「安倍晋三首相」とは?

関連ニュース

【憲法改正】#安倍晋三首相、憲法改正「20年施行」を断念 「21年9月までに国民投票」に修正 - 12月07日(土)06:19  newsplus

首相、憲法改正「20年施行」を断念 「21年国民投票」に修正 毎日新聞2019年12月7日 02時00分(最終更新 12月7日 02時05分) https://mainichi.jp/articles/20191204/k00/00m/010/181000c  安倍晋三首相は憲法改正を巡り、自らが目指した「2020年改正憲法施行」を断念した。相次ぐ閣僚の辞任や首相主催の「桜を見る会」の問題で野党の反発が高まり、改憲の手続きを定める国民投票法改正案の成立が見送られ、20年施行が困難となったためだ。首相は自民党総裁任期が満了する21年9月までに国民投票実施を目指す目標に事実上修正する方針...
»続きを読む
カテゴリー:

【警戒】 安倍カス、2日連続公邸にお泊り - 12月07日(土)00:43  poverty

首相動静(12月6日) 2019年12月06日22時06分  午前8時現在、公邸。朝の来客なし。  午前8時51分、公邸発。同52分、官邸着。  午前9時3分から同18分まで、閣議。  午前9時21分から同26分まで、萩生田光一文部科学相。同27分から同28分まで、森雅子法相。 <略>  午後6時50分から同7時6分まで、オルバン首相と首脳会談少人数会合。同8分から同28分まで、署名式、共同記者発表。  同29分、官邸発。同30分、公邸着。安倍晋三首相主催の夕食会。  午後8時56分から同58分まで、...
»続きを読む
カテゴリー:

北村国家安全保障局長、中国副主席と会談 - 12月06日(金)23:02 

 中国を訪問中の北村滋国家安全保障局長は6日、北京で中国の王岐山国家副主席と会談した。安倍晋三首相が日中韓首脳会談に出席するため今月23~25日に訪中する際、習近平国家主席と会談する準備を進めることを確認した。
カテゴリー:

【安倍vs菅】終末期に入った安倍政権を揺さぶる分断と対立 朝日論座 - 12月06日(金)22:53  newsplus

週末政治 https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019120400010.html 終末期に入った安倍政権を揺さぶる分断と対立 首相の親衛隊チームと一般行政官僚チームとの間で高まる緊張関係 牧原出 / 東京大学先端科学技術研究センター教授(政治学・行政学) 2019年12月06日  野党の国会延長要求を自民、公明両党が拒否したため、臨時国会は6日、事実上、閉幕する。「桜を見る会」をめぐり、野党の攻撃の矢面に立たされてきた安倍晋三首相にすれば、ひとまず追及から逃れたかたちだ。とはいえ、事態は依然、収まる気配をみ...
»続きを読む
カテゴリー:

安倍首相、84年にジャパンライフ元会長と一緒にニューヨーク訪問 - 12月06日(金)21:35  news

安倍晋三首相が、84年9月、父の安倍晋太郎外相(当時)の秘書官として、「ジャパンライフ」(経営破綻)の山口隆祥元会長とともに米ニューヨークを訪問していたことが6日、分かった。 野党追及本部の会合で、外務省が当時の渡航記録を調べた結果、首相の名前があったことを認めた。 首相は2日の国会答弁で山口氏との個人的関係を否定したが、野党は「虚偽答弁だ」と指摘。 9日に国会が閉会したとしても、追及を続ける構えだ。 野党追及本部の会合に出席した外務省の担当者は、「安倍晋太郎外相が、国連総会出席のために(ニュー...
»続きを読む
カテゴリー:

首相、憲法改正「20年施行」を断念 「21年国民投票」に修正 - 12月07日(土)02:05 

 安倍晋三首相は憲法改正を巡り、自らが目指した「2020年改正憲法施行」を断念した。相次ぐ閣僚の辞任や首相主催の「桜を見る会」の問題で野党の反発が高まり、改憲の手続きを定める国民投票法改正案の成立が見送られ、20年施行が困難となったためだ。首相は自民党総裁任期が満了する21年9月までに国民投票実施を
カテゴリー:

ジャパンライフ元会長と安倍氏、84年の外相外遊に同行 - 12月07日(土)00:20 

 消費者庁から行政指導を受けたジャパンライフの山口隆祥・元会長が「桜を見る会」に招待されたとされる問題に絡み、野党が、安倍晋三首相の「山口氏と個人的な関係はない」との答弁に疑念を強めている。山口氏が同…
カテゴリー:

首相、ジャパンライフ元会長と面識の可能性 父との面会時に同行 - 12月06日(金)22:59 

 預託商法を展開した「ジャパンライフ」(東京)の山口隆祥元会長が、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」に「首相枠」で招待されていた疑惑を巡り、首相と山口氏は35年前から面識があった可能性が浮上した。首相の父、故晋太郎元外相は1984年に米国で山口氏と面会しており、首相は外相秘書官として同行していた。
カテゴリー:

【ネトサポ】安倍をアクロバティック擁護し反対者をパヨク認定する自民党ネット工作部隊の素性 - 12月06日(金)21:50  news

 11月20日、ついに憲政史上最長の在任日数となった安倍政権。 森友問題や加計問題など、これまでも数々の騒動があったにもかかわらず、「安倍一強」を保てたのはなぜなのか。それは、官邸でも自民党でもなくただ安倍晋三首相だけに尽くす“私兵”たちの支えによるものだった。  桜を見る会の私物化問題で安倍首相への批判が強まると、ネットでは、国会で追及に立つ野党議員や、首相に批判的なテレビ番組を攻撃する書き込みが拡散している。  そうした安倍擁護のネット論調を主導するための組織が、「自民党ネットサポーターズクラ...
»続きを読む
カテゴリー:

元朝日新聞政治部長が激白! 「ジャパンライフ」顧問務めた理由は… 「桜を見る会」めぐり批判も - 12月06日(金)21:28 

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」をめぐり、左派野党やメディアが批判を続けている。悪質なマルチ商法で経営破綻した「ジャパンライフ」の山口隆祥(たかよし)元会長が2015年の同会に招待されたことが問題視されているが、何と同社は、元朝日新聞政治部長の橘優(たちばな・まさる)氏を顧問に迎え、テレビや新聞で知られる政治評論家や解説委員らとの懇親会(勉強会)を、マルチ商法の宣伝に利用していた。この事実を、日本消費経済新聞が昨年2月5日付紙面でスクープした。夕刊フジは、橘氏を直撃した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「安倍晋三首相」の画像

もっと見る

「安倍晋三首相」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる