「対中国」とは?

関連ニュース

超長射程がウリ! 噂のみだった「超巨大ミサイル」米軍主催の大規模演習でデビュー 対中国の切り札か?(乗りものニュース) - 07月12日(金)06:12 

 2024年7月3日、ハワイ沖で行われる国際海上演習であるRIMPAC(環太平洋合同演習)において、これまでわずかな目撃例しかなく、映像も不鮮明なものしか確認されていなかった、アメリカ海軍の空中発射型
カテゴリー:

台湾の対中機関トップが汚職疑惑で辞任 民進党の頼政権に打撃 - 07月08日(月)17:55 

 台湾の対中国窓口機関「海峡交流基金会」は7日、トップを務める鄭文燦(てい・ぶんさん)理事長(57)が辞任したと発表した。台湾メディアによると、地元検察が6日、鄭氏を北部・桃園市長在任時の汚職容疑で逮捕していた。同基金会は辞任について「組織の政務に影響が出るのを避けるため」としている。
カテゴリー:

【悲報】スマホアプリ「ガチ有能AI助手」からの悲しいお知らせ - 07月05日(金)23:08  poverty

!extend:default:default:1000:512:donguri=0/4 !extend:default:default:1000:512:donguri=0/4 対中国「核対峙の時代」に備える「真の日米同盟」とは 安倍総理の遺産、日本独自の反撃能力「通常兵力の大増強」が必要 https://news.yahoo.co.jp/articles/cdc8f05f04ea54328f8d0f66e2b00cc0ec72ffdf グーグルにポルノを生成できることがバレて終わった VIPQ2_EXTDAT: default:default:1000:512:donguri=0/4: EXT was configured ...
»続きを読む
カテゴリー:

助かったのに。。。中国バド選手の心不全死。AED財団が痛恨の極みを表明 - 07月03日(水)23:58  news

緊急メッセージ:「スポーツ現場の突然死」について 令和 6 年 7 月 2 日 公益財団法人日本AED財団 2024 年 6 月 30 日 インドネシアで開催されたバドミントン・アジアジュニア大会の試合中に悲しい出来事がありました。 日本対中国の団体戦第一試合中に中国選手が突然、コート上に倒れた、というものです。 選手は倒れたあと、その場での胸骨圧迫(心臓マッサージ)も AED の使用もないまま担架で運ばれ、残念ながら病院で死亡が確認されました。 17 歳という若い、有能な選手がスポーツ現場で突然死をとげたことは痛恨の極みで...
»続きを読む
カテゴリー:

選挙イヤーの欧米で「関心事の変化」とプーチン大統領「北朝鮮訪問」の波紋 - 06月27日(木)15:38 

アメリカ大統領選挙の第1回テレビ討論会を間近に控え、アメリカの有権者の関心事は「民主主義」から「インフレ」へと移ったと話題になっているそうです。今回のメルマガ『富坂聰の「目からうろこの中国解説」』では、多くの中国関連書を執筆している拓殖大学の富坂聰教授が、選挙が続く欧米で何が関心事となっているのか解説。外交面では、この1週間で最も注目されたプーチン大統領の北朝鮮訪問に触れ、両国間で結ばれた包括的戦略パートナーシップ条約に韓国が激しく反応した理由を伝えています。 激しい気候変動のなか、朝鮮半島とガザ、ASEANで展開された外交と変化を検証する 11月のアメリカ大統領選挙に向けたジョセフ・バイデン大統領とドナルド・トランプ前大統領の第1回のテレビ討論会まで1週間を切り、世界は「選挙イヤー」の熱気を否が応でも感じ始めた。欧州ではイギリスの選挙に続いてフランスの議会選挙も予定されている。 アメリカの有権者の最大関心事が「民主主義」から「インフレ」へと移ったことが多くのメディアで報じられ、欧州の選挙との共通点が注目された。 日本人が欧米の選挙を見ていてしっくりこないのは、経済への関心が同じように高くても「インフレ」とは「まだ無縁」だと多くの有権者が思っているからなのだろう。同じように欧米社会で関心の高い「移民・難民問題」や「気候変動問題」も、日本では馴染みのあるテーマとは言えない。日本のニュ...more
カテゴリー:

NATOとアジアの安全保障は「不可分」 日本との連携期待 駐日米大使 - 07月11日(木)19:34 

 ワシントンで開かれている北大西洋条約機構(NATO)の首脳会議について、エマニュエル駐日米大使が11日、東京都内で報道各社の取材に応じた。エマニュエル氏は北大西洋地域の安全保障と、対中国で緊張するインド太平洋地域の安全保障が「戦略的、地政学的に不可分になっている」と述べ、NATOと日本などの連携強
カテゴリー:

ぐらつくマクロン政権・バイデン政権…西側の「政治リーダーシップ」喪失で揺らぐ情勢(ハンギョレ新聞) - 07月08日(月)08:09 

 ウクライナ戦争とガザ戦争という「二つの戦争」で西側対中国・ロシアの陣営対決が激化する状況で、西側では政治的リーダーシップが失われている。保守およびリベラル主流勢力が敗退し、極右および右派ポピュリズム
カテゴリー:

【画像】貴殿らはこの「特製しおラーメン(950円税込)」にいくら払える? - 07月05日(金)18:35  poverty

!extend:default:default:1000:512:donguri=0/3 !extend:default:default:1000:512:donguri=0/3 対中国「核対峙の時代」に備える「真の日米同盟」とは 安倍総理の遺産、日本独自の反撃能力「通常兵力の大増強」が必要 https://news.yahoo.co.jp/articles/cdc8f05f04ea54328f8d0f66e2b00cc0ec72ffdf          ∧_∧   ┌────────────        ◯( ´∀` )◯ < …僕は、…僕は、…僕は!         \    /  └────────────        _/ __ \_       (_/   \_) VIPQ2_EXT...
»続きを読む
カテゴリー:

中国とイーロン・マスクの“近すぎる距離”。ウ国を救った「スターリンク導入」に台湾が消極的な理由 - 07月02日(火)04:45 

誰しもが侵攻数日でのロシア圧勝を覚悟したものの、予想を覆す戦いぶりを見せたウクライナ。その裏にはイーロン・マスク氏の「協力」があったことも広く知られている事実です。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、マスク氏がウクライナ戦争で果たした大きな役割りを改めて紹介。その上で、彼が抱えているとされる問題点を指摘・解説しています。※本記事のタイトル・見出しはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:イーロン・マスクの【 超軍事革命 】 ウクライナ戦争でイーロン・マスクが起こした「超軍事革命」 結末がどうなるかはともかく、ウクライナ軍がこの戦争で【 軍事革命 】を起こしたことは事実です。なんでしょうか?真っ先に思い浮かぶのは、キーウに進軍してきたロシアの戦車部隊を、歩兵携行式ミサイル・ジャベリンやドローンによって撃退したことでしょう。 しかし、はじめてドローンを戦闘に使い、【 軍事革命 】を起こしたのは、ウクライナではなくアゼルバイジャンでした。2020年のナゴルノカラバフ紛争で、アゼルバイジャンはドローンをフル活用し、アルメニア軍に圧勝したのです。「読売新聞オンライン」2020年12月21日付。 アゼルバイジャン領ナゴルノ・カラバフ自治州を巡る大規模戦闘で、アルメニア軍に圧勝したアゼルバイジャン軍の戦術が、軍用無人機(ドローン)を駆使し...more
カテゴリー:

こんなの見てる