「対抗措置」とは?

関連ニュース

WTOで無駄に吠える韓国。米国の支持を得た日本は相手にせず - 07月07日(火)20:13 

スイスのジュネーブで開かれている世界貿易機関(WTO)の会合で、韓国の代表が「日本が韓国向けの半導体の原材料などの輸出管理を厳しくした措置について、『正当な理由がなく、すべてが無効だ』と従来の主張を述べた」とNHKが報じている。 韓国 日本の輸出管理「すべてが無効だ」 WTOで発言 #nhk_news https://t.co/LJKLUbttEg — NHKニュース (@nhk_news) July 6, 2020 WTOの会合で韓国「すべて無効だ」と主張 日本政府は昨年7月から韓国向けの半導体の原材料など3品目の輸出管理を厳しくしていて、安全保障上、必要な措置であると繰り返し説明。これに対して韓国は、国際的な貿易ルールに違反しているとして、世界貿易機関(WTO)に提訴をしている。 韓国の今回の発言は、加盟国の貿易政策を議論する中で、日本に対して向けられたもので、これまで通りの主張を繰り返した。 これに対し日本側は、「安全保障上、問題がない輸出は許可しており、サプライチェーンに大きな影響はない」と、こちらも従来の主張を述べている。 米国は日本支持を鮮明 韓国に対する日本の輸出管理強化をめぐっては、すでにWTOの会合で米国が日本への支持を鮮明にしており、「安全保障上の問題」という日本の主張に理解を示している。米国がそう述べる以上、日本側に立つ国は他にも多くなるとみられ、この後韓国...more
カテゴリー:

【悲報】石の投げ合いでインド軍兵士20名死亡…棒と石で戦うヒマラヤに中国が武道家20名を派遣し追撃 - 07月07日(火)09:19  livejupiter

人間、最後はアタタタターなのか…。 ヒマラヤ山中で印中軍が石の投げ合いとなってインド兵20名が死亡し、第3次世界大戦の危機と騒がれる中、中国が武道家20名を前線の訓練に派遣し、兵力増強を図っているとBBCなどが伝えています。 衝突後の再三に渡る交渉で国境からの撤兵は大筋で合意に達したものの、細かい詰めの交渉は遅々として進んでいません。インドは国境に戦闘機を飛ばし(動画下)、地対空ミサイル防衛システム「 S-400」の納入時期を早めるようロシアに催促し、中国製アプリを使用禁止にする異例の対抗措置を講じています...
»続きを読む
カテゴリー:

中国、インドとの紛争ゾーンに武道家20人を派遣 - 07月06日(月)20:00  poverty

ヒマラヤ山中で印中軍が石の投げ合いとなってインド兵20名が死亡し、第3次世界大戦の危機と騒がれる中、中国が武道家20名を前線の訓練に派遣し、兵力増強を図っているとBBCなどが伝えています。 衝突後の再三に渡る交渉で国境からの撤兵は大筋で合意に達したものの、細かい詰めの交渉は遅々として進んでいません。 インドは国境に戦闘機を飛ばし(動画下)、地対空ミサイル防衛システム「 S-400」の納入時期を早めるようロシアに催促し、中国製アプリを使用禁止にする異例の対抗措置を講じています。 先にもお伝えしたように、印中各...
»続きを読む
カテゴリー:

【産経】対中制裁に慎重な政府…効果と反作用にらむ 香港国家安全法 - 07月05日(日)05:55  newsplus

 政府は「香港国家安全維持法」(国安法)を導入した中国に対し、1989年の天安門事件と同様の「遺憾」という強い表現で批判している。今後の香港情勢次第では表現をさらに強める可能性もあるが、天安門事件で行ったような対中制裁には極めて慎重だ。  「香港における国家安全維持法の制定は遺憾であり、わが国の立場は中国側に繰り返し伝えている」  菅義偉官房長官は3日の記者会見で、政府の姿勢をこう説明した。  政府はこれまで、中国が国安法制定の手続きを進めるにつれ、批判のトーンも段階的に引き上げてきた。...
»続きを読む
カテゴリー:

インド、TikTokなど中国アプリ使用禁止に 6月の両軍衝突で対抗措置か - 07月04日(土)17:57 

 インド政府が、中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」など59のアプリの使用を禁止した。中国企業を高速道路事業から締め出す方針も示す。中印国境問題が再燃し、6月に両軍が衝突してインド側に20人の犠牲者が出たことで対抗措置を取ったとみられている。
カテゴリー:

香港国家安全法への米国の対抗措置が半導体業界に重大な影響を及ぼす可能性 - 07月07日(火)19:05 

TrendForceは、米国の香港に対する優遇措置の一時停止を受け、その影響がどう半導体業界に波及するのかについての考察を披露した。
カテゴリー:

【領有権】石の投げ合いでインド軍兵士20名死亡…棒と石で戦うヒマラヤ紛争ゾーンに中国が武道家20名を派遣 - 07月07日(火)08:03  newsplus

人間、最後はアタタタターなのか…。 ヒマラヤ山中で印中軍が石の投げ合いとなってインド兵20名が死亡し、第3次世界大戦の危機と騒がれる中、中国が武道家20名を前線の訓練に派遣し、兵力増強を図っているとBBCなどが伝えています。 衝突後の再三に渡る交渉で国境からの撤兵は大筋で合意に達したものの、細かい詰めの交渉は遅々として進んでいません。インドは国境に戦闘機を飛ばし(動画下)、地対空ミサイル防衛システム「 S-400」の納入時期を早めるようロシアに催促し、中国製アプリを使用禁止にする異例の対抗措置を講じていま...
»続きを読む
カテゴリー:

ビラ散布団体代表が会見 「引き続き金正恩の頭の上に真実を落とす」 - 07月06日(月)19:31 

 北朝鮮へのビラ散布を続ける韓国の脱北者団体「自由北韓運動連合」の朴相学(パクサンハク)代表らが6日、ソウル市内で記者会見を開いた。ビラ散布への対抗措置として、北朝鮮は6月に南北共同連絡事務所を爆破し、南北間で緊張が高まったが、朴氏は「引き続き金正恩(キムジョンウン)(朝鮮労働党委員長)の頭の上に事
カテゴリー:

TikTokなど中国アプリ使用禁止に - 07月04日(土)23:18  news

インド政府が、中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」など59のアプリの使用を禁止した。 中国企業を高速道路事業から締め出す方針も示す。 中印国境問題が再燃し、6月に両軍が衝突してインド側に20人の犠牲者が出たことで対抗措置を取ったとみられている。  インド政府は6月29日、59のアプリの使用禁止を発表。大半が中国企業が提供するアプリで、 短文投稿サイト「微博(ウェイボー)」なども含まれる。 政府は「利用者情報が国外のサーバーに不正に流出しているとの報告がある」と説明した。  また、地元...
»続きを読む
カテゴリー:

米中対立は一段と激化確実 トランプ政権、新疆・香港制裁強化へ - 07月03日(金)11:07 

 米トランプ政権や議会の対中姿勢が硬化し、両国の対立の一段の激化が避けられなくなった。米政府は中国・新疆ウイグル自治区のイスラム教徒に対する人権侵害をめぐり中国高官に制裁を科す準備に入った。関係者が明らかにした。また、米下院は1日、香港国家安全法制の柱となる「香港国家安全維持法」草案を可決した中国への対抗措置として、銀行などを対象とした制裁法案を可決した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「対抗措置」の画像

もっと見る

「対抗措置」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる