「実施方針案」とは?

関連ニュース

IR開業時期 万博同時か先送りか 思惑交差 - 11月21日(木)22:16 

 大阪府市は21日、ライバルとなる他の自治体に先駆け、統合型リゾート施設(IR)の事業計画となる実施方針案を発表した。焦点となっていた2025年大阪・関西万博との同時開業については「目指す」という表現にとどめた。万博とIRの相乗効果を生み出すのが府市の理想だが、工期の重複や労働力確保の難しさから、全面開業は万博以降との見通しも強まる。
カテゴリー:

IR実施方針案を公表 大阪府市、1兆円投資に手応え - 11月21日(木)20:18 

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を進める大阪府市は21日、設置に意欲を示す3つのIR事業者から、そろって1兆円規模の投資提案がなされたと発表した。また府市の事業計画を定めた実施方針案も同日公表した。来月中に有識者からなる選定委員会を立ち上げ、事業者の公募を開始、来年6月ごろに決定する。
カテゴリー:

IR早期開業に難色、万博開催への影響懸念 事業者と財界 - 11月21日(木)19:34 

 大阪府・市が全国の自治体で初めて、統合型リゾート施設(IR)の事業計画の実施方針案を公表した。大阪府・市が目指していた万博とIRの同時開業をめぐっては、かねてから大阪参入を目指すIR事業者からは「短期工事では、全面開業は不可能」と懸念の声が上がっていた。万博との相乗効果を狙って早期のIR開業を目指したい行政側と、難色を示すIR事業者、関西財界側との間には溝がある。
カテゴリー:

IR誘致「検討」自治体も活動本格化 政府は支援姿勢を強調 - 11月21日(木)18:49 

 大阪府・市が全国の自治体で初めて、統合型リゾート施設(IR)の事業計画の実施方針案を公表し、事業者選定など本格的なIR誘致に着手したことで、まだ「検討段階」である北海道などの自治体や事業者の動きも活発になりそうだ。政府は、大阪府・市を皮切りに、誘致自治体が政府に申請する整備計画の策定を支援していく方針。政府幹部は「家庭教師役として計画策定の相談に乗りたい」と話している。
カテゴリー:

ギャラクシー・エンターテインメント、「日本で世界最高の統合型リゾートを開発できるよう努力」 ルイ副会長がコメント - 11月21日(木)15:15 

ギャラクシー・エンターテインメント・グループは、大阪府と大阪市による、大阪・夢洲地区特定複合観光施設区域整備実施方針案の公表を受け、フランシス・ルイ副会長がコメントを発表した。 ルイ副会長は、「ギャラクシー・エンターテインメント・グループでは、日本市場への参入を第一に考えており、これまで、8都市のRFIおよびRFCへの提案書を提出いたしました。最近では大阪府・市へのRFCの提案書を提出し、現在、横浜市の提案書を準備しています。今週、政府より2021年前半に行われる統合型リゾート施設の認定申請に関するスケジュールが発表されました。これを踏まえて、2020年には、各候補都市が事業者を決定することになりますが、当社では、日本で世界最高の統合型リゾートを開発できるよう一層の努力をする所存です。当社は、健全な財務体制のもと、世界クラスの統合型リゾート開発を行っており、日本においても、統合型リゾート開発・運営を行い、日本および世界中からの観光客をお迎えし、日本全体の観光振興に貢献したいと思っています。当社は、これまで培ってきた経験を通して、日本政府が目標として掲げる、世界最高峰の統合型リゾートおよびMICE施設を開発し、地方自治体、政府および日本の経済界にとって強力なパートナーとなれることを強く願っています。」とコメントした。 大阪・夢洲地区特定複合観光施設区域整備実施方針案によると、事業期間...more
カテゴリー:

万博同時か先送りか 思惑が交差するIR開業時期 - 11月21日(木)21:56 

 大阪府市は21日、ライバルとなる他の自治体に先駆け、統合型リゾート施設(IR)の事業計画となる実施方針案を発表した。焦点となっていた2025年大阪・関西万博との同時開業については「目指す」という表現にとどめた。万博とIRの相乗効果を生み出すのが府市の理想だが、工期の重複や労働力確保の難しさから、全面開業は万博以降との見通しも強まる。
カテゴリー:

大阪府市がIR実施方針案公表 誘致自治体で初「25年万博前目指す」 - 11月21日(木)19:45 

 大阪府と大阪市は21日、大阪・夢洲への誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)を巡り、事業者に求める条件を定めた実施方針案を公表した。誘致に乗り出している自治体では初めて。開業時期については「2025年大阪・関西万博前を目指す」と目標を記すにとどめた。来月示す公募の募集要項でも、具体的な時期
カテゴリー:

IR早期開業に難色、万博開催への影響懸念 事業者と財界 - 11月21日(木)19:22 

 大阪府・市が全国の自治体で初めて、統合型リゾート施設(IR)の事業計画の実施方針案を公表した。大阪府・市が目指していた万博とIRの同時開業をめぐっては、かねてから大阪参入を目指すIR事業者からは「短期工事では、全面開業は不可能」と懸念の声が上がっていた。万博との相乗効果を狙って早期のIR開業を目指したい行政側と、難色を示すIR事業者、関西財界側との間には溝がある。
カテゴリー:

IR誘致「検討」自治体も活動本格化 政府は支援姿勢を強調 - 11月21日(木)18:40 

 大阪府・市が全国の自治体で初めて、統合型リゾート施設(IR)の事業計画の実施方針案を公表し、事業者選定など本格的なIR誘致に着手したことで、まだ「検討段階」である北海道などの自治体や事業者の動きも活発になりそうだ。政府は、大阪府・市を皮切りに、誘致自治体が政府に申請する整備計画の策定を支援していく方針。政府幹部は「家庭教師役として計画策定の相談に乗りたい」と話している。
カテゴリー:

IR事業者に100億円超の保証金求める 大阪府市、撤退してリスク管理 - 11月21日(木)11:04 

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致をめぐり、大阪府市が事業者側に求める条件や事業計画を定めた実施方針案の概要が20日、関係者への取材で分かった。リスク管理として、事業者から保証金126億円を徴収することができたり、撤退した場合でも別事業者への承継や資産活用が可能となるよう協議できたりするとの条項を盛り込んだ。21日に正式に公表する。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「実施方針案」の画像

もっと見る

「実施方針案」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる