「寺島進」とは?

関連ニュース

『べしゃり暮らし』怒涛の最終回!注目は、劇団ひとり仕込みの“ラスト漫才” - 09月14日(土)09:04 

人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”こと上妻圭右(間宮祥太朗)と、高校生ながら元プロ芸人の辻本潤(渡辺大知)の成長と奮闘を描いた青春ドラマ『べしゃり暮らし』(森田まさのり原作)の最終話が、9月14日(土)に放送される。©テレビ朝日とても俳優が演じているとは思えない本気の話芸が、放送開始から度々話題になってきた本作の漫才シーン。最終話ではこれまでにも増して、圭右と辻本のコンビ・べしゃり暮らしが、漫才をたっぷりと披露する。もちろんライバルコンビである、ニップレスや、るのあーるの漫才も存分にお届け。最終話は、芸人として豊富な経験を積んできた劇団ひとりが、演出にあたりながら俳優陣に指導をしてきた漫才の集大成、“べしゃり”が凝縮された回となる。©テレビ朝日そして更なる波乱の展開も。べしゃり暮らしの2人が、なんと解散の危機に陥ってしまう。『漫才新人グランプリ』の1次予選で、ハプニングにより辻本は、実力を出し切れなかった。そんな相方の様子を目の当たりにした圭右は、2次予選の舞台で、自身の持ち味であるアドリブを完全に封印。得意のアドリブ抜きで台本通りに漫才をするという“安全策”を講じた圭右に、辻本は不満を感じ、声を大にして気持ちを伝える。それをきっかけに、2人はついに大ゲンカへと発展。最後には、“俺、才能ないわ”と、辻本が圭右のもとを去る。圭右と辻本は、こ...more
カテゴリー:

【べしゃり暮らし】間宮祥太朗、トリオ芸人として新たなスタート!「漫才新人グランプリ」出場目指すが… - 09月07日(土)15:15 

人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”こと上妻圭右(間宮祥太朗)と、高校生ながら元プロ芸人の辻本潤(渡辺大知)の成長と奮闘を描いた青春ドラマ『べしゃり暮らし』(森田まさのり原作)。同作の第7話が、9月7日(土)に放送される。©テレビ朝日高校を卒業した圭右はひとり暮らしをはじめ、辻本(渡辺大知)とともにお笑い養成所YCAへ入学する。圭右は、辻本とのコンビを「べしゃり暮らし」と改名。さらに子安(矢本悠馬)のネタ作りの才能に気づき、3人でトリオとして若手芸人の登竜門「漫才新人グランプリ」への出場を目指すことに。YCAで新たに出会ったライバルたちに囲まれながらお笑いの修行に励む圭右だが、得意とするアドリブと子安のきっちり作ったネタとの間で葛藤し…?◆第7話あらすじ©テレビ朝日高校を卒業した圭右(間宮祥太朗)は、YCA(ヨシムラコミックアカデミー)への進学を機に、独り暮らしを始める。引っ越し当日、父・潔(寺島進)は、古い炊飯器を姉・しのぶ(徳永えり)に託すだけで顔も見せない。だが炊飯器には意外な形で父の思いがつまっていた…。圭右は、子安(矢本悠馬)の才能を見出し、ネタ作りを頼む。辻本(渡辺大知)とのコンビ名も“べしゃり暮らし”として新たにスタート!©テレビ朝日静代(小芝風花)や梵(浅香航大)らライバルも狙う若手芸人の登竜門「漫才新人グランプリ」での優勝...more
カテゴリー:

宝塚最強歌姫・RiRiKA、U-18四天王・鈴木杏奈ら参戦『THEカラオケ★バトル』選曲方法は早い者順 - 08月29日(木)19:25 

9月1日(日)の19時54分から放送の『THEカラオケ★バトル』(テレビ東京系)に、今最も勢いのある最強の16人が集結。各世代のカラオケ人気30曲から早い者順で選曲し、1対1のタイマン勝負を展開する。司会は、堺正章、ホラン千秋、繁田美貴(テレビ東京アナウンサー)。スタジオには、関根勤、松本伊代、寺島進、井森美幸がゲストで登場する。過去5年間のカラオケバトル出場者の中で、今最も勢いのある最強のプロアマ16人が集結。令和初のカラオケバトル統一王者が決定する。今回のバトルでは、視聴者からリクエストの多かった課題曲「カラオケボックスで歌うまに歌ってほしい人気曲・30曲」が準備されており、選曲方法はなんと、早い者順。予想のつかないハイレベルなバトルが繰り広げられる。出場者は以下の通り。<出場者1>1【史上初!世界大会2連覇を成し遂げたカラオケ王】カラオケ世界王者・海蔵亮太2【レディー・ガガを泣かせた歌声】感動で人を泣かせるような不思議な力をもつ・KIMIKA3【永遠の10歳!?不思議系和風アニソンシンガー】『FAIRY TAIL』のテーマソングを歌唱・Daisy×Daisy<出場者2>1【圧倒的声量を持つ高音オペラ歌手】日本初公演「ザザ」の主役を務めた・翠千賀2【エリートジャズシンガー】ミュージカルの舞台などで活躍・宮本美季3【民謡界の新ヒロイン】「民謡ガールズ」のメンバー・りお<出場者3>...more
カテゴリー:

小宮有紗、まさかの相手とキス!『べしゃり暮らし』最終回で、“大きな影響を与える”お笑い好き女性に - 09月13日(金)10:57 

人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”こと上妻圭右(間宮祥太朗)と、高校生ながら元プロ芸人の辻本潤(渡辺大知)の成長と奮闘を描いた青春ドラマ『べしゃり暮らし』(森田まさのり原作)。9月14日(土)の最終回に、声優や音楽もこなし、多彩に活動中の女優・小宮有紗の出演が決定。キスシーンを披露する。©テレビ朝日小宮有紗は女優として2010年に映画でデビュー。2016年にはアニメの声優としてスクールアイドルグループの活動を同時に始め、現在では海外でも脚光を浴びている。最近では、DJ小宮有紗としての活動を発表し、ダンスグループ・CYBER JAPAN DANCERS(サイバージャパン ダンサーズ)とのコラボグラビアでも大きな話題を呼ぶなど、そのマルチな活躍ぶりにも注目が集まる若手女優だ。◆まさかの相手とキス最終回となる14日(土)の放送では、『漫才新人グランプリ』での優勝を目指す圭右(間宮祥太朗)と辻本(渡辺大知)のコンビ・べしゃり暮らしが、その1次予選に出場する。今回、小宮が演じるのは岡本美里というお笑い好きの女性。出番を待つ辻本の前にあらわれ、彼がかつて静代(小芝風花)と組んでいたコンビ・SHIZU-JUNの頃からずっとファンだったと言い、にこやかに握手を求める。辻本も古くからのファンの応援に気を良くし、嬉しそうに握手に応じる。その後、客席から2人の...more
カテゴリー:

3時間ハダカでひたすら同じ姿勢!『べしゃり暮らし』で尾上寛之が役者魂みせる - 09月02日(月)17:05 

人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”こと上妻圭右(間宮祥太朗)と、高校生ながら元プロ芸人の辻本潤(渡辺大知)の成長と奮闘を描いた青春ドラマ『べしゃり暮らし』(森田まさのり原作)。同作で、主人公コンビ・圭右&辻本に大きな影響を与えるお笑いコンビ「デジタルきんぎょ」を演じる駿河太郎と尾上寛之。2人がみせる本物の漫才コンビさながらのネタと圧巻の演技が話題を呼んでいるなか、8月31日(土)に放送された第6話では、彼らに衝撃の展開が訪れた。◆3時間マネキン状態!?©テレビ朝日ピン芸人として妻の悪口をネタにし、息子にはひどく嫌がられていた藤川(尾上寛之)。しかし、NMC(ニッポン漫才クラシック)の準決勝では、一時は口さえきかなかった相方・金本(駿河太郎)と心をひとつにして会心の出来栄え。息子からも「お父ちゃん、ごっつおもろいな」と何ものにも代えがたい言葉をもらい、コンビ結成から苦節15年、念願の決勝への切符も手に入れた。父親としても芸人としても幸せの絶頂のなか、ひとり祝杯をあげていた藤川は酔いに任せて服を脱ぎ捨て、パンツ1枚でしんしんと雪の降る屋外へ。©テレビ朝日人通りのない階段に腰かけ、眠りに落ちたのが第5話(8月24日放送)のラストだった。続く第6話冒頭では、翌朝、藤川が遺体で発見されるという悲劇が…。実はこのシーンの撮影のため、尾上はなんと3時間...more
カテゴリー:

「寺島進」の画像

もっと見る

「寺島進」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる