「安全帯」とは?

関連ニュース

安全帯の規格を全面改正 新たに「自由落下距離」を追加 厚労省【2019年上半期 よく読まれた記事】 - 08月17日(土)06:00 

労働新聞社Webサイトに掲載した記事で、2019年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 安全帯の規格を全面改正 新たに「自由落下距離」を追加 厚労省 2019年02月12日【安全スタッフ】  厚生労働省は2月1日、「安全帯の規格」を全面的に改正した「墜落制止用器具の規格」の施行・適用を開始した。国際標準化機構(ISO)の規格との整合性を図るために行われたも……[続きを読む]
カテゴリー:

安全帯買換えを補助 新規格への対応で 厚労省・来年度【2019年上半期 よく読まれた記事】 - 08月14日(水)10:01 

労働新聞社Webサイトに掲載した記事で、2019年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 安全帯買換えを補助 新規格への対応で 厚労省・来年度 2018年10月19日【労働新聞ニュース】  厚生労働省は来年度、建設業などの高所作業で使用できる「安全帯」の構造規格が同年2月に改正されるのを受けて、新規格に適合していない既存の安全帯の買換えを対象とした補助金事業……[続きを読む]
カテゴリー:

次世代足場のタカミヤ:建設資材展2019出展報告 「体感」で現場に役立つ製品へのタッチポイントを創出 - 08月07日(水)13:00 

2019年8月7日 株式会社タカミヤ 次世代足場のタカミヤ、建設資材展2019 出展報告 「体感」のコンセプトで、現場に役立つ製品へのタッチポイントを創出  足場をはじめとする仮設機材の開発・製造・販売・レンタルを行う株式会社タカミヤ(以下タカミヤ、本社:大阪市北区、代表取締役会長兼社長:髙宮一雅)は、2019年7月24日からの3日間、東京ビッグサイトにて開催された「建設資材展2019」に出展しました。この展示会は、建設に関わる機材・機械等が集まる国内屈指の総合見本市であり、3日間で45,199人と多くの来場者が訪れました。  タカミヤブースにおいては、仮設機材のほか次世代を担う数々の製品の中で、「体感」をテーマに実際に触れて動かすことができる製品が注目を集めました。会期中は多くのお客様にご来場をいただき、誠にありがとうございました。   ■注目を集めた出展製品と今後の展望 【Aウォーク】 アルミニウム合金の使用により、鋼製布板「GウォークⅢ」と比較すると30%の軽量化を実現した布板で重量は9.4kg。布板表面には凹凸をつけノンスリップ加工を施しました。フックにも本体より高強度のアルミを採用して堅牢性を高め軽量化に貢献しています。 女性のお客様には、「私でも持てる」と実際の軽さを体験し納得された方が多くおられました。 ◇担当者コメント:製品化・量産化にはまだクリアする...more
カテゴリー:

【悲報】51歳お父さん、5mの高さの遊具から落ちて死亡 - 08月06日(火)07:30  livejupiter

 5日午前11時50分ごろ、栃木県那須町の遊園地「那須ハイランドパーク」の屋内施設で、約5メートルの高さからサンドバッグのようなものに飛び移る遊具で遊んでいた男性が転落した。 男性は頭を強く打っており、搬送先の病院で死亡した。  県警那須塩原署によると、死亡したのは相模原市緑区の自営業、横尾一範さん(51)。家族と遊びに来ていたという。  那須ハイランドパークによると、男性が遊んでいたのは、クライミングなどが楽しめる屋内施設「ノボランマ」内にある「リープ・オブ・フェイス」という遊具。 はしご...
»続きを読む
カテゴリー:

高所頻度高い職種優先 フルハーネス型安全帯で補助金 厚労省【2019年上半期 よく読まれた記事】 - 08月16日(金)10:02 

労働新聞社Webサイトに掲載した記事で、2019年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 高所頻度高い職種優先 フルハーネス型安全帯で補助金 厚労省 2019年03月26日【安全スタッフ】  厚生労働省はこのほど、法改正に適合するフルハーネス型墜落制止用器具への切り替えを促進する補助金事業の実施要領を明らかにした。対象となるのは、中小企業基本法に規定する中小……[続きを読む]
カテゴリー:

安全標識を全面改訂 「安全帯使用」は親綱強調 建災防が外国人対策で - 08月13日(火)07:34 

 建設業労働災害防止協会はこのほど、昭和58年に制定した「建災防統一安全標識」を全面改訂した。今後、建設現場で多くの外国人労働者が就労することが見込まれ、「安全の見える化」を推進することが重要と考えたためだ。「安全帯使用」の安全標識では、フルハーネス型の墜落制止用器具への対応を行い、親綱の位置を上に移動させたとしている=写真。……[続きを読む]
カテゴリー:

安全帯のフック取り付ける設備なく送検 労働者が18メートル墜落 佐世保労基署 - 08月06日(火)10:12 

 長崎・佐世保労働基準監督署は、平成30年10月に発生した死亡労働災害に関連して、造船業の㈲糸山ステージ工業(長崎県佐世保市)と同社現場責任者を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で長崎地検佐世保支部に書類送検した。  労災は、佐世保市内の造船所構内で発生している。同社労働者が地上からの高さ18メートル付近において、足場の組立て作業を行っていたところ墜落している。  同社……[続きを読む]
カテゴリー:

51歳のオッサン、遊具から転落して死亡 - 08月05日(月)23:14  poverty

  51歳男性遊具から転落し死亡  2019年08月05日  5日午前11時50分ごろ、栃木県那須町の遊園地「那須ハイランドパーク」の屋内施設で、 約5メートルの高さからサンドバッグのようなものに飛び移る遊具で遊んでいた男性が転落した。 男性は頭を強く打っており、搬送先の病院で死亡した。  県警那須塩原署によると、死亡したのは相模原市緑区の自営業、横尾一範さん(51)。 家族と遊びに来ていたという。  那須ハイランドパークによると、男性が遊んでいたのは、 クライミングなどが楽しめる屋内施設「ノボラン...
»続きを読む
カテゴリー:

「安全帯」の画像

もっと見る

「安全帯」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる