し、長射程化に応じて第1段階は南西諸島に、第2段階は富士山周辺に、第3段階は北海道に配備する検討に入った。北海道への配備は、射程3000キロ程度の国産ミサイル完成後の2030年代半ばまでの実現を目指す。相手国のミサイル発射拠点などをたたく反撃能力(敵基地攻撃能力)の保有を政府が決定した場合、各地に配備されたミサイルはその手段となる見通...
»続きを読む
カテゴリー:

海保巡視艇の半数、年度末で耐用年数超え マジかよどうすんのこれ? - 11月25日(金)23:34  news

令和5年度以降の防衛力の抜本的強化に合わせて予算の増額が検討されている海上保安庁で、沿岸警備や海難救助に当たる巡視艇の約半数が今年度末に耐用年数を超える見込みであることが25日、分かった。尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺など外洋で活動する巡視船も老朽化が顕著で、2割近くが耐用年数を超える見込み。限られた予算の中、船艇の退役延長で窮状をしのいでいるのが現状だ。 比較的大型の巡視船や、小型の巡視艇の耐用年数は20~25年。領海や漁業権益が認められる海域が拡大した昭和50年代に集中的に新造され、平成1...
»続きを読む
カテゴリー:

中国船、76ミリ砲を搭載か 尖閣諸島周辺の領海に初めて侵入 - 11月25日(金)16:11 

 25日未明から、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に中国海警局の船4隻が相次いで侵入した。第11管区海上保安本部(那覇市)によると、うち1隻は、これまで確認された機関砲で最大の76ミリ砲を搭載しているとみられ、初めての領海侵入。
カテゴリー:

【緊急】76ミリ砲を装備した中国武装船が尖閣沖の日本領海に侵入 - 11月25日(金)15:46  news

中国海警局の76ミリ砲を搭載した船が、日本の領海に初めて侵入したことがわかりました。 海上保安庁によりますと、きょう午前10時ごろ、中国海警局の船2隻が沖縄県尖閣諸島、大正島周辺の日本の領海に侵入しました。 このうちの1隻には、主に軍用の艦船に搭載される76ミリ砲が搭載されていて、76ミリ砲を積んだ中国海警局の船の領海侵入が確認されたのは初めてだということです。 https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/213381 ...
»続きを読む
カテゴリー:

百田尚樹氏「中国文化は日本人に合わぬ。漢文の授業廃止を」 - 11月25日(金)15:17  poverty

https://www.news-postseven.com/archives/20170406_506550.html?DETAIL  日本はなぜ、中国の脅威を感じながらも適切な対抗策を取れないのか。作家の百田尚樹氏は、その背景には日本人の勘違いに基づいた「中国への憧れ」があると語る。  * * *  中国の尖閣諸島への“侵略”は日に日にエスカレートしています。ただし、意外かもしれませんが、尖閣周辺の東シナ海や南シナ海で暴れ回る中国に対峙しようという時に、もっとも弊害になっているのが日本人の「中国への漠然とした憧れ」です ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる