「宮城県丸森町」とは?

関連ニュース

復興基本方針、月内に策定 宮城・丸森町長が記者会見 - 12月13日(金)06:05 

台風19号豪雨から2カ月となった12日、甚大な被害を受けた宮城県丸森町の保科郷雄町長が町役場で記者会見した。今月新設した復興推進室を中心に、復興に向けた町の基本方針を策定し、20日までの町議会12月定
カテゴリー:

台風19号 きょうで2か月 いまも不明の女性を捜索 宮城 丸森町 - 12月12日(木)11:56 

台風19号の豪雨から12日で2か月です。宮城県丸森町ではいまも行方がわかっていない女性の捜索が行われました。
カテゴリー:

台風19号で被災した宮城県内の国道349号、12月13日から通行可能に - 12月12日(木)10:00 

 国道交通省 東北地方整備局は12月11日、台風19号で被災した宮城県丸森町内の国道349号(約14km)について、12月13日に一般通行を再開することを発表した。宮城県管理の区間だが、大規模災害復興法に基づく権限代行により国の直轄で応急復旧を進めてきた。
カテゴリー:

台風19号 「この町にしかないお菓子で町に貢献」 宮城県丸森町の老舗和菓子店 - 12月11日(水)16:52 

 台風19号は12日で上陸から2カ月。宮城県丸森町で明治26(1893)年から続く老舗和菓子店・栄泉(えいせん)堂では、台風19号により町中心部にある丸森支店が腰の高さまで浸水し、被害額は500万~600万円に上る。それでも、同店は上陸翌日から生産工場を稼働。同店5代目の池田洋平さん(39)は「この苦境を乗り越え、お菓子を通じて今までよりも素晴らしい丸森にしたい」と意気込む。
カテゴリー:

東北最古・丸森の「猫神さま」土砂で不明もご無事 関係者、胸なで下ろす - 12月09日(月)09:18 

台風19号で甚大な被害を受けた宮城県丸森町に伝わる東北最古の「猫神さま」の石碑が、現地に残っていた。土砂にのまれたと思われていたが、研究者が現存を確認した。猫神さまは養蚕の守り神とされ、町内には日本一
カテゴリー:

【考古学】東北最古の「猫神さま」の石碑、泥の中から発見 台風19号で被害の丸森(画像あり - 12月12日(木)13:46  newsplus

台風19号で甚大な被害を受けた宮城県丸森町に伝わる東北最古の「猫神さま」の石碑が、現地に残っていた。土砂にのまれたと思われていたが、研究者が現存を確認した。猫神さまは養蚕の守り神とされ、町内には日本一多くの石碑と石像があり、町おこしに一役買っている。その象徴的な碑が失われずに済み、関係者はほっとしている。  東北最古の石碑が伝わるのは、土砂災害が発生した五福谷川沿いの中島地区・中島天神社境内。江戸時代後期の文化7(1810)年の年号と「猫神」の文字が刻まれている。丸まった猫の姿を彫った安政5(...
»続きを読む
カテゴリー:

へそ大根で再起へ一歩 台風19号の豪雨で収穫激減も作業進む 丸森・筆甫 - 12月12日(木)10:31 

宮城県丸森町筆甫地区で冬に作られる特産品「へそ大根」の生産量が、今年は台風19号の豪雨で大幅に減る見込みだ。加工に使う大根の畑に土砂が押し寄せた。地元農家グループ「ひっぽのへそ大根生産組合」は、地域が
カテゴリー:

宮城・丸森町の国道349号 被災の14キロ、13日開通へ - 12月12日(木)06:05 

東北地方整備局は11日、台風19号の豪雨で通行止めとなっていた宮城県丸森町の国道349号を13日午前7時に開通させると発表した。被災規模が大きく、県の要請で国が応急復旧工事を代行していた。 開通区間は
カテゴリー:

台風19号 丸森の仮設 21日入居可 町内6ヵ所、26日まで - 12月10日(火)06:05 

宮城県丸森町は8日、台風19号で被災しプレハブ仮設住宅に入居する住民を対象とした説明会を町内で開き、6カ所に建設する団地へ21〜26日に順次入居できるとのスケジュールを示した。 説明会は3回に分けて行
カテゴリー:

丸森・耕野地区の私有水道、復旧遠く 土砂崩れで配管や通路寸断 仮通水も資金難に - 12月08日(日)09:50 

台風19号で大きな被害を受けた宮城県丸森町耕野地区で、住民が管理運営する水道施設の復旧に見通しが立っていない。町の水道が通る他地区では復旧が進むが、耕野地区の水道は私有で町の手が及ばない。応急処置で断
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「宮城県丸森町」の画像

もっと見る

「宮城県丸森町」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる