「大手ブランド」とは?

関連ニュース

「アウトレット商品」のカラクリがついに消費者にバレる。 - 08月15日(木)13:05  poverty

消費者の「アウトレットモール離れ」が進んでいる理由 その理由は、アウトレットモールの商品の揃え方、売り方のカラクリが消費者にもバレてしまっているからでしょう。 20年前のアウトレット店は文字通り「売れ残りの在庫品」ばかりだったので、サイズ欠けや色柄欠けがほとんどでした。 しかし、今ではどんな種類・サイズの商品も全部ピシっと揃っています。 テナント出店している大手各社はアウトレット店専用の新商品をわざわざ作っているからです。 たしかに売れ残り品も入荷しますが、それだけでは売り場は埋まりません。...
»続きを読む
カテゴリー:

【商業施設】消費者の「アウトレットモール離れ」が進んでいる理由 ★2 - 08月13日(火)20:59  newsplus

お盆休みに観光も兼ねて大型アウトレットモールで買い物予定を立てている人は多いだろう。 1993年に日本で初めてアウトレットモールが開業して以降、大型モールは38店(日本ショッピングセンター協会調べ)まで増え、常に賑わっている郊外施設がある一方で、 すでに閉鎖してしまった施設も出るなど、ブームは一服した感もある。 ファッションジャーナリストの南充浩氏が、アウトレットモールの現状をレポートする。  * * * 日本に初めてアウトレットモールが誕生してから26年が過ぎようとしています。 じつは開業当初、業...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】若者の「アウトレットモール離れ」 - 08月13日(火)09:59  poverty

消費者の「アウトレットモール離れ」が進んでいる理由 https://www.news-postseven.com/archives/20190813_1424973.html?DETAIL お盆休みに観光も兼ねて大型アウトレットモールで買い物予定を立てている人は多いだろう。1993年に日本で初めてアウトレットモールが開業して以降、 大型モールは38店(日本ショッピングセンター協会調べ)まで増え、常に賑わっている郊外施設がある一方で、すでに閉鎖してしまった施設も出るなど、ブームは一服した感もある。ファッションジャーナリストの南充浩氏が、アウトレットモールの現状をレポ...
»続きを読む
カテゴリー:

「ブランド企業では、誰も波風を立てたがらない」:ある若いデジタルマーケターの告白 - 08月08日(木)11:50 

エージェンシーにも苦労はあるが、ブランド側もなかなか厳しい。匿名を条件に業界の裏事情について赤裸々に語ってもらう「告白」シリーズ。今回は、大手ブランドに転職した、若いデジタルマーケティング担当者に、ブランドにおける彼女の実体験に関して、話を聞いた。 The post 「ブランド企業では、誰も波風を立てたがらない」:ある若いデジタルマーケターの告白 appeared first on DIGIDAY[日本版].
カテゴリー:

欧米ブランド「香港」表記で相次ぎ謝罪 中国本土で「独立した国のように扱っている」  - 08月14日(水)11:22 

 香港の「逃亡犯条例」改正問題の余波が、欧米の大手高級ブランドなどにも及んでいる。中国の短文投稿サイト「微博」などで服のデザインが「香港を独立した国のように扱っている」などの批判が出ているためで、大手ブランド側は相次いで謝罪する事態に追い込まれている。
カテゴリー:

【商業施設】消費者の「アウトレットモール離れ」が進んでいる理由 - 08月13日(火)16:30  newsplus

お盆休みに観光も兼ねて大型アウトレットモールで買い物予定を立てている人は多いだろう。 1993年に日本で初めてアウトレットモールが開業して以降、大型モールは38店(日本ショッピングセンター協会調べ)まで増え、常に賑わっている郊外施設がある一方で、 すでに閉鎖してしまった施設も出るなど、ブームは一服した感もある。 ファッションジャーナリストの南充浩氏が、アウトレットモールの現状をレポートする。  * * * 日本に初めてアウトレットモールが誕生してから26年が過ぎようとしています。 じつは開業当初、業...
»続きを読む
カテゴリー:

新品売れないからワケアリ品売ろう→アウトレットも売れへん。日本の商業施設終焉へ - 08月13日(火)09:17  news

消費者の「アウトレットモール離れ」が進んでいる理由 https://www.news-postseven.com/archives/20190813_1424973.html?DETAIL お盆休みに観光も兼ねて大型アウトレットモールで買い物予定を立てている人は多いだろう。1993年に日本で初めてアウトレットモールが開業して以降、 大型モールは38店(日本ショッピングセンター協会調べ)まで増え、常に賑わっている郊外施設がある一方で、すでに閉鎖してしまった施設も出るなど、ブームは一服した感もある。ファッションジャーナリストの南充浩氏が、アウトレットモールの現状をレポ...
»続きを読む
カテゴリー:

古着に新たな価値を生む「アップサイクル」とは? 深刻な気候変動に、ファッション界ができること - 08月07日(水)17:51 

国連は8月から、古着のアップサイクルやリサイクルを通して「持続可能なファッション」を作り出すことを目指す「ファッションチャレンジ」をスタートした。アップサイクルとは、古着や廃材を使って商品としての価値を高めるような加工をし、新たなものをつくるという意味。廃棄物を再資源化したり、再利用したりするリサイクルとは異なる。国連では、全世界の人たちに向けて、「#ActNow」「#ファッションチャレンジ」などのハッシュタグを付けて、アップサイクルやリサイクルを実践したファッションの画像をSNSで投稿することを呼びかける。9月23日に開かれる国連の「気候行動サミット」に向けたキャンペーンの一環だ。  国連広報センターによると、衣服の製造は気候変動に大きな影響を及ぼすといい、一例としてこんなデータがあるという。・繊維産業の温室効果ガス排出量は、世界全体の排出量の約10%を占める。・繊維産業は全世界の廃水の約20%を生み出している。・繊維素材のほとんどが再利用可能にもかかわらず、その85%が最終的に埋め立てもしくは焼却処分をされている。そんな中、ファッション業界も動き出している。着古した衣類やペットボトルから再生したポリエステルを使って製品を作ったり、衣料品を回収するシステムをつくったりするメーカーがすでに現れている。2018年12月には、プーマやH&Mといった43の大手...more
カテゴリー:

「大手ブランド」の画像

もっと見る

「大手ブランド」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる