「安全保障環境」とは?

関連ニュース

【書評】日本の「死の商人」を衰退させたら中国が発展した皮肉 - 09月17日(火)21:36 

各国が自らの主張をより声高に訴えるようになった昨今、国家運営や外交において常に難しい舵取りを迫られている日本政府。「安全保障環境」についてはあまりオープンに語られないのが現状ですが、目を背け続けることができないのもまた自明の理です。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』では編集長の柴田忠男さんが、そんな重要事案について安全保障の専門家が語り尽くす一冊をレビューしています。 偏屈BOOK案内:渡部悦和・江崎道朗『言ってはいけない!? 国家論』 『言ってはいけない!? 国家論』渡部悦和・江崎道朗 著/扶桑社 渡部悦和は日本戦略研究フォーラム・シニアフェロー。江崎道朗は評論家。経済は常に政治(国家の意思)に翻弄される。それを前提に、外国の思惑にいかに適切に対処するのか、経国の大計を論じ合う。日本はなぜ当事者能力を失ってしまったのか。一方でなりふりかまわず相手国に攻勢をしかけるアメリカや中国は、なぜそのようなことができるのか。安全保障の専門家に聞く。 以下、多くのテーマを語り合う中から、防衛費についての両者の発言内容をミックスし、整理してみる。 国防費増は国家の意志である。国防産業を重荷だと考えたらダメだ。ネガティブなものではなく、成長産業だと考えるべきである。例えば5Gでも、AIでも、ロボットでもそうだが、他国はこの分野をひとつの有力な産業だと捉えて、国防予算...more
カテゴリー:

「日米同盟強化に取り組む」 茂木外相、直近課題は日米貿易交渉 - 09月12日(木)11:39 

 【東京】茂木敏充外相は11日の就任会見で、日米関係について「北朝鮮情勢はじめ地域の安全保障環境が一層厳しさを増す中で、日米同盟の重要性は一層高まっている」と指摘し、さらなる「日米同盟の強化」に向けて取り組む姿勢を示した。直近の課題として日米貿易交渉に全力を尽くすと述べた。  日米同盟については「...
カテゴリー:

韓国「反日・離米」で安保激変も…安倍首相“本格政権”に向け内閣改造へ 岩屋防衛相は交代濃厚、河野外相は微妙?“ポスト安倍”岸田政調会長は… - 08月31日(土)15:00 

安倍晋三首相が9月に実施する内閣改造・自民党役員人事をめぐって動き出した。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、東アジアの安全保障環境を激変させかねない「反日・…
カテゴリー:

韓国GSOMIA破棄を機に「憲法改正」を進めよ アパ・元谷代表が激白「北主導で朝鮮統一なら『核兵器持った反日国家』出現も」 - 08月29日(木)20:34 

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したことで、日本の安全保障環境が激変する可能性が出てきた。国内最大のホテルネットワークを持つアパグループの代表で、保守系言論人としても活躍する元谷外志雄(もとや・としお)氏が、東アジア情勢と憲法改正について語った。
カテゴリー:

韓国GSOMIA破棄、自民会議で批判続出 政府にも注文 - 08月28日(水)20:25 

 韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことを受け、自民党は28日、外交部会や国防部会などの合同会議を開いた。出席議員は、日米韓の連携や地域の安全保障環境を考慮しない韓国側の一方的な対応を厳しく批判。国際世論を味方につけるため、政府に情報発信を強化するよう求める意見が上がった。
カテゴリー:

河野防衛相が訓示、北朝鮮と中国の脅威訴え - 09月12日(木)17:51 

外相からの横滑りで就任した河野太郎防衛相は12日午後、防衛省で儀仗(ぎじょう)隊の栄誉礼を受けた後、着任式に臨んだ。幹部職員や自衛官に「厳しい安全保障環境下にあ…
カテゴリー:

「韓国ホワイト国外し」寄稿文で河野太郎氏が犯した致命的なミス - 09月12日(木)04:30 

9月4日、積極的な海外訪問外交やSNS発信で定評のある河野太郎外相が、激化する日韓関係問題の本質を以前の日本外交になかった切り口で解説した寄稿文が米国メディアに掲載されました。今回の無料メルマガ『日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信』ではAJCN Inc.代表で公益財団法人モラロジー研究所研究員の山岡鉄秀さんが、寄稿文のプラス面とマイナス面について詳しく解説しています。 痛い!惜しい!河野太郎外相のブルームバーグ寄稿文を解析する! 全世界のアメ通読者の皆様、山岡鉄秀です。 河野太郎外相が、韓国ホワイト国外し問題についてブルームバーグ紙に寄稿したことが話題になっています。 これまで、日本の外務大臣が積極的に海外発信したことは皆無に等しかったのですから、画期的な試みだったと言えるでしょう。 ネット上にも河野大臣を称賛する声が相次いでいます。外国人の友人から、「これでよくわかった」と言われたという喜びの声もありました。 では、その河野大臣の寄稿文を分析してみましょう。 最初に私の評価の結論を述べると、「これまでになく事実に踏み込んでいる点は評価できるが、なんとも痛い点と惜しい点がある」です。 「2019年9月4日 日韓間の真の問題は信頼-河野太郎外相」 寄稿文はまず、現在の日韓関係が、第二次大戦中の旧朝鮮半島出身労働者に関して、1965年の国交正常化に伴って両国間で結ばれた合意を韓国が一...more
カテゴリー:

概算要求出そろう 社会保障費、防衛費が膨らみ105兆円程度に - 08月30日(金)22:38 

 2020年度予算編成に向けた各省庁の概算要求が30日、出そろった。一般会計の要求総額は105兆円程度となり、6年連続で100兆円を超えた。過去最大だった19年度の概算要求102・8兆円を上回り、2年連続で更新した。高齢化に伴う社会保障費増加や安全保障環境の厳しさから防衛費が膨らんだのが主因。財務省
カテゴリー:

韓国GSOMIA破棄を機に「憲法改正」を進めよ アパ・元谷代表が激白「北主導で朝鮮統一なら『核兵器持った反日国家』出現も」 - 08月29日(木)15:30 

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したことで、日本の安全保障環境が激変する可能性が出てきた。国内最大の…
カテゴリー:

「安全保障環境」の画像

もっと見る

「安全保障環境」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる