「大阪地検特捜部」とは?

関連ニュース

【森友事件】地裁判決直前 “森友事件”の籠池泰典氏が語る「検察特捜部との長い戦いがはじまった“あの日”」 ★4 - 02月16日(日)16:28  seijinewsplus

 日本中を巻き込み、過去類例を見ない一大疑獄へと発展した「森友事件」。  総理夫人との密接な関係、不可解な国有地の割引売却、公文書の改ざん、担当者の自殺。数々の疑惑を残したまま、事件発生から早3年が経とうとしている。2月19日に迫る地裁判決を前に籠池泰典氏が全てを明かした『国策不捜査』が発売された。あの騒動はこんな風にはじまった―― ◆◆◆ 大阪地検の入るビルの前には50名を超える報道陣 「シェイク、飲みたい」  突然、家内が口走った。  言い出したら聞かないたちなので、大阪地検特捜部へと向かってい...
»続きを読む
カテゴリー:

森友問題:大阪地検特捜部、誤った事実に基づき懲役7年を求刑…検察が調査へ - 02月14日(金)18:00 

元森友学園理事長・籠池泰典氏と妻・諄子氏の刑事裁判は昨年10月結審していたが、両被告は2月10日に大阪地方裁判所の記者クラブで記者会見を行い、籠池弁護団から「弁論再開申し立て及び証拠取り調べ再開請求書」を1月29日に提出したことを発表した。
カテゴリー:

【森友事件】地裁判決直前 “森友事件”の籠池泰典氏が語る「検察特捜部との長い戦いがはじまった“あの日”」 - 02月13日(木)13:00  seijinewsplus

 日本中を巻き込み、過去類例を見ない一大疑獄へと発展した「森友事件」。  総理夫人との密接な関係、不可解な国有地の割引売却、公文書の改ざん、担当者の自殺。数々の疑惑を残したまま、事件発生から早3年が経とうとしている。2月19日に迫る地裁判決を前に籠池泰典氏が全てを明かした『国策不捜査』が発売された。あの騒動はこんな風にはじまった―― ◆◆◆ 大阪地検の入るビルの前には50名を超える報道陣 「シェイク、飲みたい」  突然、家内が口走った。  言い出したら聞かないたちなので、大阪地検特捜部へと向かってい...
»続きを読む
カテゴリー:

明浄学院事件 暗号資産への流用疑惑は不起訴 大阪地検 - 02月12日(水)20:09 

 学校法人明浄(めいじょう)学院をめぐる巨額横領事件で、運営資金1億円を関連会社の口座に振り込み、暗号資産(仮想通貨)への投資に流用したとする業務上横領罪で告発されていた元理事長の大橋美枝子被告(61)=別の同罪で起訴=と元理事の男性(37)について、大阪地検特捜部は12日、嫌疑不十分で不起訴処分とした。特捜部は「起訴するに足る十分な証拠を収集できなかった」としている。
カテゴリー:

明浄学院 1億円横領は不起訴に - 02月12日(水)18:12 

学校法人明浄学院(大阪府熊取町)の法人資金21億円の横領事件で、大阪地検特捜部は12日、別の1億円を着服した容疑で告発されていた元理事長大橋美枝子被告(61)ら...
カテゴリー:

【森友事件】地裁判決直前 “森友事件”の籠池泰典氏が語る「検察特捜部との長い戦いがはじまった“あの日”」 ★3 - 02月15日(土)14:03  seijinewsplus

 日本中を巻き込み、過去類例を見ない一大疑獄へと発展した「森友事件」。  総理夫人との密接な関係、不可解な国有地の割引売却、公文書の改ざん、担当者の自殺。数々の疑惑を残したまま、事件発生から早3年が経とうとしている。2月19日に迫る地裁判決を前に籠池泰典氏が全てを明かした『国策不捜査』が発売された。あの騒動はこんな風にはじまった―― ◆◆◆ 大阪地検の入るビルの前には50名を超える報道陣 「シェイク、飲みたい」  突然、家内が口走った。  言い出したら聞かないたちなので、大阪地検特捜部へと向かってい...
»続きを読む
カテゴリー:

【森友事件】地裁判決直前 “森友事件”の籠池泰典氏が語る「検察特捜部との長い戦いがはじまった“あの日”」 ★2 - 02月14日(金)14:58  seijinewsplus

 日本中を巻き込み、過去類例を見ない一大疑獄へと発展した「森友事件」。  総理夫人との密接な関係、不可解な国有地の割引売却、公文書の改ざん、担当者の自殺。数々の疑惑を残したまま、事件発生から早3年が経とうとしている。2月19日に迫る地裁判決を前に籠池泰典氏が全てを明かした『国策不捜査』が発売された。あの騒動はこんな風にはじまった―― ◆◆◆ 大阪地検の入るビルの前には50名を超える報道陣 「シェイク、飲みたい」  突然、家内が口走った。  言い出したら聞かないたちなので、大阪地検特捜部へと向かってい...
»続きを読む
カテゴリー:

明浄学院元理事長、1億円横領容疑は不起訴 大阪地検 - 02月13日(木)07:03 

 学校法人明浄学院(大阪府熊取町)の元理事長らが法人の資金を流用したとされる事件で、大阪地検特捜部は12日、元理事長の大橋美枝子被告(61)=21億円の業務上横領罪で起訴=ら2人が1億円を着服したとす…
カテゴリー:

明浄学院横領 1億円流用は不起訴処分 元理事長ら2人 特捜部、捜査終える - 02月12日(水)19:31 

 学校法人「明浄学院」(大阪府熊取町)が運営する大学の資金1億円を仮想通貨(暗号資産)に流用したとして、業務上横領容疑で告発されていた元理事長の大橋美枝子被告(61)ら2人について、大阪地検特捜部は12日、不起訴処分(容疑不十分)にした。大橋被告は法人の土地売却を巡る手付金21億円を着服したとして同
カテゴリー:

【IR汚職】大どんでん返しの検察トップ人事! 前代未聞の東京高検検事長「定年延長」が意味する #安倍政権の“検察懐柔” 文春 - 02月03日(月)17:46  newsplus

https://bunshun.jp/articles/-/31212 大どんでん返しの検察トップ人事! 前代未聞の「定年延長」が意味する安倍政権の“検察懐柔” 平野 太鳳 2020/02/02 10:40  検察組織は果たして安倍政権の軍門に降ったのか――。  1月31日、衝撃的なニュースが飛び込んできた。内閣はこの日、東京高検検事長の黒川弘務氏(62)の定年を延長する閣議決定をしたのだ。この極めて異例な「人事介入」は、親安倍派の黒川氏を次期検事総長にすることを事実上意味し、政権が検察を懐柔できるようにしたとの憶測も流れる。  黒川氏は東京都...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「大阪地検特捜部」の画像

もっと見る

「大阪地検特捜部」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる