「小倉百人一首」とは?

関連ニュース

【語り継ぎたい天皇の和歌】「令和」の時代にぜひとも思いおこしたい歌 - 09月20日(金)06:30 

『小倉百人一首』の最初の歌としてよく知られる一首です。「かりほの庵」は「稲刈りのための仮の小屋」。「苫をあらみ」は「苫の編み目が粗いので」という意味です。「秋、…
カテゴリー:

<とうほくドローンeye>おくのほそ道編(7)名取/塚はいづく - 09月05日(木)06:05 

「歌枕見てまいれ」。平安時代の中ごろ、時の天皇の勘気を被り、陸奥守に追いやられた貴族がいたという。名は藤原実方(さねかた)。 『小倉百人一首』にも選ばれた王朝歌人は赴任地で没し、名取に塚を残す。後の世
カテゴリー:

「小倉百人一首」の画像

もっと見る

「小倉百人一首」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる