「実写化」とは?

関連ニュース

野村萬斎:池井戸作品で初のサラリーマン役「やっと回ってきた!」 主演… - 01月16日(水)21:42 

 人気作家の池井戸潤さんの傑作小説「七つの会議」を狂言師の野村萬斎さん主演で実写化した映画「七つの会議」(福澤克雄監督、2月1日公開)の完成報告記者会見が16日、東京都内で行われた。「半沢直樹」(T…
カテゴリー:

【芸能】『トレース』、原作ファンから「別モノ」との指摘殺到!ジャニーズドラマは原作離れしがち? - 01月14日(月)19:16  mnewsplus

7日にスタートした月9ドラマ『トレース?科捜研の男?』(フジテレビ系)について、原作ファンからの不満が噴出している。 錦戸亮主演の本作。漫画『トレース 科捜研法医研究員の追想』が原作で、作者の古賀慶氏が元科学捜査研究所の研究員ということもあり、漫画ではリアルな描写が評判を呼んでいた。 しかし、ドラマでは原作との違いが目立つ仕上がりに。原作ファンからは、ストーリーとの相違点が指摘されているほか、主人公・真野(錦戸)のキャラクターの違いにも批判の声が殺到。 また、刑事役を演じる船越英一郎が原作にはないパワ...
»続きを読む
カテゴリー:

これはガチで面白いと思う邦画 - 01月12日(土)23:13  poverty

漫画の“原作レイプ”続出で…名作邦画のリメイクブーム到来?「ぼくらの七日間戦争」「おくりびと」など! http://tocana.jp/ 毎年、何百という数の邦画作品が公開されているが、その中には漫画作品を原作にしている実写映画も多い。だが、中には原作の世界観をぶ ち壊すかのような作品も多く、ファンからは“原作レイプ”とも揶揄されることがあり、漫画の実写化には賛否が伴う。  そのような中、最近の映画やドラマの世界では、次なる一手を見据えて動くスタッフが多数いるという。 「以前から漫画ベースの映画は多いのですが...
»続きを読む
カテゴリー:

【調査】<漫画の実写化史上最高にぴったりだったキャストランキング>3位堂本剛(金田一一役)、2位阿部寛(ルシウス役)、1位は? ★2 - 01月12日(土)13:08  mnewsplus

世間では賛否が分かれる漫画の実写化。世界観や表現方法への賛否もありますが、キャストは特に話題になりますね。すでに漫画で視覚的に表現されているだけに、ぴったりなキャストを選ぶのは至難の技。 そこで今回は、漫画の実写化作品で最もぴったりだったと思うキャストについて探ってみました。 1位 野田恵(上野樹里) まさにのだめそのもの、『のだめカンタービレ』の「野田恵(上野樹里)」が堂々の1位に輝きました。 天性のピアノセンスを持ちながら将来の夢はプロの世界ではなく幼稚園の先生だった野田恵ことのだめ。大学...
»続きを読む
カテゴリー:

白石聖:実写ドラマ「I”s」にも出演 20歳の次世代ヒロインが振り袖姿 - 01月10日(木)13:05 

 女優の白石聖さんが、9日発売の雑誌「UTB+(アップトゥボーイ プラス)Vol.46」(ワニブックス)に登場。桂正和さんの人気恋愛マンガを実写化した連続ドラマ「I”s(アイズ)」で、メインヒロイン…
カテゴリー:

【芸能】光石研、連ドラ単独初主演に感無量 俳優人生を振り返る - 01月16日(水)20:09  mnewsplus

 俳優の光石研が16日、テレビ東京本社で行われたドラマ「デザイナー 渋井直人の休日」(テレビ東京系/毎週木曜深夜1:00~)の試写会&記者会見に出席し、本作をはじめ自身のデビュー作『博多っ子純情』との数奇な運命について語った。本会見には共演の黒木華、岡山天音、松本佳奈監督も出席した。  本作は、映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』の原作などで知られる漫画家・渋谷直角の同名コミックを実写ドラマ化。デザイナーとして洒落た日常をすごしながら、次々に現れるヒロインたちに翻弄されてい...
»続きを読む
カテゴリー:

「成田君とキスするとこう…」門脇麦主演映画の監督 - 01月14日(月)17:33 

女優門脇麦(26)が14日、東京・品川プリンスホテル Clun eXで行われた主演映画「チワワちゃん」(二宮健監督、18日公開)の公開直前イベントに出席した。 岡崎京子氏の同名漫画の実写化。「青春の爆発と終わり」をテーマに描く。ミキ(門…
カテゴリー:

NEWS、真木よう子主演『よつば銀行』OPテーマに決定!加藤シゲアキは出演も - 01月12日(土)22:14 

NEWSが、真木よう子主演の新ドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す! ~この女に賭けろ~』(テレビ東京系、1月21日スタート、毎週月曜22:00~)のオープニングテーマ「トップガン」を担当することが決定。本作のために書き下ろされた同曲は、“期待感”や“嵐がやってくる予感”を表現。キャッチーなイントロと軽やかなメロディは、本作、そして新しい1週間の“始まり”にふさわしい楽曲となっている。本作は、作・周良貨、画・夢野一子により1993年から1997年にかけて「モーニング」(講談社)で連載された漫画作品が原作。真木が演じる都市銀行で働く女性総合職の主人公・原島浩美が、大胆な発想と行動力で業績不振の支店の立て直し等を手掛け、上り詰める様子を描いた作品で、20年の時を経て初の実写化となる。また今回、1話、2話、3話に出演するゲスト出演者も明らかに。1話に神谷隆彦役で出演する平岡祐太は「経済のことや様々な企業に興味を持ってちょうど勉強していたので、出演できてすごく嬉しいです。私の演じる隆彦は、同族経営で、自分には経営の才能がないと悩み、お金も地位もあるけど、本当に自分のやりたいことができない。空虚な感じがします。ビジネスの世界にも様々なドラマがあって楽しんで頂けると思います。そしてなにより、原島浩美のモノ申しは爽快です!」とコメント。ほかに、山田明郷、萩尾みどりが出演する。また、2話には稲岡...more
カテゴリー:

【調査】<漫画の実写化史上最高にぴったりだったキャストランキング>3位堂本剛(金田一一役)、2位阿部寛(ルシウス役)、1位は? - 01月12日(土)08:23  mnewsplus

世間では賛否が分かれる漫画の実写化。世界観や表現方法への賛否もありますが、キャストは特に話題になりますね。すでに漫画で視覚的に表現されているだけに、ぴったりなキャストを選ぶのは至難の技。 そこで今回は、漫画の実写化作品で最もぴったりだったと思うキャストについて探ってみました。 1位 野田恵(上野樹里) まさにのだめそのもの、『のだめカンタービレ』の「野田恵(上野樹里)」が堂々の1位に輝きました。 天性のピアノセンスを持ちながら将来の夢はプロの世界ではなく幼稚園の先生だった野田恵ことのだめ。大学...
»続きを読む
カテゴリー:

池松壮亮×新井英樹「宮本から君へ」映画化決定 ヒロインは蒼井優、人気エピソードを実写化へ - 01月10日(木)07:00 

池松壮亮主演で新井英樹氏の名作漫画をドラマ化した「宮本から君へ」が映画化されることになり、今秋に全国公開されることがわかった。ドラマ版にも出演した蒼井優がヒロイン役を担うほか、同じく演出を手がけ...
カテゴリー:

もっと見る

「実写化」の画像

もっと見る

「実写化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる