「妊娠相談窓口」とは?

関連ニュース

【話題】 中高生からの妊娠相談が増加・・・施設長 「100%の避妊はなく、性行為と愛を間違えてはいけない」 - 05月19日(火)10:10  newsplus

新型コロナウイルス感染拡大による休校が長期化する中、中高生からの妊娠相談が増加している。 全国から相談が寄せられている民間相談機関の関係者は、「休校で部活がなく引きこもり状態の中で、 性行為の機会があって望まない妊娠に至るケースもある」と話す。 乳幼児を匿名で預かる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を運営する慈恵病院(熊本市)では、 全国で一斉休校が始まった3月から中高生の相談が増加。 休校中に親のいない自宅で性交渉があった後、「妊娠検査薬で陽性が出た」などという女子からの連絡が...
»続きを読む
カテゴリー:

【コロナ】 中高生の相談件数過去最多「両親が自宅にいない間に交際相手と性交し、妊娠検査薬で陽性が出た」 「彼女の生理が遅れている」 - 05月17日(日)09:52  newsplus

コロナ禍で街中がひっそりとしたGW中に、総務省が子ども人口(15歳未満の推計人口/2020年4月1日現在)を発表した。 子どもの数は 前年に比べ20万人少ない1512万人で、39年連続の減少で過去最少となった。 総人口(1億2596万人)に占める割合は12.0%で、こちらはなんと46年連続の低下。 この先、コロナの影響も加わり少子化はますます加速してしまうのか──。ジャーナリストの山田稔氏が検証する。  * * * 歌手の和田アキ子がラジオ番組で、コロナ禍による外出自粛生活で「来年子ども増えるんじゃない? 出生率が高そう...
»続きを読む
カテゴリー:

全国の女子中高生が外出自粛で中出自粛をしなかったため無事妊娠 - 05月19日(火)08:18  news

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200519-00000012-jij-soci 新型コロナウイルス感染拡大による休校が長期化する中、中高生からの妊娠相談が増加している。 【写真】慈恵病院が運営する妊娠相談窓口のホームページ  全国から相談が寄せられている民間相談機関の関係者は、「休校で部活がなく引きこもり状態の中で、性行為の機会があって望まない妊娠に至るケースもある」と話す。  乳幼児を匿名で預かる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を運営する慈恵病院(熊本市)では、全国で一斉休校が始まった3月...
»続きを読む
カテゴリー:

「彼女につわりのような症状がある」「生理が来ない」…中高生の妊娠相談が倍増 休校長期化が影響か。熊本県 - 05月16日(土)17:32  poverty

中高生の妊娠相談増加 休校長期化が影響か 新型コロナウイルスの影響で休校が続く中、熊本県内の妊娠相談窓口に中高生からの 悩み相談が多数寄せられている。子どもだけで家で過ごす状態の長期化が背景にあるとみられ、 関係者は望まない妊娠の増加を懸念する。 24時間対応の妊娠相談窓口を設置する慈恵病院(熊本市西区)は4月、県内外の中高生から 75件の相談を受けた。2007年の開設以来、4月の件数では最多。相談件数に占める割合も例年(5~7%)から倍増し13%に上った。 「生理が遅れており、妊娠し...
»続きを読む
カテゴリー:

「妊娠相談窓口」の画像

もっと見る

「妊娠相談窓口」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる