「少年時代」とは?

関連ニュース

行定勲監督×柄本佑×高良健吾がスペシャル対談『A day in the home Series』特別編が配信 - 06月05日(金)12:21 

行定勲監督が“エンターテイメントの力で社会に勇気と希望を示したい”という思いで制作した作品『A day in the home Series』の第1弾「きょうのできごと a day in the home」&第2弾「いまだったら言える気がする」と、その“特別編”が共に、6月6日(土)からHuluで配信。さらに、第3弾作品「映画館に行く日」の製作も決定した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、自身も新作映画『劇場』と『窮鼠はチーズの夢を見る』の公開延期を余儀なくされた行定監督が、日本屈指の映像制作プロダクション「ROBOT」と手を組み、エンターテインメントの力で社会に勇気と希望を示すべく一念発起。世の人々に感染拡大を防ぐため「お家にいようよ」と呼びかけるべく、ボランティア出演に名乗りを上げたキャスト陣と共に、完全リモートでショートムービーを製作して、YouTubeで公開するというプロジェクトを展開し、大反響を呼んだ。Huluでは、そのショートムービーを6月6日から配信、さらに、特別インタビューを収録した「Hulu特別編」も公開される。これまで公開されたショートムービーは2作品。4月24日から公開された第1弾「きょうのできごと a day in the home」には柄本佑、高良健吾、永山絢斗、アフロ(MOROHA)、浅香航大、有村架純が出演し、Zoomでオンライン同窓...more
カテゴリー:

山下智久『THE HEAD』世界各国キャストとプレミアムトーク!ED曲の担当&海外配信も決定 - 06月04日(木)11:43 

山下智久が出演する大型国際連続ドラマ『THE HEAD』(全6話)の、6月12日(金)の世界公開(※日本国内では同日22時から「Huluオリジナル」の連続ドラマとして配信)に先駆け、特番の放送が決定した。無限の暗闇と氷河に囲まれ、もっとも長い夜を迎えた、地球上でもっとも隔離された場所・南極――。そこにひっそりと佇む陸の孤島・科学研究基地で、見るも無残な遺体となって発見された7人の研究員、そして行方不明者および生存者の身には一体、何が起こったのか……!? 完全なる暗夜が続く6か月の間に起こった謎多き事件と、その奥底に潜む血も凍る、この世でもっとも冷たい真実をめぐり、極限状態に置かれた人間たちが繰り広げる震撼の極限心理サバイバル・スリラー。エミー賞を受賞した世界的ヒットドラマ『HOMELAND/ホームランド』(※Huluにて配信中)のエグゼクティブ・プロデューサーを務めたRan Tellem(ラン・テレム)が製作総指揮し、ヨーロッパ最大級の制作会社であるTHE MEDIAPRO STUDIOとタッグを組んだ本作。さまざまな国の実力派キャストたちが集結し、日本からも山下がメインキャストの一人として出演している。今回、『THE HEAD』の世界公開を記念して、特別番組の放送が決定。6月6日(土)と6月13日(土)には、『Hulu傑作シアターTHE HEAD世界公開記念 特別企画』(日本テレ...more
カテゴリー:

【野球】清原和博、甲子園中止への思いを語る。「一緒に泣くことしかできない……」 - 06月02日(火)21:02  mnewsplus

「夏の甲子園、中止――」 5月20日、清原和博はこのニュースを自宅のテレビで見た。そして泣いたという。 「なんというか……、言葉にならなかったです。その後、高校球児たちが泣いているところが映されて、それを見てたら、涙が出てきました。自分が甲子園に出たとか、ホームラン記録をつくったとか、そういうものさえ無くしてしまいたい。彼らに申し訳なさすぎて……。そんな気持ちになりました」 清原が涙したのは、その喪失の大きさが想像できるからだという。 「世の中の人たちは、高校3年間の集大成が失われたと思うか...
»続きを読む
カテゴリー:

青葉真司に「何でも他人のせいにする傾向」 貧しい家庭に生まれ父親を亡くしろくに学校にも通えなかったけど、自己責任だよな! - 05月29日(金)15:07  poverty

 青葉真司容疑者は、過去にコンビニ強盗事件を起こし「社会に嫌気が差した」と動機を述べていた。 貧しい家庭で育ち、不満を募らせたとみられるが、捜査関係者は「何でも他人のせいにする傾向がある」と性格面の問題を指摘する。  捜査関係者などによると、青葉容疑者は少年時代をさいたま市で過ごし、九歳の時に両親が離婚。 タクシー運転手の父親に引き取られたが、事故を起こし失職するなど経済状態は厳しかった。 定時制高校に通いながら埼玉県の非常勤職員として勤務したこともあった。  二十一歳の時に父親が病死。...
»続きを読む
カテゴリー:

【京アニ殺傷】青葉容疑者「自分には失う物はない」 事件以前、精神不安定 - 05月27日(水)13:01  newsplus

京アニ事件直前に近隣トラブル「自分には失う物はない」 逮捕の青葉容疑者|社会|地域のニュース|京都新聞 2020年5月27日 8:40 市内 青葉真司容疑者  京アニ事件で27日に殺人などの容疑で逮捕された青葉真司容疑者(42)は、社会から孤立気味に生活しており、事件以前から不可解な近隣トラブルを繰り返すなど、精神的に不安定な面があった。  さいたま市緑区で少年時代を過ごした青葉容疑者は、両親が小学校低学年の頃に離婚、父と兄、妹の4人で暮らしていた。同級生によると、生活は苦しそうで、中学進学後は欠席がち...
»続きを読む
カテゴリー:

【追悼 映画監督・佐々部清が伝えたかったこと】地方発映画の名手が残したもの 『チルソクの夏』 - 06月05日(金)06:30 

 故郷であり、亡くなった場所にもなった山口県下関市への佐々部清監督のこだわりは半端ではなかった。下関を舞台にした『チルソクの夏』(2003年)、『カーテンコール』(05年)、『四日間の奇蹟』(05年)は〈下関3部作〉と呼ばれている。『チルソクの夏』は陸上競技場、茶山通り、関門トンネルなどでロケ。『カーテンコール』は監督が少年時代に通った映画館みなと劇場を再現。『四日間の奇蹟』は撮影中に下関市と合併した角島でそれぞれ撮影された。
カテゴリー:

【サッカー】宇佐美貴史、天才と呼ばれた男の少年時代 - 06月03日(水)21:25  mnewsplus

京都府で名を馳せ、ガンバ大阪のアカデミーで成長した宇佐美貴史は、破壊力抜群のドリブル突破、力強く正確なフィニッシュを武器に高校2年生でプロデビューを果たし、ドイツでのプレーも経験した。キャリアを振り返れば「天才少年」のイメージが強いが、本人は小さい頃から多くのことを考え、努力を重ねてきたという。京都での少年時代の思い出や、成長の軌跡を語ってもらった。 見ている先には常に家長がいた 2020年のJ1リーグ開幕戦は前年王者、横浜F・マリノスにアウェーで快勝。近年タイトルから遠ざかっている古巣に歓喜をも...
»続きを読む
カテゴリー:

篠井英介、コロナ終息後のエンタメに求められるもの。「ガラッとは変わらなくても…」 - 05月29日(金)19:28 

1987年、大衆的な歌舞伎の復権を目指す男優だけのネオかぶき劇団「花組芝居」の旗揚げに参加し、看板女方(おんながた)として人気を博した篠井英介さん。1990年に退団後、念願のブランチ役で話題を集めた舞台『欲望という名の電車』をはじめ、数々のドラマ、映画、舞台に出演。美しい女方から中性的な役、そして憎らしい適役まで多彩な役柄にチャレンジしつづけている篠井英介さんにインタビュー。3軒茶屋婦人会2020年『アユタヤの堕天使』(公演中止)◆新型コロナウイルスの影響で舞台が中止に新型コロナウイルスに関する「緊急事態宣言」が発令されたことにより、密閉、密集、密接の三つの密(3密)を避けるため、映画やドラマの撮影はストップ、劇場公演も中止、延期を余儀なくされたエンタメ業界。篠井さんが、ともに劇団「花組芝居」の旗揚げに参加した深沢敦さん(写真左)と、ドラマ『相棒』シリーズに出演していた大谷亮介さん(写真右)とともに結成した演劇ユニット「3軒茶屋婦人会」の5年ぶりの公演となるはずだった舞台『アユタヤの堕天使』も公演中止になったという。-5年ぶりの「3軒茶屋婦人会」の公演ということでしたが-「そうなんです。もうみんな年なのでね(笑)。3人とも60歳とか、60過ぎなので、なかなかお尻があがらなかったんですけど。それでも『やる?』って言って、5年ぶりにやることにしたら、こんなことになっちゃって…残念です」...more
カテゴリー:

若さ、円熟味、多様な画家人生 - 05月29日(金)10:00 

画家を夢見た少年時代の情熱、名手ならではの円熟味が競演する。岡田三郎助(佐賀市出身)や青木繁ら九州ゆかりの画家45人の約120点を集めた久留米市美術館のコレクション展。10代から80代まで、作品制作時の年齢に注目し、多様な画家人生をたどる。 岡田が47歳で描いた「水浴の前」は、色とりどりの花や森林の中で、裸婦のつややかな肌が際立つ。32歳の作品「薔薇の少女」は、絵の中の暗い空間に吸い込まれるような感覚になる。
カテゴリー:

嵐、宇多田ヒカル、あいみょんらの名曲も!「いま、あなたが贈りたい歌」を紹介『SONGS』 - 05月27日(水)11:32 

5月30日の『SONGS』(NHK総合、毎週土曜23:00~)は、視聴者から寄せられたリクエストの中からバラエティに富んだ歌の数々を『SONGS』の名曲アーカイブスから紹介。新型コロナウイルスの影響で、会いたい人へも会えない日々が続く中、心に浮かんだ“あの人”へ、歌で思いを伝える特別編が2週にわたって放送される。今回、番組では「いま、あなたが『贈りたい歌』」というテーマで、視聴者からのリクエストを募集。そこにはさまざまな思いに寄り添う曲が寄せられたという。新型コロナウイルスの影響でお見舞いに行けない入院中のおばあちゃんへ贈りたい1曲や、医療従事者として働く婚約者へ贈りたい1曲、慣れないリモートワークに悪戦苦闘している父親に贈りたい1曲、日本中の不安を抱えて毎日を過ごす全ての人へ贈りたい1曲など、3000件を超えるリクエストの中から、今だからこそ、家族、友人、恋人、仲間といった大切な人に贈りたい歌を、番組責任者の大泉洋が心温まるエピソードとともに紹介する。1週目は、長谷川きよしの「愛の讃歌」、FUNKY MONKEY BABYSの「あとひとつ」、平井堅の「大きな古時計」、エレファントカシマシの「俺たちの明日」、森山直太朗の「さくら(独唱)」、財津和夫の「サボテンの花」、井上陽水の「少年時代」、BUMP OF CHICKENの「supernova」、宇多田ヒカルの「花束を君に」、松任谷...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「少年時代」の画像

もっと見る

「少年時代」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる