「大規模改修」とは?

関連ニュース

夕張市、終わる。去年7億5000万円を投入して改修した炭鉱が燃えちゃう。「言葉を失った。ノートルダム大聖堂の大火災を思った」 - 04月20日(土)12:04  poverty

「言葉失う」市民ぼうぜん 改修後に来館者増加 夕張石炭博物館火災 模擬坑道からは19日午前も煙が上がり続けた。 火災が続く夕張市石炭博物館は、財政再生団体の夕張市が地域再生を象徴する施設として 総額7億5千万円を投じ大規模改修を昨年に終えたばかり。 2018年度の来館者数は予想を大きく超えた。 マチの一筋の光明となっていた施設の火災に、市民らは衝撃と落胆に包まれた。 「言葉を失った。ノートルダム大聖堂の大火災を思った」。 火災現場で市美術館元館長の上木和正さん(69)は、フランスを象徴する...
»続きを読む
カテゴリー:

<宮城・市町村予算>丸森町/小学校を大規模改修 - 04月19日(金)09:31 

一般会計は前年度当初比3.1%増の89億9400万円。認定こども園の運営支援や住民情報システム構築経費などの上積みで3年連続の増額となった。 子育て支援策として、放課後児童クラブの充実化に5145万円
カテゴリー:

お代替わりと秋篠宮家の未来――33億円「宮邸大規模改修」と、職員51人「皇嗣職の新設」 - 04月12日(金)11:00 

 長女・眞子さまの結婚延期問題で国民の注目が集まっている秋篠宮家だが、お代替わりを契機に、事実上の「皇太子」に当たる皇位継承順位第1位の皇嗣となられる秋篠宮さまについて、宮内庁内部で懸念の声が上がってい…
カテゴリー:

【米海兵隊】2019年度計画 辺野古計画を削除 軟弱地盤で米軍も見通し失う - 04月09日(火)09:38  seijinewsplus

 米海兵隊は、このほど公表した「2019海兵航空計画」から、沖縄県名護市辺野古の新基地建設に伴う施設建設計画を削除しました。埋め立て区域北側の大浦湾で軟弱地盤の存在が確認され、長期の地盤改良工事が不可避となったことから、米軍も見通しを失ったと言えます。  航空計画では、主要な海兵隊航空基地の施設建設計画について、数年先までの見通しを示しています。「16年版」以降は、滑走路や格納庫など21~25米会計年度(20年10月~25年9月)までの計画を明記。MV22オスプレイに関しては、21年度に最初の...
»続きを読む
カテゴリー:

【夕張】石炭博物館の坑道で火災 坑内には煙が充満し10時間経っても鎮火せず。石炭層に燃え移ったか - 04月19日(金)11:32  poverty

北海道・夕張の石炭博物館で火災 模擬坑道付近が火元か http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000016-asahi-soci 北海道夕張市高松の石炭博物館から、18日午後11時45分ごろ「白煙が見える」と消防に通報があった。 市消防本部によると、1階から地下に続く見学施設の「模擬坑道」付近から出火したとみられる。坑道内に煙が充満しており、消火活動が長引く恐れがあるという。 同博物館は冬季休館中で、けが人はいなかった。 模擬坑道(約180メートル)は、かつて実際に使われていた坑道を改修したもので、...
»続きを読む
カテゴリー:

世界遺産ノートルダム大聖堂で火災 尖塔を焼失 仏パリ(動画) - 04月16日(火)01:28 

 15日夜、仏パリ中心部のノートルダム大聖堂で大規模な火災が発生し、尖塔が焼失した。12世紀に建造された大聖堂は、20年にわたる大規模改修計画の最中だったという。エマニュエル・マクロン大統領は、大聖堂の再建を宣言し、国際的な募金活動を始める考えを示し…
カテゴリー:

【米海兵隊】「2019海兵航空計画」から辺野古計画を削除 軟弱地盤で米軍も見通し失う - 04月09日(火)20:17  newsplus

 米海兵隊は、このほど公表した「2019海兵航空計画」から、沖縄県名護市辺野古の新基地建設に伴う施設建設計画を削除しました。埋め立て区域北側の大浦湾で軟弱地盤の存在が確認され、長期の地盤改良工事が不可避となったことから、米軍も見通しを失ったと言えます。  航空計画では、主要な海兵隊航空基地の施設建設計画について、数年先までの見通しを示しています。「16年版」以降は、滑走路や格納庫など21~25米会計年度(20年10月~25年9月)までの計画を明記。MV22オスプレイに関しては、21年度に最初の...
»続きを読む
カテゴリー:

「子安観音」修復お披露目 太田山安生寺、9年ぶり - 04月08日(月)08:10 

子授けや乳授けの観音様として知られる、赤ちゃんを抱いた秘仏「子安(こやす)観音」の特別公開が7日、鳥栖市田代本町の太田山安生寺(あんしょうじ)(中原順導住職)で始まった。8日まで。 子安観音は本堂にある厨子(ずし)の中に収められていて、本来は12年に1度、寅(とら)年にだけ公開されるが、今回は2011年から進めてきた大規模改修が終了したのを記念して企画した。 改修に合わせて、傷みの激しかった子安観音も京都の仏師に修復を依頼した。
カテゴリー:

「大規模改修」の画像

もっと見る

「大規模改修」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる