「大阪関西万博」とは?

関連ニュース

【大阪万博ボランティア】自己負担の大きさに対し1日2000円支給のショボさ「やりがい搾取」の悪夢再び - 02月23日(金)16:11  news

要略 ・観光トップシーズンに自主手配でホテルの確保 ・観光トップシーズンの高額宿泊費の自己負担(1泊1万円以上) ・1週間中最低5日で1日辺り3~6時間(週末のみ不可) 報酬 ・一生に一度の経験 ・1日あたりプリペイドカードで2000円 「2億円トイレ」や「底なし予算」など、ネガティブなネタばかりが話題になる「2025年国際博覧会(大阪・関西万博)」だが、2024年1月26日から始まった、 来場者らの案内やサポートをする「ボランティア募集」についても「本当に集まるのか」と心配の声があがっている。 「募集人数が伸...
»続きを読む
カテゴリー:

来年の小中高生「修学旅行は東京かな?沖縄かな?もしかして海外!?」全国の学校「大阪万博ですw」 - 02月23日(金)12:45  poverty

https://www.expo2025.or.jp/overview/school_trip/ 世界各国から英知が集結する大阪・関西万博は子どもたちの興味・関心や可能性をのばすのに効果的です。2025年の教育旅行(修学旅行・校外学習)ではぜひ大阪・関西万博へお越しください。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

能登半島地震の復興と万博の両立「やれる」 日建連会長 - 02月22日(木)18:47 

 日本建設業連合会(日建連)の宮本洋一会長(清水建設会長)は22日の定例記者会見で、能登半島地震の復旧・復興と2025年大阪・関西万博の工事の両立は可能との見解を示した。「両方ともちゃんとやれる。(震災の万博工事への)影響は少ない」と述べた。
カテゴリー:

大阪万博の目玉「アンドロイド猪木」に決定wwwww - 02月22日(木)17:44  poverty

アントニオ猪木さん誕生日に「新プロジェクト」発表…「猪木ロイド(仮)」大阪・関西万博お披露目計画…「IGF」会見 2022年10月1日に亡くなった国民的プロレスラーのアントニオ猪木さん(享年79)の肖像権などを管理する「猪木元気工場」(IGF)は猪木さんの誕生日となる20日、都内で新プロジェクト「~猪木の夢の続き~『猪木ロイド(仮)』」の計画を発表した。 また、山本氏は「猪木ロイド(仮)」を「万博でお披露目の場にしたい」と発表。来年4月13日から大阪市の人工島「夢洲」で開幕する「...
»続きを読む
カテゴリー:

「大阪・関西万博」 協賛のご案内 - 02月22日(木)14:00 

2024年2月22日 東リ株式会社 「大阪・関西万博」 協賛のご案内    東リ株式会社(本社:兵庫県伊丹市 代表取締役社長:永嶋元博)は、大阪・夢洲で開催される「2025年日本国際博覧会(略称、大阪・関西万博)」に会場整備参加サプライヤーとして協賛します。博覧会会場管理棟にタイルカーペットを提供するとともに、閉会後は広域認定制度※を活用して使用済みタイルカーペットを回収し、環境対応タイルカーペットへとリサイクルします。    当社は、2000年にスタートした「東リ エコスピリット」に基づき、環境負荷低減活動に取り組んでいます。タイルカーペットにおいては、“使用済みタイルカーペットの回収”、“タイルカーペット廃材の再資源化”、“環境対応タイルカーペットの製造”を循環させる「TOLI完全循環型リサイクルシステム」を推進しています。  「TOLI完全循環型リサイクルシステム」は、異素材をまとめて処理する高度なマテリアルリサイクルが最大の特長です。この独自技術により、異素材であるパイル層(繊維)とバッキング層(塩ビ樹脂)を分離することなく、タイルカーペットのバッキングに丸ごとリサイクル可能となり、産業廃棄物削減および廃棄にかかるCO₂排出量削減に大きく貢献します。    当社は、協賛を通じて大阪・関西万博の成功に貢献するとともに、サステナブルな社会の実...more
カテゴリー:

大阪万博「目標2万人」ボランティア募集に手を上げたのは4000人 1日2000円支給にやりがい搾取の悪夢再び - 02月23日(金)13:45  newsplus

「2億円トイレ」や「底なし予算」など、ネガティブなネタばかりが話題になる「2025年国際博覧会(大阪・関西万博)」だが、2024年1月26日から始まった、来場者らの案内やサポートをする「ボランティア募集」についても「本当に集まるのか」と心配の声があがっている。 募集人数が伸びていないようなんです。募集期間は、1月26日から4月30日までのおよそ3カ月間で、計2万人を目標にしていますが、日本経済新聞によると、開始1カ月の2月15日時点で応募者数は4000人だそうです。募集期間の延長はないそうですから、このままでは、2万人を...
»続きを読む
カテゴリー:

2億円トイレは「魂を吹き込んでいる」吉村知事の表現に失笑相次ぐ - 02月23日(金)10:56  news

吉村知事、2億円トイレ「魂を吹き込んでいる」に失笑相次ぐ…500万円の漆塗りエレベーター大批判の過去も発掘 大阪・関西万博の「2億円トイレ」が物議を醸している。万博会場に設置される8カ所の公衆トイレは若手建築家がデザインし、 そのうち2カ所は2億円するという。 この金額について、自見英子万博担当相は、便器が50~60個設置されることから、「その規模から考えますと必ずしも 高額とは言えない」と説明した。 また、吉村洋文大阪府知事も「通常の公共のトイレの単価と変わらない」とし、このデザイナーズトイレは新進...
»続きを読む
カテゴリー:

大阪万博の目玉「アンドロイド猪木」に決定wwwww - 02月22日(木)18:06  news

アントニオ猪木さん誕生日に「新プロジェクト」発表…「猪木ロイド(仮)」大阪・関西万博お披露目計画…「IGF」会見 2022年10月1日に亡くなった国民的プロレスラーのアントニオ猪木さん(享年79)の肖像権などを管理する「猪木元気工場」(IGF)は猪木さんの誕生日となる20日、都内で新プロジェクト「~猪木の夢の続き~『猪木ロイド(仮)』」の計画を発表した。 また、山本氏は「猪木ロイド(仮)」を「万博でお披露目の場にしたい」と発表。来年4月13日から大阪市の人工島「夢洲」で開幕する...
»続きを読む
カテゴリー:

コース総額200万円!Go forward to 2030 72時間(3か月)で英語が話せるエグゼクティブ英会話 produced by カタカナ英会話ジェッタ - 02月22日(木)17:00 

来年で2025年!カタカナ英会話ジェッタが10年目を迎える節目の、10周年企画を前倒しでお送りする、【Go forward to 2030】 72時間(3か月)で英語が話せるエグゼクティブ英会話 produced by カタカナ英会話ジェッタ with ネイティブ監修付き 2020年 東京オリンピックから、2025年 大阪・関西万博の開催まで、さらに2030年に向けて、1年間に6,000万人の外国人が日本にやってくる昨今では、受け入れ態勢の強化に、目を向けがちな日本ですが、2030年の日本は、今のZ世代が20代~30代の働き盛りを迎えて、世界に羽ばたく人材が、本格的に世の中に出始める時代だと、カタカナ英会話ジェッタ 代表の長谷川 雄一朗(はせがわ ゆういちろう)は、自負しております。コース総額200万円!と強気な企画だが、卒業生1,000人を輩出したジェッタの次の挑戦となる!
カテゴリー:

万博“2億円トイレ”に経産大臣見直し否定…吉村知事「建築家が魂を吹き込んでいる」 ★5 - 02月22日(木)10:57  newsplus

当初の計画から建設費用が大幅に増加している大阪・関西万博。会場にはおよそ40カ所のトイレが設置される計画で、このうち2カ所が、およそ2億円で契約されていました。  「高すぎる」といった批判も上がっていますが、齋藤健経済産業大臣は計画の見直しを否定しています。 齋藤経産大臣 「便器の数で言えば数十個設置される大規模な設備でありまして、一般的な公衆トイレの建設仕様と比べて、とりたてて高額であるとはいえないと考えています」  今後の活躍が期待される若手建築家が設計を担ったという「2億円トイレ」。大阪府...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる