「宇宙旅行」とは?

関連ニュース

【宇宙開発】高度30kmまで飛ぶ宇宙気球が開発される。 手軽に「青い地球」を見られる時代が来る - 07月02日(木)08:30  scienceplus

→高度30kmまで上昇する宇宙気球「ネプチューン」が開発される →ネプチューンからは地球を眺めることが可能であり、6時間で宇宙旅行の気分が味わえる →ネプチューン内なら成層圏での結婚式も可能 「Space Perspective」は、高度30kmまで上昇する気球「ネプチューン」を開発しました。 ネプチューンに乗るなら、実際に地球をこの目で眺めることができ、宇宙旅行の気分が味わえます。 ネプチューンを用いた旅行ビジネスが計画されており、人々は6時間ほどの往復旅行を楽しめるのです。 ■宇宙の近くまで上昇できる気球「ネプチュ...
»続きを読む
カテゴリー:

【自民党】が発表した「成長戦略・未来像」が「中高生の作文」「ブラック小説」「悪文の典型例」とネット上で話題(BusinessJournal) - 07月01日(水)11:39  newsplus

 新型コロナウイルス感染症に伴う外出自粛や営業自粛で、日本経済は深刻なダメージを受けた。 政府・与党がどう経済を立て直すのかに国民の注目が集まっている。 そんななか、自民党政務調査会は25日、「ポストコロナの経済社会に向けた成長戦略」と題する方針を発表した。 (中略) (以下、引用) 「父さん、昔は、通勤ラッシュがあって大変だったんだってね?」、 来年大学を卒業する息子が突然開いてきた。 「ああ、満員電車に1時間半も揺られて会社に通ってた、ぞっとする」。  いつからだろう、遠い昔のことになった...
»続きを読む
カテゴリー:

ヴァージン・ギャラクティックが民間宇宙船でのセカンドテストに成功、動力付き宇宙飛行へ一歩前進 - 06月26日(金)17:45 

Virgin Galactic(ヴァージン・ギャラクティック)が、宇宙船「SpaceShipTwo」(スペースシップツー)の認定プログラムで大きな節目を超えた。今回はグライドフライトで、同社の無動力宇宙船VSS Unity(ユニティー)を、ボーイング747を改造したVMS Eveと呼ばれるキャリアー機でから打ち出されたあとグライダー飛行した。 このフライトは、Virginがニューメキシコ州の打ち上げ施設、Spaceport America(スペースポート・アメリカ)からUniftyを飛ばす二度目のテスト飛行だったが、前回よりも高高度、高速で行われた。これによってVirginは、Spaceport Americaから動力付き宇宙船を打ち上げる次の段階に進む。同施設からの打ち上げは初めてだが、Unity自身はすでにテスト飛行経験があり、2019年に地上55.9マイル(90km)を超音速で飛ぶ非常に印象的なデモンストレーションを行っている。 Virgin Galacticが、米国カリフォルニア州のMojave Air and Space Port(モハーヴェ航空宇宙空港)で動力付き宇宙船のテストを復活させたのは2018年で、Unityの先行機であるVSS Entrepriseの墜落死亡事故から4年後のことだった。当時フライトの副操縦士だったMichael Alsbury(マイケル・アルズ...more
カテゴリー:

米ロ企業、23年に初の観光宇宙遊泳を計画 費用2百億円超か - 06月26日(金)10:21 

 ロシアのロケット宇宙企業「エネルギア」は25日、2023年に一般の希望者2人が参加する宇宙旅行を実施し、うち1人に国際宇宙ステーション(ISS)からロシア人飛行士と一緒に船外游泳させる計画を発表した。観光旅行客の宇宙游泳が実現すれば史上初。費用は非公開だが、約2億ドル(約214億円)との推測もある。
カテゴリー:

瞑想の世界へ…アメリカ発、スピリチュアルな“新感覚SFアニメ”とは? | ananweb - マガジンハウス - 06月22日(月)19:30 

“対話”を通じて、哲学する。アメリカ発、新感覚SFアニメ『ミッドナイト・ゴスペル』とは?舞台は、どこか遠くの星。小さな小屋に住むひとりの青年が、広い宇宙に向かってポッドキャストを配信している。その番組名は「ミッドナイト・ゴスペル」。このアニメ作品自体のタイトルにもなっている。主人公のクランシーが暮らす部屋中に張り巡らされた、カラフルな配線やディスプレイの数々。これらは《多元宇宙シミュレーター》につながっている。このサイケデリックなメカが叶えるのは、仮想の宇宙旅行。「こんにちはマスター、今日はどの仮想世界に入りますか?」。AIが提案するクールなアバターを選び、シミュレーターに入れば、意識は宇宙へ。クランシーは、マイクを持って飛び込んだ星の先々で、そこに暮らす生き物と対話し、その音声をポッドキャストとして配信している。このアニメの構成のほとんどを占めるのは、まさにその“対話”。主なテーマとなるのは、生きるうえで抱えうる恐怖、不安、寂しさ…といったネガティブ感情との向き合い方。そして、時にスピリチュアルに、哲学するためのヒントをくれる。制作は、ペンデルトン・ウォード。言わずと知れた米アニメ『アドベンチャー・タイム』の総監督で、今作では大人向けの作品に初挑戦する。そこに名を連ねるのは、ダンカン・トラッセル。コメディアンであり、自身でもポッドキャストを配信。実は、彼がその番組内で様々な人にイ...more
カテゴリー:

高度30kmまで飛ぶ宇宙気球が開発される。 手軽に「青い地球」を見られる時代が来る - 07月01日(水)17:00 

Credit:spaceperspective point 高度30kmまで上昇する宇宙気球「ネプチューン」が開発される ネプチューンからは地球を眺めることが可能であり、6時間で宇宙旅行の気分が味わえる ネプチューン内なら成層圏での結婚式も可能 「Space Perspective」は、高度30kmまで上昇する気球「ネプチューン」を開発しました。 ネプチューンに乗るなら、実際に地球をこの目で眺めることができ、宇宙旅行の気分が味わえます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ネプチューンを用いた旅行ビジネスが計画されており、人々は6時間ほどの往復旅行を楽しめるのです。 宇宙の近くまで上昇できる気球「ネプチューン」 ネプチューンは乗客が収容されるカプセル、それを上昇させる宇宙気球から成り立っています。 Credit:spaceperspective 気球はフットボール場ほどのサイズで、真空に近い状態でも動作するようです。 この技術はNASAでも活用されてきた実績あるテクノロジーからは派生したものであり、NASAは大型望遠鏡の飛行に同様の気球を使用してきました。 気球内には空気よりも軽い水素が用いられており、気球を上昇させることが可能。ヘリウムも空気より軽いのですが、現在医療用に使用される...more
カテゴリー:

「ポートフォリオの1%はビットコインを入れるべき」、著名ベンチャーキャピタリストが主張 - 06月26日(金)18:34 

宇宙旅行会社ヴァージン・ギャラクティックの会長で、ベンチャーキャピタリストのチャマス・パリハピティヤ氏は、ビットコイン(BTC)が政府による間違った金融政策に対する「災害保険」になると主張している。
カテゴリー:

米ロ企業、23年に初の観光宇宙遊泳を計画 費用2百億円超か - 06月26日(金)10:25 

 ロシアのロケット宇宙企業「エネルギア」は25日、2023年に一般の希望者2人が参加する宇宙旅行を実施し、うち1人に国際宇宙ステーション(ISS)からロシア人飛行士と一緒に船外游泳させる計画を発表した。観光旅行客の宇宙游泳が実現すれば史上初。費用は非公開だが、約2億ドル(約214億円)との推測もある。
カテゴリー:

初の宇宙旅行、2023年に実現へ ロシアのロケット企業発表 - 06月26日(金)08:42 

 ロシアのロケット宇宙企業「エネルギア」は25日、2023年に一般の希望者2人が参加する宇宙旅行を実施し、うち一人に国際宇宙ステーション(ISS)からロシア人飛行士と一緒に船外游泳させる計画を発表した。観光旅行客の宇宙游泳が実現すれば史上初。費用は非公開だが、約2億ドル(約214億円)との推測もある
カテゴリー:

小型衛星打上機の開発を手がけるSPACE WALKERが総額3.25億円を調達 - 06月22日(月)12:00 

サブオービタルスペースプレーン(小型衛星の打ち上げ)の設計・開発、運航サービスの提供を目的とするSPACE WALKER(スペースウォーカー)は、2019年10月1日以降、2020年2月末までの間に、CE(コンバーチブル・エクイティ)型新株予約権により新たに1億5500万円の資金調達を実施し、プレシードラウンド総額として3億2500万円の資金調達を完了したと発表した。引受先は、新居佳英氏(アトラエ 代表取締役CEO)、QB第一号投資事業有限責任組合、髙木秀邦氏(髙木ビル 代表取締役社長)、有限責任事業組合ハンズインなど。今回の資金調達により、2018年10月15日に実施したエンジェルラウンドも含め、累計調達額は5億2500万円となった。 SPACE WALKERは、「誰もが飛行機に乗るように自由に宇宙へ行き来する未来の実現」を目指し、サブオービタルスペースプレーンの設計・開発、運航サービスの提供を目的に2017年12月に設立。現在は、アイネット、IHI、IHIエアロスペース、川崎重工業、東京理科大学、宇宙航空研究開発機構(JAXA)など技術パートナー企業とともに、2022年に打ち上げ予定の科学実験用サブオービタルスペースプレーンの開発に取り組んでいる。また実証技術を応用して、各パートナーと協働し、メイドインジャパンの小型衛星打上機を2024年、そしてサブオービタル宇宙旅行機を202...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「宇宙旅行」の画像

もっと見る

「宇宙旅行」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる