「大惨敗」とは?

関連ニュース

石原さとみ、いよいよ「不倫モノ」解禁か。“新妻キャラ”幸せアピールは逆効果?人気凋落で窮地、濡れ場解禁で狙う一発逆転 - 09月17日(金)18:04 

女優の石原さとみ(34)が主演したドラマ『霊能力者 小田霧響子の嘘』がテレビ朝日の『シルバーウィーク特別企画 テラサ名作ドラマセレクション』として、24日に放送されることがわかった。これは2010年に放送された、石原がニセ霊能力を駆使して超常現象の謎に挑む主人公を演じた人気ドラマ。若かりし頃の石原に再び出会えると早くも話題だが、そんな石原は今ある大きな壁にぶつかっているという。 “新妻キャラ”をアピールし始めた石原さとみの狙い 石原は16日、解熱鎮痛薬「ロキソニン S クイック」の新CMオンライン発表会に出席。新婚生活の様子を何とか聞き出そうとする記者たちの質問に答えた。 石原は「料理が生活の一部」と話すほど料理好きだといい、「千切りがストレス発散になっています」と笑顔で語った。 また、至福の時間について聞かれた石原は、「朝起きて、カーテンを開けてベランダに出て『朝だ』って言って背伸びする時」だとし、「健康的で、晴れた日の朝はすごくエネルギーチャージされるので好きです」と新婚生活の一部分をのぞかせた。 【関連】有村架純、徹底した禁欲生活で“オトコ日照り”の日々。豊満Dカップボディは宝の持ち腐れ?恋愛放棄したストイックな女優魂 結婚直後は一切プライベートの様子を語らず、シークレット状態を貫いていた石原だが、ここへ来て少しずつ“主婦の顔”を見せ始めている。 7月23日に放送されたラジオ...more
カテゴリー:

綾野剛、インスタ全消去で熱愛の証拠隠滅か。戸田恵梨香をも虜にした共演者キラー、人気女優との“におわせ”排除したワケとは - 09月10日(金)18:16 

フジテレビは6日、これまでバラエティ枠だった月曜夜10時を「月10」としてドラマ枠にすることを発表した。第1弾として制作される作品は綾野剛(39)主演のドラマ『アバランチ』。綾野にとっては7年ぶりとなるフジ系連ドラ主演だけに活躍が期待されるが、その一方で綾野が自身のインスタグラムを全消去するという謎の行動に出ていたことがわかった。なぜ綾野はそんなことをしたのか?そこにはある深い事情があるようだ。 フジテレビが社運をかける「月10」ドラマ 主演は綾野剛 『アバランチ』はモラルハザードが叫ばれて久しい令和の日本を舞台に、謎に包まれた常識外れのアウトロー集団の過激かつ痛快な活躍を描き、正義感に訴えかける劇場型ピカレスク・エンターテインメント。綾野はアバランチのメンバーで主人公となる羽生誠一を演じる。 チーフ監督は綾野が主演した映画『ヤクザと家族 The Family』などを手掛けた映画監督の藤井道人氏が担当し、綾野と再びタッグを組む。 フジテレビの月曜夜10時といえば、高視聴率を連発した『SMAP×SMAP』が放送されていたバラエティ番組の伝統枠。現在放送されている『所JAPAN』を火曜日に移動させてまで、ドラマ枠を新設した。 【関連】金爆・鬼龍院翔はセフレに売られた?女の影連発で活動休止ピンチ、10年交際の二股彼女ポイ捨てにファン失望 「月9」との相乗効果を生み出すことが期待されるだけ...more
カテゴリー:

自民党総裁選が炙り出した、逃げれば「日本破綻」レベルの大問題 - 09月08日(水)05:00 

菅首相の総裁選不出馬宣言を受け、にわかに色めき立ち始めた自民党内。連日、党首の座を狙わんとする議員たちのさまざまな発言が、あらゆるメディアを通して伝えられています。そんな総裁選において、「非常に深刻な2つの対立軸が浮上してきている」とするのは、米国在住作家の冷泉彰彦さん。冷泉さんは自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で今回、その各々を詳細に解説するとともに、解決策についても考察しています。 【関連】五輪も市長選も大失敗。菅義偉首相「最悪の退陣劇」を招いた7つの誤算 ※本記事は有料メルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』2021年9月7日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。 【緊急告知・LIVE配信のお知らせ】   政治経済からエンタメ、スポーツ、コミュニケーション論まで多角的な情報を届けしている冷泉彰彦さんが、メルマガ読者を対象にライブ配信を行います。この機会にぜひ初月無料のメルマガお試し購読をどうぞ。   テーマ:911の20周年と、政局の最新状況を語りつくす 日時:2021/9/10(金)21:00~ ※90分程度を予定   この配信はメルマガ読者限定配信です。事前にメルマガの読者登録をお済ませください(初月無料のお試し購読期間でも視聴できます)。   視聴忘れのないように、まぐまぐ!Liveアプリでフォローをお願いします。配...more
カテゴリー:

菅首相が辞任の意向。GoTo復活、酒提供容認でも批判殺到で万策尽きた?「今さら何を」の四面楚歌、日経先物は総理交代を好感し急騰 - 09月03日(金)12:27 

菅義偉首相は3日、自民党臨時役員会で総裁選に出馬しないことを表明した。「コロナ対応に集中したい」として、任期は全うする考えだ。そんな中、政府が新型コロナウイルスの感染拡大地域での行動制限の緩和策、ロードマップの原案をまとめたことがわかった。10~11月にワクチン接種が進んだ段階で、緊急事態宣言の発令地域でも感染対策を施した飲食店では酒の提供を認めるほか、接種済みの人の県境をまたぐ移動も容認する。府の対策分科会が3 日にもまとめる提言を踏まえ公表する方針だが、「なぜ急に言い始めたのか」と疑問の声があがっている。 行動制限を緩和するロードマップ作成は選挙対策のため? 原案では、接種が進んだ段階なら「基本的な感染防止策を前提にすれば、感染拡大を一定程度制御できるようになると考えられる」としている。日常生活や社会経済活動の回復に向けた取り組みの両立が可能との見方を示している。読売新聞などが報じた。 緩和策では、ワクチン接種済み証や、陰性の検査結果を活用。飲食では酒の提供が可能となり、営業時間の制限も緩和。会食の人数制限の撤廃なども想定されている。 また、旅行では外出や県境をまたぐ移動の自粛を求めず、政府の観光支援策「Go Toトラベル」の再開なども検討。大規模イベントの人数制限も緩和される見込みだ。 しかし、専門家からは異論が噴出。3日に放送された『モーニングショー』(テレビ朝日系)に出演...more
カテゴリー:

大惨敗全く釣れない シロギスより拾ったごみの方.. - 09月12日(日)14:49 

大惨敗全く釣れない シロギスより拾ったごみの方が多い 釣り人の大半は知能に問題あるんですよ、釣りたいとか言うくせにごみ捨てて釣れなくしているっていうね、育った環境? モラルない人は釣りやめてなの(´・ω・`)
カテゴリー:

皮肉にも自民党を救った菅義偉首相ジタバタ「不出馬劇場」に騙されるな - 09月10日(金)05:00 

先日掲載の「どこが『コロナに専念』か。菅首相が対策に費やした時間“3日で36分”の責任放棄誤算」等の記事でもお伝えしたとおり、「コロナ対策に専任する」として総裁選不出馬を表明した菅首相。しかし巷間囁かれているように、そこに至るまでにはさまざまな「権謀術数」が渦巻いていたことは間違いないようです。今回のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』では元全国紙社会部記者の新 恭さんが、首相が不出馬を決断するまでの紆余曲折を改めて振り返り、その往生際の悪さを批判。さらに有権者に対しては、加熱する総裁選報道に惑わされることなく、来たるべき総選挙において冷静な判断を下すことを呼びかけています。 【関連】衆院選は過半数割れか?お膝元の大惨敗で見えた菅自民「屈辱の下野」【関連】どこが「コロナに専念」か。菅首相が対策に費やした時間“3日で36分”の責任放棄誤算 国家権力と偏向メディアの歪みに挑む社会派、新 恭さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ   菅首相、総裁選不出馬にたどり着くまでの七転八倒 横浜市長選後の政局をテーマとした8月26日の当メルマガで、筆者はこう書いた。 あえて言うなら、菅首相がコロナ対策の責任をとる形で退陣し、総裁選に出馬しないという選択こそが、自民党、そして自らを救う道ではないか。これをやられたら、かえって野党は痛手だろう。   ただし…9月解散に打って出ないとも限らない。どれだけ我...more
カテゴリー:

五輪も市長選も大失敗。菅義偉首相「最悪の退陣劇」を招いた7つの誤算 - 09月07日(火)05:00 

先日掲載の「菅首相が辞任の意向。GoTo復活、酒提供容認でも批判殺到で万策尽きた?」でもお伝えしたとおり、9月3日、突如首相辞任の意向を発表した菅義偉氏。ギリギリまで自らの延命策を模索していた首相がまさに「電撃退陣」を決意するに至った背景には、どのような事情があるのでしょうか。今回のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』では著者でジャーナリストの高野孟さんが、その裏に「7つの誤算」があったとして、各々について詳しく解説。一連の菅氏の動きを「史上最悪の退陣劇」と強く批判しつつ、現役首相が総裁選不出馬という道を選ばざるを得なかった理由を推測しています。 【関連】「菅では無理」見切りをつけた二階幹事長が石破を担ぐ自民のカオス 高野孟さんのメルマガご登録、詳細はコチラ   オロオロ、ジタバタ、コロコロの挙句にプッツン/7つの誤算が重なった末の菅義偉首相の頓死 先週の本誌は「菅義偉政権の終わりが『見えてきた』」と題し「菅プッツン」の可能性があることを指摘したが、まさにそのようになってしまった。 【関連】「菅では無理」見切りをつけた二階幹事長が石破を担ぐ自民のカオス それにしても、政権末期の首相がこれほどまでにオロオロ、ジタバタ、コロコロを繰り返した挙句にプッツンしてすべてを投げ出してしまうという醜態を演じた例はなく、まさに史上最悪の退陣劇となった。もちろん菅自身の素質が何より問題であ...more
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる