「専門知識」とは?

関連ニュース

禁煙治療にもITを。ヘルスケアベンチャーCureAppが再創造する医療とは - 12月13日(金)07:00 

度重なる値上げや、規制の厳格化、あるいは健康改善を理由に、タバコをやめようと考えている喫煙者は少なくないだろう。 しかし、最終手段とも言える医療の禁煙外来に通っても、失敗してしまう人は後を絶たない。 今回取材を行う株式会社CureAppは、こういった医療の課題を「治療用アプリ」によって解決しようとしているヘルスケアベンチャーだ。ニコチン依存症や生活習慣病といった疾患領域において治療効果を出すアプリを研究・開発しており、「医薬品」「医療機器」に次ぐ第三の治療法とするべく日本初となる治療用アプリの医療機器承認、保険適用を目指している。 今回は同社COOの宮田尚氏にインタビューを行い、治療用アプリが医療にもたらす進化について話を聞いてきた。 禁煙外来が抱える2つの課題 ーー禁煙に取り組む方法として、医療の禁煙外来があると思いますが、その成功率は高いとは言えないようです。御社が考える現在の禁煙治療の課題について伺えますか? 宮田:禁煙外来と呼ばれている医療の禁煙支援プログラムには、2つの課題があると思います。 1つ目は、禁煙外来では身体的依存を抑えるための補助薬はありますが、心理的依存に対して介入することが難しいという点です。 例えば、喫煙者は「ご飯を食べたあとはタバコを吸う」というように習慣や癖を持っていることがよくあります。いくら薬を服用しても、患者さんが持つ考えや行動が適切でなけれ...more
カテゴリー:

【正月の恒例】餅による窒息事故を防ぐには? 毎年100人近くが搬送 - 12月11日(水)17:21  newsplus

12/11(水) 17:08配信 時事通信  私がまだ小学校低学年だった頃のことです。夜中3時ごろ、突然両親に起こされ、車で遠く離れた病院に連れて行かれました。そこで目にしたのは、病室のベッドに横たわり、人工呼吸器につながれた祖母の姿でした。部屋に漂う消毒液の臭い、無機質な白い壁、人工呼吸器が定期的に発する機械音。そして、いつもは笑顔で話す親戚たちの暗い表情。私は今も、あの時の光景をありありと思い出すことができます。  祖母が倒れた原因。それは、餅を喉に詰まらせたことによる、窒息でした。そして私は医師にな...
»続きを読む
カテゴリー:

NFLとAWSが機械学習の活用で頭部のケガを減らす取り組みを開始 - 12月11日(水)09:00 

米国ラスベガスで開催されたAWS re:Inventで、NFLのRoger Goodell(ロジャー・グッデル)コミッショナーはAWSのAndy Jassy(アンディ・ジャシー)CEOとともに登壇し、今後両者は機械学習を活用して頭部のケガの減少に取り組むことで協力していくと発表した。 画像:Ron Miller/TechCrunch ジャシー氏はこの発表について「新たな戦略的パートナーシップを発表でき、たいへん嬉しく思う。このパートナーシップは、クラウドコンピューティング、機械学習、データサイエンスを組み合わせて、選手の健康と安全に寄与するものだ」と述べた。 NFLフットボールは大柄な選手たちがプレイする、スピードがあり危険なスポーツだ。ケガは日常茶飯事だが、NFLは特に大きな問題である頭部のケガを減らしたいと考えている。2017年の研究で、死亡した111人のNFLプレイヤー経験者のうち110人は慢性外傷性脳症(CTE)と診断されていたことがわかっている。 NFLにはプレイヤーに関する膨大なデータがあり、機械学習を行いやすい。数十年分のプレイを収めたビデオもあり、頭部を守るヘルメットの設計に役立つ有意義なシミュレーションができるだろう。また、アメフトにつきものである脳しんとうのリスクを減らせるようにルールの変更も進められる。 グッデル氏は、NFLにはデータは十分にあるがそれを生かす...more
カテゴリー:

GIGABYTE、世界初、オムロン製メカニカルキースイッチ採用17インチノートPC「AUROS 17シリーズ」3製品を発売 - 12月10日(火)13:00 

2019年12月10日 - GIGABYTE Technology Co., Ltd. 台湾・新北市 - コンピュータテクノロジーで世界をリードするGIGABYTE Technologyは、GPUにNVIDIA GeForce RTXシリーズを搭載し、キースイッチにオムロン製メカニカルスイッチを採用した17.3型フルHD IPSパネル採用したゲーミングノートPC「AORUS 17シリーズ」 3製品を、12月14日に発売いたします。発売に先立ち、本日12月10日よりGIGABYTEノートPC取扱店にて先行予約を開始いたします。AORUS 17シリーズは、世界で初めてオムロン製メカニカルキースイッチ(英語配列)を採用するノートPCであり、キートラベル2.5mm、1500万回以上のキーストローク耐久性を備えた究極のキーストローク感覚をもたらします。また、キーキャップを独自の同心円状デザインにすることで、RGB Fusion 2.0による鮮やかなライティング効果を実現します。本体内部には、2本のSO-DIMMスロットを備え、最大64GBのメモリを搭載可能。さらに2基のPCI Express 3.0 x4接続のM.2スロットとHDDベイを備え、ゲーマーに求められる大容量メモリと大容量高速ストレージ環境の構築をサポートします。冷却機構には、5本のヒートパイプとベイパーチェンバーに、12の吸排気...more
カテゴリー:

学者「日本人の給料が安いのは無能だから」実際、英語も中国語もできない日本人が中国人より高給なのはおかしいよな… - 12月08日(日)11:29  poverty

コンビニの中国人…英語、中国語、日本語、大学での専門知識あり 日本人…日本語すらできない 実は能力が低いことを突きつけられつつある多くの日本人 http://www.peters.jp/ba/future_direction_for_youth/72.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

英国ICCソリューションズ社POS向けEMV認証コンサルティング・ソリューションサービス開始 - 12月12日(木)17:00 

2019年12月12日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、英国ICCソリューションズ社POS向けEMV認証コンサルティング・ソリューション(EMVCO検証認証ツール、トレーニング&コンサルティング)のサービス提供をいたします。EMVへの対応の課題に対して、Fiscal Systems社が選択したICCソリューション社のサービスを利用した発表がありました。Fiscal Systems社は、トラックストップおよびコンビニエンスストア業界向けのPOSシステムプロバイダであり、POSは主要なガスステーション向け燃料ターミナルとクレジットカードターミナルとのシームレス統合を促進させました。Fiscal Systems社は、主要なEMV対応と、さまざまなアクワイアラー/プロセッサと連携できるようにするため、組み合わせごとに個別の認証が必要であり、Fiscal Systems社にとって大きな課題でした。Fiscal Systems社にとっての課題は、2020年10月の米国石油産業の不正責任シフトに先立って、すべてのEMV燃料ターミナル認証を完了することでした。ICCソリューション社は、屋内と屋外の両方でフィスカルのEMV燃料ターミナル認証キャンペーン全体を管理し、すべての検証および認証テストを実施しました。Fiscal Systems社は、認証に必要なすべての端末ハードウェアを提供...more
カテゴリー:

“サードパーティの技術者集団”としてイノベーション創出に取り組むQueueが7000万円を調達 - 12月11日(水)09:26 

ソフトウェアや自社技術の開発を行うテクノロジー企業のQueue(キュー)は12月11日、インソース、マネジメントソリューションズ、プルータス・マネジメントアドバイザリー、東大創業者の会応援ファンド、その他個人投資家より総額で7000万円の資金調達を実施したことを明らかにした。 Queueは東京大学工学部出身の柴田直人氏らが2016年11月に創業したスタートアップだ。現在代表取締役を務める柴田氏は自身が在籍していた研究室でロボティクス領域の研究に取り組んでいたほか、2016年まで東大松尾研究室の共同研究員を務めるなど機械学習領域の知見も持つ人物。Queueには柴田氏を中心にソフトウェア開発者やコンピュータサイエンスの研究者などの技術者が約20名集まっていて、自社技術の開発やその技術を軸としたクライアントとの共同研究を進めている。 特にこれまでの3年間で力を入れていたのは、ソフトウェアによって業界に大きなインパクトを与えられるような領域でのプロダクト開発や共同研究だ。Queueのテーマとなっているのが「イノベーションデバイド(技術革新格差)」の解消。テクノロジーによるイノベーションが十分に進んでいないような業界のプレイヤーとタッグを組み、その分野の知見と先端技術を掛け合わせることで新たなアイデアを形にすることを目指してきた。 たとえば医療分野では東大病院とディープラーニングを活用して緑...more
カテゴリー:

「IoT×AI」で売上年60%成長のSKR社、ファンディーノで3回目の資金調達へ - 12月10日(火)16:15 

IoT家電・AI家電の企画製造販売を手掛ける株式会社SKRが、株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」で3回目の資金調達に挑む。目標募集額2500万円、上限応募額9990万円の大型案件。 今年6月8日に実施した2回目の資金調達では約3分6秒で上限応募額5000万円に到達。目標募集額1500万円には1分1秒で到達しており、ファンディーノでは累計8300万円の調達実績を持つ。申し込みは10万円(250株)、30万円(750株)、50万円コース(1250株)の3コース。申し込み開始は12月11日午後7時半から。 同社は2014年7月設立、資本金9,250万円。年間売上高18.9億円、年60%以上の成長率を誇る注目のベンチャー企業だ。 海外で人気のAI、IoT商品や生活家電などを、日本国内向けに規格の再調整などを行って販売を行うファブレス型のビジネスを展開。工場や在庫を持たずに販売でき、販売に関しても国内独占販売権やライセンスをメーカーから取得しており、独自の知財戦略も行っていることで、キャッシュフローの負担なく商品展開が可能。 現在、商品数は200種類を越え、同社取引先口座が保有している販売店舗数合計1万5千店舗のうち、約4500店舗で販売を実施している。 新規事業として、次世代節電ユニット「ecomo(エコモ)」という商品の展開と事業化を計画している...more
カテゴリー:

日本社会「博士取得者は不要」 専門性より「コミュ力」、世界と真逆の雇用慣行 国家の競争力に危機 - 12月08日(日)14:21  news

sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif 「博士」生かせぬ日本企業 取得者10年で16%減 世界は新たな「学歴社会」に突入している。経営の第一線やデジタル分野では高度な知識や技能の証明が 求められ、修士・博士号の取得が加速する。主な国では過去10年で博士号の取得者が急増したのと対照的に、 日本は1割以上減った。専門性よりも人柄を重視する雇用慣行を維持したままでは、世界の人材獲得競争に 取り残されかねない。 「日本人だけでは定員を埋められない。経済学の修士課程は7割が留学生だ」。データ分析を駆使したミ...
»続きを読む
カテゴリー:

歴史的建造物の保全活用に決意 - 12月07日(土)21:12 

歴史的建造物の保全活用に関する専門家「ヘリテージマネージャー」を養成する青森県内初の講習が7日、半年間の課程を終了した。受講認定証が交付された建築士21人は、歴史ある建物を地域の手で守り生かしていく決意を新たにした。登録手続きを経て、早ければ来年度にも活動を始める。ヘリテージマネージャーは、重要文化財に比べ緩やかな規制の「登録有形文化財」について保全活用を図っていく。新たに文化財として登録すべき建造物を発掘し、専門知識を生かして登録の根拠となる調査を行う。青森県では県教育委員会や県建築士会など…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「専門知識」の画像

もっと見る

「専門知識」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる