「専門家集団」とは?

関連ニュース

【なぜか国民への「お願い」ばかり】新型コロナ専門家会議の「見解」が奇妙なことに★3 - 02月25日(火)23:18  newsplus

新型コロナウイルスの「感染を完全に防止することは不可能」であることを政府の招集した専門家会議が認めてしまいました。 その上で、政府に助言をする会議のはずがひたすら国民への「お願い」に終始するという奇妙な見解を発表しています。見てみましょう。 ◆新型コロナウイルス感染症対策専門家会議とは? …略… つまり、行政府のトップの安倍首相が司る新型コロナの対策本部に医学的な助言などを行うための専門家集団ということになります。 ◆専門家会議の「見解」がほぼ敗北宣言に 2月24日にこの専門家会議が「今後1?2週...
»続きを読む
カテゴリー:

【なぜか国民への「お願い」ばかり】新型コロナ専門家会議の「見解」が奇妙なことに - 02月25日(火)19:30  newsplus

新型コロナウイルスの「感染を完全に防止することは不可能」であることを政府の招集した専門家会議が認めてしまいました。 その上で、政府に助言をする会議のはずがひたすら国民への「お願い」に終始するという奇妙な見解を発表しています。見てみましょう。 ◆新型コロナウイルス感染症対策専門家会議とは? …略… つまり、行政府のトップの安倍首相が司る新型コロナの対策本部に医学的な助言などを行うための専門家集団ということになります。 ◆専門家会議の「見解」がほぼ敗北宣言に 2月24日にこの専門家会議が「今後1?2週間が...
»続きを読む
カテゴリー:

【Infinite Pixel Viewer】発売開始 超高精細な画像をリアルタイムに拡大して見られるインタラクティブなビューア ~美術館・博物館・医療・教育利用に期待~ - 02月12日(水)14:00 

 株式会社イマジカデジタルスケープ(代表取締役社長:篠原 淳、本社:東京都渋谷区 以下:当社 )は、このたび自社で開発したInfinite Pixel Viewer(読み:インフィニット ピクセル ビューア)の発売を2月25日(火)に開始いたします。 Infinite Pixel Viewer(以下、IPV)とは、当社のリアルタイムグラフィックス専門家集団である「デジタルリアリティラボ」が開発した、ギガピクセル級の超高精細な画像をインタラクティブに高速表示が可能なビューアであり、それらの画像を活かしたコンテンツ制作も可能なアプリケーションです。■製品概要品名 : Infinite Pixel Viewer(読み:インフィニット ピクセル ビューア)販売方式 : ライセンス販売販売価格 : 要問合せ発売日 : 2020年2月25日(火)■開発の背景 コンピュータ、デジタルカメラ、スキャナの高性能化により、超高精細な画像を手軽に生成することが可能になりました。現実世界にある文化財/絵画/写真なども、いわゆるギガピクセルと呼ばれる高精細なデジタル画像化をし、デジタルアーカイブとして管理、保存することが行われています。しかし、これらの超高精細画像はファイルサイズが大きいことにより、通常は取り扱いが難しく、一般的なPCで手軽に扱うツールや環境が整っていない現状があります。 当社のデジタルリア...more
カテゴリー:

【なぜか国民への「お願い」ばかり】新型コロナ専門家会議の「見解」が奇妙なことに★2 - 02月25日(火)20:33  newsplus

新型コロナウイルスの「感染を完全に防止することは不可能」であることを政府の招集した専門家会議が認めてしまいました。 その上で、政府に助言をする会議のはずがひたすら国民への「お願い」に終始するという奇妙な見解を発表しています。見てみましょう。 ◆新型コロナウイルス感染症対策専門家会議とは? …略… つまり、行政府のトップの安倍首相が司る新型コロナの対策本部に医学的な助言などを行うための専門家集団ということになります。 ◆専門家会議の「見解」がほぼ敗北宣言に 2月24日にこの専門家会議が「今後1?2週...
»続きを読む
カテゴリー:

【カンブリア宮殿】なぜ人々はロフトの雑貨にワクワクするのか? - 02月24日(月)04:45 

おしゃれ雑貨を購入できるお店として、知らない人はいないといっても過言ではないロフト。今や売上高1025億円を誇る巨大企業。文房具からコスメ、キャラクター雑貨やインテリアなど、幅広い生活雑貨を取り扱い、確固たる地位を築いている。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)」は、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信。最先端「雑貨」に執念を燃やして30年。ロフト流、暮らしがときめく商品&店づくりとは? 雑貨界のレジェンド~実は大躍進中、ロフトの秘密 ユニクロ、ニトリ、ABCマート…ここ数年、東京・銀座の並木通りの一角にお値打ちな国民的ブランドが集結している。その通りのあちこちで見かけるのが黄色のロフトの袋。創業30年でついに年商1000億円を突破。今も意外なほどの成長を続けている。 最新の「銀座ロフト」の1階にある食品コーナー。女性客が次々に籠に入れていたのは、カラフルな色をしたもなかのような形の「マムスープ」(303円)。お湯を注ぐだけで様々な味が楽しめるカプセルのスープだ。 「世界のごちそう博物館」にずらりと並んでいるのは、世界中の知られざるごちそうを楽しめるレトルト商品。例えばアフリカ・ガボンの家庭料理「ムアンバ」(651円)。鶏肉が入ったスパイシーなトマト味のシチューだ。 とにかく、見ているだけで飽きない商品だらけ。豆腐そっくりの「豆腐一丁絹ごし」(638円)...more
カテゴリー:

株式会社プロット、3セグメント間のファイル交換・ファイル無害化を行う技術で特許取得 ~『Smooth File ネットワーク分離モデル』1台で制御可能~ - 02月10日(月)10:00 

株式会社プロット(本社:大阪市北区、代表取締役社長:津島 裕)は分離ネットワーク間でのファイル授受・無害化システム「Smooth Fileネットワーク分離モデル」における1台で3セグメント間のファイル交換・無害化制御を行う技術を開発し、特許を取得しましたことを2020年2月10日にお知らせいたします。<技術開発の背景について> 2017年に文部科学省より発表された「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」内のネットワークを「学習系」「校務外部接続系」「校務系」といった3つのセグメントへの分割が推奨されたことにより、現在では多くの教育機関にてこの環境での運用が行われています。 3つに分離されたネットワークセグメント間において、ファイルの授受は業務上必要不可欠でありながら、セキュリティや利便性に多くの課題が存在していました。特に、ユーザーの負荷をできるだけ小さくしながら、いかにセキュリティポリシーを徹底させるかという点が課題となっていました。 例えば、重要ネットワークからリスクのあるインターネット接続セグメントへ持ち出す場合は上長承認を実施、インターネット接続セグメントから重要ネットワークにファイルを持ち出す場合は、安全を担保するためファイルの無害化(CDR)を施す、といったセキュリティポリシーに基づいた運用をユーザーに強制すると負担が大きくなり、反対に自由な運用をさせるとポ...more
カテゴリー:

「専門家集団」の画像

もっと見る

「専門家集団」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる