「小児科医」とは?

関連ニュース

としまえん女児溺死事故で専門家が緊急提言「水中にカメラを設置して監視している施設もある。としまえんも水中カメラ導入を」 - 08月16日(金)16:58  poverty

プールで死亡の女児 救命胴衣の浮力で遊具に押しつけられたか 2019年8月16日 16時00分 15日、東京・練馬区のプールで小学生の女の子が死亡した事故で、女の子はプールに浮かんだ遊具の下の真ん中付近で見つかっていたことが捜査関係者への取材でわかりました。 警視庁は着用していた救命胴衣の浮力で遊具に押しつけられ、溺れた可能性があるとみて詳しい状況を調べています。 15日午後、東京・練馬区の遊園地「としまえん」のプールで、埼玉県朝霞市の小学3年生、森本優佳さん(8)が溺れて死亡しました。 捜査関係者により...
»続きを読む
カテゴリー:

【スタートアップバトルへの道】「登竜門として、試すにはいい舞台」2016 Winner / Kids Public #2 - 08月10日(土)12:30 

例年11月に実施される、スタートアップとテクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo」。通算9回目となる今年も11月14日(木)、15日(金)に東京・渋谷ヒカリエでの開催が決定している。そのTC Tokyoで毎年最大の目玉となる催しは、設立3年未満のスタートアップ企業が競うピッチイベント「スタートアップバトル」だ。 連載「スタートアップバトルへの道」では、2016年、2017年のスタートアップバトル最優秀賞受賞者と昨年の決勝に勝ち残ったスタートアップ計8社に取材。バトル出場までの道のりや出場してからの変化について、登壇者に話を聞いている。 連載のトップバッターはTC Tokyo 2016 スタートアップバトルで最優秀賞を獲得したKids Public(キッズパブリック)代表の橋本直也氏。2回に分けてお送りするインタビューの後半では、Kids Publicが見据える医療サービスの近未来と同社の今後の展望、そしてこれからスタートアップバトル出場を目指す起業家たちへのメッセージをお伝えする。 (出場までの経緯や準備、出場後の社内外の変化について橋本氏が語ったインタビュー前半はこちらから) これからの医療でスマホは重要な接点になる TC Tokyo 2016のスタートアップバトルに出場、小児科に特化した遠隔医療相談サービス「小児科オンライン」で優勝を果たした後、Kids Publi...more
カテゴリー:

【スタートアップバトルへの道】「どうせなら多くの人に訴えたい」2016 Winner / Kids Public #1 - 08月05日(月)07:30 

例年11月に実施される、スタートアップとテクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo」。通算9回目となる今年も11月14日(木)、15日(金)に東京・渋谷ヒカリエでの開催が決定している。そのTC Tokyoで毎年最大の目玉となる催しは、設立3年未満のスタートアップ企業が競うピッチイベント「スタートアップバトル」だ。 連載「スタートアップバトルへの道」では、2016年、2017年のスタートアップバトル最優秀賞受賞者と昨年の決勝に勝ち残ったスタートアップ計8社に取材。バトル出場までの道のりや出場してからの変化について、登壇者に話を聞く。 初回に登場するのは、TC Tokyo 2016 スタートアップバトルで最優秀賞を獲得したKids Public(キッズパブリック)代表の橋本直也氏。2回に分けてお送りするインタビューの前半では、出場までの経緯や準備、登壇時の感想などについて聞いた。 出場のきっかけ Kids Public代表 橋本直也氏 Kids Publicは2015年12月に小児科医の橋本氏が創業した、遠隔医療相談サービスを提供するスタートアップだ。現在は小児科に特化したオンライン医療相談の「小児科オンライン」や、産婦人科医・助産師にスマホで相談できる「産婦人科オンライン」などのサービスを提供している。 Kids Publicはデジタルガレージが主催するアクセラレータープロ...more
カテゴリー:

障害者ケア「家族で独占はリスク」 脳性まひの医師語る - 07月30日(火)16:46 

 障害と出産、子育てを通して、見えてくるものとは――。脳性まひで車いす生活を送る小児科医で東京大学准教授の熊谷晋一郎さん(42)に聞きました。■障害の有無にかかわらず 孤立しない育児を 子どもを産むか…
カテゴリー:

夜間0歳児急病にはスマホで相談 岡山市が平日予約制サービス - 08月12日(月)22:08 

 岡山市は、平日夜間にスマートフォンなどを使って小児科医に医療相談できる予約制のサービスを始めた。0歳児の保護者が対象で、自己負担はない。育児の不安を軽減するほか、不要不急の救急出動を抑える狙いもある...
カテゴリー:

嫁「実家がだらしないせいで、2歳児がヨードチンキを一気飲みしました!」 子供「からいーっ!からいーっ!」 - 08月09日(金)20:03  poverty

帰省先であがる悲鳴 子どもが飲み込んだのは… 「帰省した実家で希ヨードチンキ(消毒液)が幼児の手が届く位置にあり、 私がトイレに行った隙に2歳児が一気飲みしました…」 「うちはお酒で誤飲がありました。祖父母宅では調味料や洗剤も床置きなのですごくこわいです」 8月の帰省シーズンを迎える中、ネット上には、こうした投稿が相次いでいます。 冒頭で紹介したのは、横浜市に住む主婦の白木さん(43)の投稿です。 つぶやいたのは、長女がまもなく2歳になるという時期に起きた、忘れられない“事件”でした。 実家に帰...
»続きを読む
カテゴリー:

全然リラックスできない“リラックマビル”に住む夫婦とは?『アウト×デラックス』 - 07月30日(火)19:07 

8月1日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系、毎週木曜23:00~)は、「家もアウトなら住んでいる人もアウトなスペシャル」と題し、アウトな家が続々登場する。同番組は、独特の世界観を持って生きているこだわりの人たちを招き、矢部浩之、マツコ・デラックス、山里亮太(南海キャンディーズ)とアウトなトークを展開するトークバラエティ。この日はアウト軍団として、大鶴義丹、加藤一二三、小原ブラス、塚田僚一(A.B.C-Z)、高橋ひとみ、ミラクルひかる、山下恵司も出演する。まずはじめは、大阪府堺市に住む小児科医が登場。レディー・ガガに憧れているというこの医師は、金髪にゴージャスな格好で登場。早速、スタッフが自宅を訪問すると、やはりセレブで個性的な家。さらに自宅以外にも家を4軒持つという。その家とは、自宅を改造した猫屋敷だった。はたしてそこに住む猫の数とは?2軒目に訪れたのは、大阪市の夫婦の家。焼肉屋を経営している夫婦は隣の4階建てのビルに住んでいるというが、このかいわいではかなり有名な家だという。実際に外から見てみると、すべての窓を“リラックマ”が埋め尽くす、通称リラックマビル。たくさんのリラックマに囲まれたその家は、全くリラックスできない家だった。さらに、そのアウトな集め方が判明する。最後は東京都町田市に住む夫婦が登場。収集癖のある夫はアウトなものを収集し、家に飾っている。さらに職業もアウト...more
カテゴリー:

「小児科医」の画像

もっと見る

「小児科医」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる