「専門機関」とは?

関連ニュース

【デンカ生研】コロナ簡易検査キット開発着手へ 現在の診断は五時間~一日かかる - 02月18日(火)16:11  newsplus

2020/2/14 化学メーカー「デンカ」の連結子会社、デンカ生研は13日、新型コロナウイルスの感染を一般の医療施設で迅速に診断できる簡易検査キットの開発に着手したと発表した。現状は診断に専門機関で5時間~1日ほどかかる。インフルエンザ感染なら5分で判別できる同社の迅速診断技術を応用して、診察の際に即時に診断できる製品の供給を目指す。  デンカ生研は、インフルエンザの迅速診断キットの国内トップメーカー。新型コロナウイルスに対応する簡易検査キットは、イムノクロマト法と呼ばれる技術を用いる。インフルエン...
»続きを読む
カテゴリー:

日本の観光産業 約1400億円の損失と予測 国連の専門機関 - 02月15日(土)04:46 

新型コロナウイルスの感染拡大で中国人観光客が大幅に減っていることから、日本の観光産業は来月までの3か月間でおよそ1400億円の損失が見込まれるという予測を国連の専門機関が発表しました。
カテゴリー:

【イベントレポート】資産運用で社会貢献。インパクト投資とESG投資、寄付の関係とは - 02月14日(金)15:46 

社会的インパクト投資に特化したソーシャルレンディングサービスのネクストシフトファンドを運営するネクストシフト株式会社が、1月30日(木)にイベント「個人ができるインパクト投資 Vol.4 ~資産運用で社会貢献~」を開催しました。 ネクストシフトファンドとは、主に発展途上国のマイクロファイナンス融資案件といった社会的インパクト投資を行うソーシャルレンディングサービスです。鳥取銀行が株主で、厳正な融資審査基準に則って融資先を決定していることや、投資額は2万円〜、利回りは4.5%~7.2%(年率・税引前)と、少額で投資が始められることが大きな特徴です。 本イベントの中から今回は、第二部SIIF(社会変革推進財団)専務理事 青柳光昌氏によるインパクト投資が求められる背景と課題についての講演と、第三部のネクストシフト株式会社代表取締役社長CEO 伊藤慎佐仁氏と青柳氏によるパネルディスカッションについてレポートします。 民間資金でイノベーションを起こすことに期待が高まる SIIF専務理事 青柳光昌氏によると、インパクト投資とは「リスク」「リターン」という従来の2軸に「インパクト」という新しい軸を投資判断の項目に追加したものとなります。この「インパクト」とは、「事業や活動の結果として生じた、社会的・環境的な変化や効果」を指し、短期間・長期間を問いません。 インパクト投資はインパクト創出のために金...more
カテゴリー:

3200組織がウイルス感染 返信メール装うサイバー攻撃で - 02月07日(金)12:50 

 取引先や知人からの返信を装ったメールを開くと感染する新型コンピューターウイルス「エモテット」に感染した組織が約3200に上ることが7日、サイバー攻撃対策の専門機関のまとめで分かった。感染するとパソコンに保存されていたメールアドレスやID、パスワードが盗み取られ、さらに他人にウイルスを送り付ける。専
カテゴリー:

【歯科技工業界初】口腔がん早期発見システムを始動!! - 02月04日(火)08:00 

2020年2月4日 株式会社三和デンタル 【歯科技工業界初】口腔がん早期発見システムを始動!! 創業35年の歯科技工所、株式会社三和デンタル《本社:東京都大田区、代表取締役 菅沼佳一郎》が令和2年1月26日より口腔がん早期発見システムの事業を開始します。日本国内では患者数・死亡数ともに年々増え続けている口腔がん。しかし、口腔がんは早期発見できれば命に関わる病気ではありません。三和デンタルでは「口腔がん検査キット」を企画、販売を開始。街の歯科医院で手軽に検査を実施でき、診断については専門機関と連携する「口腔がん早期発見システム」の構築。全国の歯科医院での導入を目指し、口腔がんの死亡数を減らす活動をスタートします。 【1】日本における口腔がんの現状と課題 口の中全体を「口腔」といい、ここにできるがんを総称して 「口腔がん」と呼びます。口腔がんは初期症状のうちに発見 し治療すれば後遺症もほとんど残ることはありません。しか し、日本国内での口腔がん患者数は年々増加傾向にあり、比 例して死亡者数も増加しています。これまで高齢男性に多く みられる病気という見解がありましたが、昨年2月に女性タ レントが口腔がんステージ4であることを公表したように、 女性や40歳未満の若年層にも口腔がんに侵されている例がみ られるようになりました。しかし、口腔がんは早期発見できれば命に関わる病...more
カテゴリー:

日本の観光産業 約1400億円の損失と予測 国連の専.. - 02月15日(土)04:47 

日本の観光産業 約1400億円の損失と予測 国連の専門機関 #nhk_news
カテゴリー:

舐めてスマホに差し込むだけで病気診断できるチップ、米大学が開発。コロナウイルスも - 02月14日(金)19:00 

医師による感染症の診断をスピードアップする装置が、米国シンシナティ大学の研究者によって開発された。マラリアやHIVなどのほか、コロナウイルスの診断もできるという。 ・唾液をセンサーで分析 その装置は、ガムほどの大きさの使い捨てプラスチックチップと、クレジットカード大のアダプターがセットになったもの。使用者はまず、プラスチックチップを口に含み、唾液を染み込ませる。 すると、チップにある細い管に毛細管現象で唾液が入り込み、中に仕込まれた複数の検出抗体や発光素材と混ぜ合わされる。 このチップをアダプターに差し込み、そのアダプターをさらにスマートフォンに差し込むと、アダプター内の3つの光学センサーが作動。検出抗体の発光の様子を読み取ってデータ化し、スマートフォン経由で医師のもとに送信する。 同大学のニュースリリースによれば、こういった検査を専門機関で受けた場合、結果が出るまでに数時間から数日かかるが、この装置からデータを受け取った医師は、すぐにも陰性/陽性を判断できるとのこと。 ・コロナウイルスも 開発チームは最近、マラリア患者を対象にしてこの装置をテストし、結果を学術誌「 Microsystems & Nanoengineering」に発表した。 他の感染症についてのテストはこれからだが、チームリーダーであるChong Ahn教授によれば、コロナウイルスにも有効だとのこと。ニュー...more
カテゴリー:

文字を書くのが遅い我が子が心配。障害の可能性があるのでは?との経験談も - 02月13日(木)06:30 

文字を書くのが苦手なお子さんがいるママから、ママスタBBSに相談がありました。 『中学生の子どもが書くことが苦手というか、遅いんです。ノートへの記入や板書など、とにかく時間がかかるようです。板書に時間がかかる→途中で集中力が切れる→書き始めてもまた板書に時間がかかるの悪循環になっています。そのせいで先生やクラスの子に迷惑をかけてしまうこともあるみたいで、本当に申し訳ないし改善したいです。早く書く練習は何度かしてみましたが、全然ダメです。同じような悩みがあるお子さんを持つ方いませんか? どんな取り組みをしたのか教えてください』 投稿者さんのお子さんは、文字を書くのが遅いとのことです。早く書く練習はしたようですが、改善していないのだとか。投稿者さんの悩みに対して他のママたちは、どういうアドバイスをくれたのでしょうか。 「娘と似ている」と感じるママ。発達障害の可能性も? 『うちの軽度自閉症の娘と似ているかも。書くのは凄く遅い。こだわりが強くてマイペース。でも成績は良い方だしコミュニケーションも取れる。しっかりしている方だから、自閉症なんだと言ったらみんなにびっくりされる。ただ中学になってから課題の量が多く、ついていくのが大変になって本人は辛いらしい。担任に相談したらできる所までで良いと言ってくれた』 コメントをくれたママの軽度自閉症の娘さんも、文字を書くのが遅いそうです。中学になると課...more
カテゴリー:

【地域】大阪のギャンブル依存対策新態勢 予防と治療、専門機関を一体運用 - 02月06日(木)09:17  newsplus

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を進める大阪府は、ギャンブル依存症対策の柱として、予防や相談、治療まで一元的に対応する仕組みをつくることを決めた。4月から二つの専門機関を一体運用し、人材育成や臨床研究にも力を入れる。3月に策定する依存症対策推進計画にこうした内容を明記する。  府によると、主に予防啓発や相談支援を実施する大阪府こころの健康総合センター(大阪市)と、専門治療機関の府立病院機構大阪精神医療センター(同府枚方市)が連携し、患者や家族がどちらを訪れても適切に対応、支援できるよ...
»続きを読む
カテゴリー:

【新型肺炎で台湾がWHOから排除され続ける理由】 安倍晋三首相も「台湾排除」に反対を表明 東洋経済 - 02月02日(日)20:33  newsplus

https://toyokeizai.net/articles/-/328063?display=b 新型肺炎で台湾がWHOから排除され続ける理由 安倍晋三首相も「台湾排除」に反対を表明 2020年02月02日 劉 彦甫 : 東洋経済 記者 世界保健機関(WHO)は1月30日、新型コロナウイルスによる新型肺炎に関する3回目の緊急委員会を開催し、公衆衛生上の「緊急事態」を宣言した。 この緊急事態宣言により、世界各国の保健当局は感染拡大防止に向けた措置を拡大していく。しかし、感染者が急増している中国に近い、ある地域が感染拡大防止の「エアポケット」(空白地帯)になると...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「専門機関」の画像

もっと見る

「専門機関」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる