「子会社化」とは?

関連ニュース

【決済】Origami Pay、サービス終了。6月に全機能 - 02月28日(金)12:26  bizplus

Origamiは、スマホ決済サービス「Origami Pay」を終了することを発表した。 4月28日22時に、クレジットカード・デビットカードの新規登録、クレジットカード・デビットカードを指定したスキャン支払い及びコード支払い、金融機関口座を指定したコード支払いを終了。 6月30日22時に、Origamiアプリ全機能を終了。Origami Payでの支払い、レシートの閲覧、アプリダウンロード、会員登録等アプリの全ての機能を停止する。 返金手続きは、従来通り取引から90日間まで可能としている。 Origamiは、2012年に設立し、2013年にeコマース...
»続きを読む
カテゴリー:

前田道路 同業他社と提携方針 前田建設による子会.. - 02月28日(金)01:17 

前田道路 同業他社と提携方針 前田建設による子会社化に抵抗か #nhk_news
カテゴリー:

【業績】80年の「外食王」小僧寿し、債務超過解消も険しい再建 - 02月21日(金)16:33  bizplus

持ち帰りすし店を展開する小僧寿しが瀬戸際に立たされている。19日午後10時すぎ、当初の予定日から3営業日遅れで2019年12月期の連結決算を発表した。18年12月期に債務超過に陥っていたが、19年12月期末の純資産は900万円のプラスを確保。上場基準に抵触する2期連続の債務超過は回避できたが、収益改善の策に乏しく、再建の道はなお険しい。 小僧寿しの19年12月期の最終損益は1億1600万円の赤字だった。前の期の16億円から赤字幅は縮小したものの、10期連続の最終赤字となった。 焦点となったのは、同社の資産状況。18年12月期末の純...
»続きを読む
カテゴリー:

CoincheckとLiquid by Quoineはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較! - 02月21日(金)00:55 

CoincheckとLiquid by Quoineはどちらも日本で有名な仮想通貨取引所として知られています。どちらも初心者から上級者まで広く利用している取引所ですが、機能や手数料、取扱通貨など様々な部分を比較することでどちらが利用しやすいのか、あるいは自分に向いているのかが分かってきます。そこで今回はGMOコインとLiquid by Quoineはどっちがおすすめなのか、客観的な比較などを分かりやすく解説していきます。 目次 Coincheckの特徴・機能まとめ 1-1. 取り扱い仮想通貨は11種類で国内最多! 1-2. 長期投資向けサービス「貸仮想通貨」「Coincheckつみたて」が利用可能 1-3. ダウンロード数250万件突破のスマホアプリ Liquidの特徴・機能まとめ 2-1. 板取引に特化したサービス設計 2-2. 初心者にも優しいスマホアプリ、電話でのサポート 2-3. 顧客資金の100%をコールドウォレットで管理 CoincheckとLiquidの取扱通貨手数料を徹底比較! 3-1. 取扱仮想通貨の比較 3-2. 各種手数料の比較 まとめ ①Coincheckの特徴・機能まとめ Coincheckは、コインチェック株式会社が2014年8月に運営をスタートした仮想通貨取引所サービスです。Coincheckは複雑になりがちな仮想通貨取引アプリケーションの中でも...more
カテゴリー:

【企業】セブン&アイ、米コンビニ買収で独占交渉 2兆円規模か - 02月20日(木)21:02  bizplus

セブン&アイ・ホールディングス(HD)が、米石油精製会社マラソン・ペトロリアムのガソリンスタンド部門のスピードウェイ買収で独占交渉に入ったことがわかった。同社は米国でガソリンスタンド併設型のコンビニエンスストアを約4000店展開している。買収提示額は約220億ドル(約2兆4500億円)とみられ、交渉の大詰めに入っている。 セブン&アイHDは国内コンビニでは大きな市場拡大が見込みにくい中、米国事業を成長の柱に据えている。2005年に米セブン―イレブンを完全子会社化した。18年1月にはコンビニを展開するスノコLP(テ...
»続きを読む
カテゴリー:

日本電技---エヌ・ディ・ティの全株式取得、子会社化 - 最新株式ニュース - 02月28日(金)09:03 

<1723>  日本電技  3350  -70日本電技<1723>は26日、自動制御工事の設計、自動制御ソフトの開発および販売を手掛けるエヌ・ディ・ディの全株式を取得し子会社化することを発表した。非連結子会社にする予定であるとしている。エヌ・ディ・ティは、従前より同社が納入する中央監視装置の画面ソフト等を作成していたが、近年の都市部における物件の大型化や、中央監視装置の高機能化に対応するため、子会
カテゴリー:

韓国デジタルマーケティング企業、ベトナム同業を買収し子会社化 [経済] - 02月24日(月)14:44 

 韓国のデジタルマーケティング企業、フューチャース・ドリーム・ネットワークス(FSN)は18日、同社の海外法人であるフューチャース・ドリーム・ネ...
カテゴリー:

TOKAI---仙台CATVの株式を取得 - 最新株式ニュース - 02月21日(金)12:11 

<3167>  TOKAI  995  +9TOKAIホールディングス<3167>は20日、同日開催の取締役会において、100%子会社であるTOKAIケーブルネットワークが、仙台CATV株式会社の株式を取得し、連結子会社化することについて決議したと発表した。 同社グループは、1988年に静岡県でケーブルテレビ事業を開始して以来、M&Aを通じて事業拡大を続け、2019年12月末現在、東京都、静岡県、
カテゴリー:

CoincheckとLiquid by Quoineはどっちがおすすめ?機能や手数料、評判を徹底比較! - 02月21日(金)00:55 

CoincheckとLiquid by Quoineはどちらも日本で有名な仮想通貨取引所として知られています。どちらも初心者から上級者まで広く利用している取引所ですが、機能や手数料、取扱通貨など様々な部分を比較することでどちらが利用しやすいのか、あるいは自分に向いているのかが分かってきます。そこで今回はGMOコインとLiquid by Quoineはどっちがおすすめなのか、客観的な比較などを分かりやすく解説していきます。 目次 Coincheckの特徴・機能まとめ 1-1. 取り扱い仮想通貨は11種類で国内最多! 1-2. 長期投資向けサービス「貸仮想通貨」「Coincheckつみたて」が利用可能 1-3. ダウンロード数250万件突破のスマホアプリ Liquidの特徴・機能まとめ 2-1. 板取引に特化したサービス設計 2-2. 初心者にも優しいスマホアプリ、電話でのサポート 2-3. 顧客資金の100%をコールドウォレットで管理 CoincheckとLiquidの取扱通貨手数料を徹底比較! 3-1. 取扱仮想通貨の比較 3-3. 各種手数料の比較 まとめ ①Coincheckの特徴・機能まとめ Coincheckは、コインチェック株式会社が2014年8月に運営をスタートした仮想通貨取引所サービスです。Coincheckは複雑になりがちな仮想通貨取引アプリケーションの中でも...more
カテゴリー:

富士ゼロックス、豪オフィスITサービス企業CSG社の買収と子会社化を完了 - 02月20日(木)09:00 

富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:玉井光一)の子会社である富士ゼロックスアジアパシフィック(本社:シンガポール、社長&CEO:友納睦樹)は、オーストラリアのオフィスITサービス企業CSG社(本社:オーストラリアメルボルン)と、オーストラリア法上の買収手法「スキーム・オブ・アレンジメント注1」による買収手続きが完了し、2月19日より、CSG社は富士ゼロックスアジアパシフィックの100%子会社となりました。富士ゼロックスは本買収を通じ、オフィス向け出力機器やITサービスの提供に関する事業シナジーを活かし、オセアニア地区の中小企業(以下、SMB)に対するさらなる事業拡大を目指します。   CSG社の新社長には、富士ゼロックス執行役員オーストラリア・ニュージーランド地域営業担当の杉山健が就任します。CSG社はオーストラリアとニュージーランドを拠点に、主にSMB約10,000社の顧客企業に対し、オフィス向け出力機器やITサービスを提供しています。オーストラリアとニュージーランドでは企業の約9割注2がSMBです。大手企業を主な顧客に持つ富士ゼロックスが、SMBに対し強みを持つCSG社を買収することで、両社の相互補完的な事業体制を最大限活用し、幅広い顧客層への最適なITサービスや商品の提供を強化します。なお、本買収後もCSG社の社名は継続します。   富士ゼロッ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「子会社化」の画像

もっと見る

「子会社化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる