「官製談合防止法違反」とは?

関連ニュース

神埼市官製談合事件 市長不在、異例の開会 定例議会 冒頭から副市長ら陳謝 - 02月22日(木)23:20 

神埼市の2月定例議会が22日開会した。ふるさと納税事業を巡って市長の内川修治容疑者(71)が官製談合防止法違反で逮捕されたのを受け、政策的色合いの強い事業を計上しない「骨格予算」に組み替えた2024年度一般会計当初予算案など26議案を上程。平方利郎副市長ら執行部が議場で「行政に対する信頼を大きく損ねた」と陳謝するなど、トップ不在の中、異例の開会となった。 平方副市長は、開会に先立ち「市政をけん引する市長が逮捕され、市民の皆さまに多大なるご迷惑をおかけし、心からおわび申し上げる」と述べた。
カテゴリー:

神埼市長逮捕余波 市当初予算案、異例の組み替え 13億円減額、61事業に影響 - 02月21日(水)06:31 

ふるさと納税を巡って内川修治市長が官製談合防止法違反などの容疑で逮捕された神埼市は20日、2024年度一般会計当初予算案を発表した。市長逮捕を受けて新規事業などを計上しない「骨格予算」に急きょ組み替え、当初の予定額から約13億3千万円を減額。逮捕日以降の市長の給与や期末手当の支給をストップする条例改正案を準備するなど“異例”の対応に追われた。 予算案の総額は214億8700万円(前年度当初比2・7%増)。
カテゴリー:

神埼市官製談合事件 逮捕の市長、業者事務所を訪問 審査当日、情報漏えいか - 02月21日(水)06:00 

神埼市のふるさと納税を巡って官製談合防止法違反(入札妨害)などの疑いで逮捕された市長の内川修治容疑者(71)が、委託業者を選定するプロポーザルを実施中に参加業者の「ブルー・フラッグ」の事務所に出向いていたことが20日、関係者への取材で分かった。内川容疑者は訪問直前に入手したプロポーザルに関する資料を持参したとみられ、佐賀県警は情報を漏えいさせた可能性も含めて捜査している。
カテゴリー:

<デスクノート>ふるさと納税の功罪 - 02月18日(日)06:00 

あるイベントで見かけた時、会場を見て回りながら談笑するなど特に変わった様子はうかがえなかった。10日後、その人は官製談合防止法違反などの疑いで逮捕された。神埼市のふるさと納税PR事業の業者選定を巡る官製談合事件は、市長逮捕の事態となった。「そんなことをする人とは…」。この数日、驚きや戸惑いの声を耳にした。 市長就任後、力を入れてきた事業の一つがふるさと納税。制度スタートから16年となるが、2022年度の全国の寄付総額9654億円は過去最高だった。
カテゴリー:

神埼市官製談合事件 市長、委託料の増額指示 代表逮捕の業者、利益に - 02月16日(金)06:30 

神埼市の官製談合事件を巡り、市長の内川修治容疑者(71)=官製談合防止法違反などの容疑で逮捕=が、ふるさと納税PR強化事業の業務委託料を当初設定した割合から引き上げるよう担当部署に指示していたことが15日、分かった。委託料は増額されて島由美子容疑者(62)=公競売入札妨害容疑で逮捕=が代表取締役を務める会社「ブルー・フラッグ」に支払われる形となった。 市などによると、ふるさと納税の業務は1社が請け負っていたが、内川容疑者が「PR強化」の部分を切り離して業務委託することを提案した。
カテゴリー:

神埼市官製談合事件 市長逮捕、区長から批判相次ぐ 「激しい憤り」「なぜ起きた」 - 02月22日(木)05:30 

神埼市のふるさと納税事業を巡って市長の内川修治容疑者(71)が官製談合防止法違反などの容疑で逮捕されたのを受け、市は21日、臨時区長会を開いた。執行部が経緯を説明し、区長からは「激しい憤りを感じる」「恥ずべき事件がなぜ起きたのか」などの批判が相次いだ。区長会として住民監査請求を行う意向も示された。 各地区から95人が参加した。平方利郎副市長は「市長に一番近いところにいながら本当に申し訳ない。今後こうしたことのないように努める」と謝罪した。
カテゴリー:

神埼市長逮捕余波 市当初予算案、異例の組み替え 13億円減額、61事業に影響 - 02月21日(水)06:30 

ふるさと納税を巡って内川修治市長が官製談合防止法違反などの容疑で逮捕された神埼市は20日、2024年度一般会計当初予算案を発表した。市長逮捕を受けて新規事業などを計上しない「骨格予算」に急きょ組み替え、当初の予定額から約13億3千万円を減額。逮捕日以降の市長の給与や期末手当の支給をストップする条例改正案を準備するなど“異例”の対応に追われた。 予算案の総額は214億8700万円(前年度当初比2・7%増)。
カテゴリー:

神埼市官製談合事件1週間 業者選定、逮捕の市長主導 「前のめり」の背景、佐賀県警捜査 - 02月20日(火)06:00 

神埼市のふるさと納税を巡り、市長の内川修治容疑者(71)が官製談合防止法違反(入札妨害)などの疑いで逮捕されてから20日で1週間。業務の委託先を決めるプロポーザルで、市長選で応援を受けた業者に有利に働くよう主導したとみられる。選定を促す“天の声”と取れる発言をしていたことも判明し、業者を参入させるのに執心する姿勢が浮かび上がった。自治体トップが前のめりになった背景も含め、佐賀県警は全容解明を進めている。 「ふるさと納税50億」。
カテゴリー:

神埼市官製談合事件 市長、審査配点の変更指示 逮捕代表の業者、有利に - 02月17日(土)06:00 

神埼市のふるさと納税を巡り、官製談合防止法違反(入札妨害)などの疑いで逮捕された市長の内川修治容疑者(71)が、委託業者を選定するプロポーザル(企画競争)で審査の採点表の変更を指示していたことが16日、分かった。島由美子容疑者(62)=公競売入札妨害容疑で逮捕=が代表取締役を務める「ブルー・フラッグ」に有利な配点になったとみられ、最終的に同社が受託した。
カテゴリー:

神埼市官製談合事件 市長、選考前日に評価委員と面会 ふるさと納税事業 審査会で地元企業選定促す - 02月16日(金)05:00 

神埼市のふるさと納税を巡って官製談合防止法違反(入札妨害)などの疑いで逮捕された市長の内川修治容疑者(71)が、プロポーザル(企画競争)で審査する評価委員を選考前日に訪ねて面会していたことが15日、関係者への取材で分かった。事前に市職員から全委員の氏名を聞き出していた。佐賀県警は委託業者の選定過程で内川容疑者がどのように関与してきたか捜査を進めている。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる