「子煩悩」とは?

関連ニュース

娘が好きすぎて嫁に出さなかった皇帝と、娘を利用して栄華を極めた日本の権力者 - 05月15日(水)15:23 

親であれば娘に愛情を持つものですが、「娘への愛情」のエピソードが強烈な歴史上の人物もいます。時代小説の名手として知られる作家の早見俊さんは、週刊で配信中の『歴史時代作家 早見俊の無料メルマガ」』で今回、フランスのカール大帝と日本の藤原道長の対照的な「娘」に関する話を紹介しています。 娘への愛情、カール大帝と藤原道長 カール大帝はフランス語でシャルルマーニュの名で知られ、大帝と称されるにふさわしい功績を残しました。八世紀から九世紀初頭に在位したフランク王国の国王だったばかりか、ローマ教皇からローマ皇帝として戴冠されました。 現代のフランス、ドイツ、イタリアにまたがる広大な領土を築き、そのためヨーロッパの父とも呼ばれています。また、トランプのキングのモデルでもあり、ヨーロッパではキングの中のキングと見なされているのです。 そんな偉大なる大帝はキリスト教が禁じている配偶者以外との性行為、すなわち売春を禁止します。売春仲介業者には罰金を課し、売春行為をした女性を、「みだらな女」と呼んで広場で鞭打ちにしました。こうしてみると、英雄色を好むとは程遠い禁欲的な皇帝を想像しますが、彼は大変に好色、そして風変わりな愛情を発揮しました。 カール大帝は生涯を通じて五回結婚し、四人の第二夫人がいました。子供は二十人、彼は子煩悩で全ての子供を男女に関わらず側に置いて育てました。宮廷ばかりではなく、遠征先にも...more
カテゴリー:

知的障害者同士の結婚。「互いに傷つく。本人たちのため」と反対した知人たちを、2人は子煩悩ぶりで驚かせる - 05月05日(日)11:02 

 希望する皆が、結婚や子育てをできる社会へ-。障害のある人たちが子どもを産み、育てるにはハードルが高いのが現状だ。
カテゴリー:

【全文公開】サッカー元日本代表・佐藤寿人 年下セラピストと路チュー&手つなぎ「不倫愛」 - 05月07日(火)20:52  mnewsplus

「ね~~。口の周りに何かついてない?」 そんな甘えるような表情の女性につられ、顔を覗(のぞ)き込む一人の男。何もついていなかったのか、二人は見つめ合って笑顔になる。そのまま手をつないで人気(ひとけ)のない路地まで歩くと、二人は互いの唇を重ね合わせた――。 4月中旬の週末。サラリーマンでゴッタ返す東京・新橋(港区)で″二人だけの世界″に浸っていたのは、サッカー元日本代表の佐藤寿人(42)だ。この日は上下ともに黒で固め、変装用か、サングラスをかけている。 「佐藤は日本代表として活躍した名ストラ...
»続きを読む
カテゴリー:

こんなの見てる