「学習支援」とは?

関連ニュース

40歳っておっさんと呼ぶには若すぎるし、お兄さんっていうのも違う気がする 微妙な年齢だな - 06月07日(日)11:53  poverty

https://digital.asahi.com/articles/ASN667SW4N61OIPE016.html 愛知)おこさま芸大 休校ケア兼ねて無料オンライン授業 子どもたちが音楽を通して世界の言葉などを学ぶオンライン「おこさま芸大」。愛知県長久手市の作曲家竹之内奏(かな)さん(37)が休校・休園中に始めた無料授業だ。巣ごもりは一段落したが、新型コロナウイルスでダメージを受けた子どもたちの学習や心のケアを見すえ、今後も開講する考えだ。  「今日の耳トレ」「今日のミステリー」……。竹之内さんが「はかせ(博士)」に扮して進める「おこさま芸大」の...
»続きを読む
カテゴリー:

DNP、自宅学習支援サービスを無償提供--自社の学習基盤を活用 - 06月05日(金)18:33 

大日本印刷は東京都の自治体に対し、東京都教育委員会推奨の教材「東京ベーシック・ドリル」を用いた自宅学習支援サービスを無償提供している。期間は、利用開始日から8月31日まで。
カテゴリー:

元Apple社員「マイクロソフトの採用を蹴ってNeXTに入社した翌朝、なぜか玄関に魚の死体がおいてあった」 - 06月03日(水)22:19  poverty

https://japanese.engadget.com/forstall-jobs-041535432.html アップル元幹部でiOS責任者だったスコット・フォーストール氏が、かつての上司でアップル共同創業者スティーブ・ジョブズ氏の思い出を語っています。 この打ち明け話は、フォーストール氏がプログラミング学習支援サイトCode.orgが開催したCode Break(ライブ授業)の合間にて語ったものです。 同氏はジョブズ氏がアップル退社後に設立したNeXTに入社し、後にアップルがNeXTを買収したのに伴い(ジョブズ氏もアップルに復帰)Mac OS Xの開発に参加した経緯がありま...
»続きを読む
カテゴリー:

学習支援塾の小・中学生が5月22日、WEB会社訪問に参加。養鶏場の取締役に「なぜ働くのか」「なぜ勉強するのか」について質問と意見交換 - 06月03日(水)10:00 

経営者やリーダーの登録制エージェントの「リーダーズ・エージェント」内の企画として実施されました。企業は自身の魅力を伝えるとともに、子供達の将来を豊かにすることで社会に貢献します。
カテゴリー:

小中高生を対象に学生団体GYIsがオンラインSDGs学習支援の第3回参加者を募集開始。 - 06月02日(火)16:21 

小中高生を対象に学生団体GYIsがオンラインSDGs学習支援の第3回参加者を募集開始。SDGsに関する個別面談・講義やSDGsカードゲームXを使ったワークショップ、イノベーション創出方法までを無償提供   金沢工業大学の学生団体「SDGs Global Youth Innovators(GYIs)」は、新型コロナウイルスの影響を受けて学習環境が変化している全国の小中高生向けを対象に、SDGs(※1)に関する学習支援を無償で提供します。7月中には、学習支援の参加者が実践したSDGsアクション(SDGsの17の目標を意識した活動)と学びを共有しあうための発表会を実施する予定です。   今回のSDGs学習支援は3月に募集が行われた第1回、4月に募集が行われた第2回に続く、第3回目の支援となります。   新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国の多くの小・中・高等学校が休校となり、例年とは学習の仕方が大きく変わっています。これに対して、GYIsは、金沢工業大学で受けたSDGsに関する専門教育や、スタンフォード流イノベーション教育(※2)の成果などを活かし、小中高生に対するSDGs学習機会の提供、SDGsアクションの実施に関する相談窓口の設置などをオンライン上で行います。   また、金沢工業大学とGYIsは、オンライン上での発表会を7月中に実施します...more
カテゴリー:

一般人「発達障害ってどういう障害なの?」医者「顔はブサイクで気持ち悪い 勉強も運動も仕事も何にも出来ない」 - 06月06日(土)11:03  poverty

 「そのくせ性格は最悪で自己中  バカで常識もなく空気も読めない 何の取り柄もないくせに図々しくてワガママ  だから周囲の人間全員から嫌われるしキモがられるし仕事も出来ないので一生低賃金の底辺仕事か引きこもりニートしか出来ない  異性からはゴキブリ扱いで完全に拒絶される非モテなので結婚も出来ないまま絶望の中死んでいくしかない障害」 発達障害などの学習支援には、スマホ・タブレットが効果的! https://gendai.ismedia.jp/articles/-/71003 ...
»続きを読む
カテゴリー:

宮城・大郷町、心のケアハウスを開所 不登校児童の居場所に - 06月04日(木)06:05 

宮城県大郷町教委は、不登校の児童生徒らが安心して過ごせる居場所をつくろうと「子どもの心のケアハウス『とらいあんぐる』」を町文化会館内に開所した。子どもたち一人一人に応じた学習支援を段階的に行い、学校へ
カテゴリー:

TOCOLは、無料学習動動画サービス「TOCOL学校」を開校し、光と色彩の学習動画の配信を開始した。 - 06月03日(水)12:30 

一般社団法人TOCOLは無料学習動動画サービス「TOCOL学校」を開校し、光と色彩の学習動画の配信を開始した。(6月3日)https://www.tocol.net/school/color授業担当は、立命館大学情報理工学部の篠田博之教授 。http://www.ritsumei.ac.jp/ise/teacher/detail/?id=167初回の公開動画は、『色とは何か/スペクトルと色相環』と『視覚の不思議/色順応体験』の2つ。『色とは何か/スペクトルと色相環』では、色相環は単純にスペクトルを丸く繋げたものではないことを分かりやすく解説。スペクトルと色相環の違いを理解する。『視覚の不思議/色順応体験』は、色順応によって白黒の画像がカラーに見える錯視(色残像)の体験動画。さらに、無料公開中の学習支援ツールを活用することで自主的に基礎学習を行うこともできる。https://www.tocol.net/test/toolTOCOLは、身近に接する光と色彩への好奇心をきっかけに、『自分が直接感じることができる』五感を通して、学びの意欲を高め、先進技術とビジネスに必要とされる最先端の色と光の基礎をしっかり身につけ、知識の生かし方を学ぶことを目的としている。同法人は、2007年、立命館大学と連携し、世界で初めてPANTONEカラーシステムを使った光と色彩の能力テストを実施したことで知られて...more
カテゴリー:

学習支援塾の小・中学生が5月22日、WEB会社訪問に参加。養鶏場の取締役に「なぜ働くのか」「なぜ勉強するのか」について質問と意見交換 - 06月03日(水)10:00 

経営者やリーダーの登録制エージェントの「リーダーズ・エージェント」内の企画として実施されました。企業は自身の魅力を伝えるとともに、子供達の将来を豊かにすることで社会に貢献します。
カテゴリー:

不登校の中学生支援センター開所 学校復帰や社会的自立後押し 大阪市 - 05月30日(土)10:39 

 大阪市は6月1日、不登校の中学生を対象とした学習支援施設「大阪市教育支援センター(適応指導教室)」を、旧弘治小(西成区花園北2)に市内で初めて開所する。生徒の学校復帰や社会的自立への後押しが狙い。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「学習支援」の画像

もっと見る

「学習支援」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる