「小学校入学」とは?

関連ニュース

トラックに乗り園児ら死角確認 - 11月12日(火)20:15 

小学校入学前に交通安全の意識を高めてもらおうと、神埼市のトヨタ紡織九州は6日、同市の仁比山保育園で交通安全教室を開いた。年長児を中心に46人が、横断歩道の渡り方や大型車両の死角となる場所などを学んだ。 園児は道路の渡り方や歩道の歩き方を映像で学び、道路が描かれた園庭に出た。人に見立てた風船を交差点の車道寄りの歩道に設置し、大型トラックが曲がると、その風船が割れた。園児はびっくりしながら、「巻き込み事故」の危険性を学習した。
カテゴリー:

親の学歴や居住地域で違う? 就学時にはすでにある「教育格差」の実態 - 11月07日(木)15:00 

 学歴社会である日本において、どんな教育を受けるかは、人生を大きく左右する一大事。 しかし、この日本にはあらゆる「教育格差」が存在する。たとえば、小学校入学時点で、すでに子供たちの間には学力格差があるし、公立の中学校同士でもその環境に格差がある。一見平等に見えても、現実...
カテゴリー:

毎年作っていた子どもの写真入り年賀状、成長につれてどう変わる?ママたちの経験談 - 11月03日(日)15:00 

お正月が近づくと、親戚や友人知人に出す「年賀状」を準備する人もいるかもしれませんね。ハガキに印刷するデザインや文面を考えたり、手書きのコメントを添えたりと、忙しく作業に追われることもあるでしょう。今回ママスタBBSに投稿されていたのは、あるママの年賀状に関するつぶやきです。 『子どもが大きくなったら年賀状がどうでもよくなってきた。昔はあんなにこだわってたのに。今年も一応、写真つきの年賀状にするけど「とりあえず子どもが写ってればいいや」みたいな。子どもが大きくなってくるとこんなものなのかな?』 ママは子どもが小さい頃は写真を選んだりデザインを考えたりと、こだわって年賀状を作っていたとのこと。しかし子どもが成長するにつれ、年賀状作りにかける情熱が薄れてきたのだそうです。自分の心境の変化に対して「こんなものなのかな?」と感じるママ。トピックには共感するコメントが集まっていました。 以前ほど年賀状作りに手間をかけなくなりました 『あーわかる。下の子も中学生になったら部活で忙しく、家族で出かけることもなくなったから写真もない。以前はあんなに写真を選ぶの迷ってたのに、今は写真なし年賀状』 『わかるよ。私はもう写真なしにしてる。昔は写真選ぶのもすごく大変だったのに、今はもうどうでもいい』 『歳を取るごとに、年賀状なんてどうでもよくなってきた。普段から交流のある人からの年賀状は嬉しいけど、それ以...more
カテゴリー:

◆小学校入学前(年長)の子はMR第2期予防接種を受け.. - 10月31日(木)15:12 

◆小学校入学前(年長)の子はMR第2期予防接種を受けましょう◆ 冬季はインフル流行、3月は駆け込みで混雑が予想されます。お済みでない場合はお早めに! ◇令和2年3月31日まで◇期限を過ぎた場合の接種費用は1万円程度 詳細は #松戸
カテゴリー:

小学校入学前のお子様を対象とした就学時健診が始.. - 11月12日(火)18:04 

小学校入学前のお子様を対象とした就学時健診が始まっています。 この機会に、母子健康手帳で麻しん・風しん等の予防接種歴を確認しましょう!
カテゴリー:

落選100回以上。“握手会アルバイト”から本物のアイドルになった少女<畑美紗起> - 11月06日(水)12:28 

秋元康プロデュースによるオーディションバトル番組『ラストアイドル』(テレビ朝日系、2017年8月に放送開始)から生まれたアイドル・ラストアイドル2期生の畑美紗起(はた・みさき)は、大学4年生で就職活動も終え、社会人になる道が決まっていながらラストアイドルに挑戦した人物だ。©テレビ朝日 ラストアイドル2期生の畑美紗起(はた・みさき)もともと、アイドルに憧れてオーディションを受け続けるも、落選続き。大学卒業時まで断続的に様々なオーディションに履歴書を送り続けるも、100回以上落選するという苦難を強いられてきた。彼女はなぜ、それでもアイドルを目指し続けたのか。アイドルになって、望んでいたものを得ることはできたのかーー。『ラストアイドル』に賭けた少女たちの、ビフォーアフターに迫る。◆人生を変えた乃木坂46との出会い1996年3月、埼玉県で生まれた畑美紗起。当時0歳幼稚園から小学校にかけては、習い事に打ち込んでいたという彼女。その一方で、きらびやかな世界に憧れる気持ちも目覚めていた。当時1歳。人見知りだった当時3歳。幼稚園の廊下で「幼稚園の頃からクラシックバレエを始めて、塾やピアノを習っていたので小学校時代は忙しかった記憶があります。幼稚園から小学校低学年の頃は、アイドル好きな友だちの影響でミニモニ。さんが大好きで、生写真を一緒に集めたりしていたのを覚えていますね。友だちがモーニング娘。のオ...more
カテゴリー:

小中学生の入院無料化 通院は対象外/五所川原 - 11月01日(金)11:33 

青森県五所川原市は子どもの医療費助成について、小中学生の入院を10月から無料化した。これまで通院、入院ともに無料化の対象が就学前(小学校入学前)に限られ、助成水準が県内で最も低いとされていたため、対象拡大に踏み切った。ただ、県内では大半の自治体が中学卒業まで通院と入院にかかる医療費を無料化しており、市民の間ではさらなる支援拡充を求める声もくすぶっている。同市の子育てグループ「Family cafe あづま~る」が10月13日に市地域福祉センターで開いた子育てサロン。小学校3年生の娘がいる同市の…
カテゴリー:

小学校入学を控えた我が子に届いた「就学時前検診」のお知らせ。何をするの?親子で準備できることとは - 10月29日(火)17:00 

小学校入学を控えた筆者の娘に「就学時前検診」のお知らせが届きました。自治体によっては「就学時健康診断」と呼ばれることもあるようです。入学予定の小学校で健康診断や簡単な面接をするらしいという話は聞いていましたが、実際は何をするのでしょうか。初めてのことで親としても不安になる方もいるでしょう。そこで今回はママスタBBSで先輩ママたちに、「就学時前検診」について聞いてみました。 (参考:就学時健康診断日程(令和2年度小学校入学予定者) | 板橋区) だいたいの内容は同じようですが、学校、地域によって多少の違いはあるようです。どの回答にも多かったのは、健康診断です。 健康診断は必須! 入学前の健康診断として、身体測定、内科、眼科、耳鼻科の診察を受けるようです。 『子どもたちは健康診断、親は入学に当たっての説明会、で子どもと合流してかるく面談で終わりだった』 『健康診断的なやつだった気がする』 『身長、体重、視力、聴力検査とか普通の検査。親は説明会』 『自治体によって違うと思うけど、うちの子の時は、10人くらいのグループに分けて先生2人引率、身長・体重測定して、じゃんけん大会だったかグループで簡単な活動をして様子を見る、という感じだったみたい』 ちょっとしたテストがある場合も この回答は、学校によってさまざまでしたが、名前が書けるか、読み書きはできるかと言ったテストのようなものがあったとい...more
カテゴリー:

「小学校入学」の画像

もっと見る

「小学校入学」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる