「実証試験」とは?

関連ニュース

火力発電、運用を効率化 八戸など8カ所16基導入 - 05月29日(金)11:32 

東北電力は28日、最先端のデジタル技術を用いて火力発電所の運用効率を上げるシステムを開発し、3月までに八戸火力発電所(青森県八戸市)を含む8カ所、16基の発電所に導入したことを明らかにした。運転時の異常兆候を早期に検知して設備のトラブルを防ぐほか、熱効率が下がっている要因を特定し運転条件を改善することで、より安定的、効率的な運転につなげる。東北電は2017年から、東芝エネルギーシステムズ(本社・神奈川県川崎市)と共同で実証試験を進めてきた。設備の異常兆候を検知するシステムは、過去の膨大なデータ…
カテゴリー:

CCS大規模実証試験の報告書をとりまとめました - 05月15日(金)14:00 

経済産業省は、北海道苫小牧市におけるCCS大規模実証試験において、2019年11月に二酸化炭素の累計圧入量が目標である30万トンと達成しました。 地質、地球工学、機械・プラント安全工学等の有識者により議論をいただき、30万トン圧入時点での本実証試験において得られた成果と課題を「苫小牧におけるCCS大規模実証試験30万トン圧入時点報告書(以下、「総括報告書」)」 としてとりまとめましたので公表します。
カテゴリー:

中泊でスマート農業実証試験 - 05月22日(金)14:14 

青森県西北地域県民局は21日、情報通信技術(ICT)を用いて稲作の自動化を進める「スマート農業」の実証試験を、中泊町田茂木の水田で行った。試験は2019年度に続く取り組み。昨年度は田植え機の自動直進機能を実証したが、本年度は水田の地力に合わせて肥料の散布量を変化させ、食味や収量の向上が図られるかを検証する。県、県産業技術センター農林総合研究所、農機具メーカーなどが共同事業体を構成し試験に取り組んでいる。大規模農業を実践している十三湖ファーム(平山智久代表)が実証経営体として協力している。21日…
カテゴリー:

「実証試験」の画像

もっと見る

「実証試験」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる