「安全最優先」とは?

関連ニュース

【特集2】意識向上へ「7原則」導く 安全文化醸成活動が奏功 月別に重点行動を周知 東芝エネルギーシステムズ京浜事業所 - 12月10日(火)05:11 

 災害を未然に防止するためには事業所全体の安全意識を高め、従業員一人ひとりの安全感度を高める必要がある。東芝エネルギーシステムズ㈱京浜事業所(神奈川・横浜市)では、事業所長をトップに各部長からなるワーキンググループを結成し、意識向上につながる「安全文化の7原則」を導き出した。同社では「安全最優先の価値観」「トップのリーダーシップ」などの7つの原則のもとに「安全文化醸成活動」に取り組んでいる。具体的……[続きを読む]
カテゴリー:

栗栖工業 西村真人が金賞を受賞! ~第57回技能五輪全国大会 とび職種にて受賞~ - 11月20日(水)12:00 

有限会社栗栖工業(本社:山口県宇部市船木1236番地、以下 当社)は、2019年(令和元年)11月15日~18日に開催された【第57回技能五輪全国大会(愛知県)とび職種】に於いて、社員の西村真人(にしむらまさと22歳)が出場し、見事「金賞」を獲得しました。当社では、2012年(平成24年)~2018年(平成30年)までの7年間、技能五輪全国大会とび職種競技にて連続入賞を果たし、今年の入賞により8年連続入賞を達成することとなり、これは同時に技能五輪全国大会 とび職種競技の山口県の連続入賞記録となりました。■受賞者コメント金賞受賞 西村真人(22歳)のコメント入社した時から、弱い自分を変えたいと思っていましたし、技能五輪出場に向けて練習をしている先輩を見ていて、自分も出場して賞が取りたいと思いました。参加を勧められた時は金賞獲得しかないと思っていました。出場が決まってからは、練習を重ねるごとに不安と期待で戸惑いましたが、自分の技量が評価されるだけで無く、これまでの先輩達が築いてきた記録更新へのチャレンジでもあるので、自分の事だけではなく会社の記録にもかかわる重大な責任を感じ、練習に没頭するしかないと頑張りました。練習では、速さと正確さ、安全性を最優先した作業手順を考え、日頃の現場作業での気の使い方とは違い、かなり神経を使いました。基準柱の建て方、番線のしめ方、釘打ちなど、全てに苦労しま...more
カテゴリー:

「安全最優先」の画像

もっと見る

「安全最優先」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる