「大学改革」とは?

関連ニュース

【社会】「孫育休」の導入 九州で提言 - 06月23日(土)21:03  bizplus

九州経済同友会が提言  九州経済同友会は人口減少に関する提言「九州における人口減少・少子化対策のあり方」をまとめた。主な内容は「出生率の向上」「人口流出の抑制」「人口減少の影響の緩和」の三つ。国や自治体に政策を要望し経済界が取り組むべきことを盛り込んだ。  出生率向上では経済界で正規雇用比率の引き上げや祖父母への孫の育休付与を目指す。人口流出抑止では学生を集める大学改革やベンチャー企業育成などによる雇用の創出を挙げた。  人口減少緩和では女性が働きやすい環境の整備や外国人留学生の積極的な採用...
»続きを読む
カテゴリー:

「大きな危機感」大学再編や統合、法改正…経団連が改革提言 - 06月20日(水)12:45 

 日本経済団体連合会は2018年6月19日、「今後のわが国の大学改革のあり方に関する提言」をWebサイトに公表した。大学の教育・研究力を高めるため、大学間の連携や再編・統合を進める必要性を強調し、制度の改正や見直しなどを提言している。 提言では、赤字や定員割れに陥っている大学が見受けられ、日本のトップ大学でも直近の世界大学ランキングで軒並み評価を下げている現状を「大きな危機感を抱かざるを得ない」と指摘。人口減少社会・労働力不足を乗り越える観点から、「これまでの護送船団方式の大学行政を改め、大学の教育・研究力を高めるために必要な改革にスピード感を持って取り組むことが求められる」と述べている。 具体的には、大学の教育・研究の質を向上させるため、大学の再編・統合の必要性を強調。18歳人口がピーク時の205万人から2040年には88万人に減少する見込みである一方、大学数は微増、国立大学の定員数もほぼ横ばいで、私立大学の4割が定員割れを起こしている現状を解説したうえで、2017年時点で国立86校、公立89校、私立604校という大学の数や規模の適正化が不可避だとした。 さらに機動力とスピード感ある大学改革を実現するため、内閣に省庁横断的な会議体を設置し、大学の再編・統合に関するグランド・デザインを策定するよう提言。経営悪化傾向にある私立大学の合併や早期撤退を促す仕組みを構築し、私立大学の学部・...more
カテゴリー:

政府がイノベーション戦略 - 06月14日(木)20:00 

政府は14日、総合科学技術・イノベーション会議を首相官邸で開き、技術革新を進めるための「統合イノベーション戦略」をまとめた。大学改革として民間資金を活用した共同研究を促進するのが柱。
カテゴリー:

経営悪化の私立大“早期撤退”の仕組みを 6/13 23:02更新 - 06月13日(水)23:02 

経団連はこれまで、大学の質の低下に危機感を示しているが、経営が悪化している私立大学が早期に撤退できる仕組みをつくるなど、抜本的な大学改革を提言した。
カテゴリー:

【教育】大学無償化は年収380万円未満 政府会議が方針 - 06月13日(水)21:17  bizplus

政府の人生100年時代構想会議は13日の会合で、「人づくり革命」に関する基本構想を取りまとめた。大学など高等教育の無償化については、年収380万円未満の世帯を対象に授業料の減免や返済不要の給付型奨学金の支給を実施する方針を盛り込んだ。  基本構想によると、国立大に通う住民税非課税世帯(年収270万円未満)の学生の授業料は全額免除。私立大は最大で年70万円程度減額する。公立大は国立大の授業料を上限とし、短大や高専、専門学校は大学に準じた額とする。  住民税非課税世帯に準ずる世帯(年収270万円...
»続きを読む
カテゴリー:

経団連、人文社会科学系の教育強化が必要と提言 - 06月22日(金)11:09 

日本経済団体連合会は21日までに大学改革への提言を発表した。
カテゴリー:

【政府】大学研究費、若手に重点配分 政府が科学革新戦略[06/14] - 06月17日(日)17:28  scienceplus

 政府は14日、首相官邸で総合科学技術・イノベーション会議を開き、 分野を横断して科学技術の革新を目指す「統合イノベーション戦略」を決めた。 斬新な発想をもつ若手研究者を育てるため、研究費を若手に重点配分するなどの大学改革を盛り込んだ。 15日に閣議決定する。  国立大学の新規採用の教員は原則年俸制にし、成果を報酬に反映しやすくする。 23年度までに主要大学に占める40歳未満の教員の割合を約27%から30%以上に引き上げる目標を掲げた。  同戦略をまとめるのは初めて。これに基づいて関係省庁が具体策を打ち...
»続きを読む
カテゴリー:

大学無償化、対象は年収380万円未満…政府が基本構想 - 06月14日(木)12:21 

 政府の「人生100年時代構想会議」は平成30年6月13日、人づくり革命の基本構想をとりまとめた。大学の無償化については、年収380万円未満の世帯を授業料減免や給付型奨学金の対象とし、世帯年収に応じて段階的に支援する。 人づくり革命の基本構想は、少子高齢化社会を見据えた人材投資のための主要方針や政策をまとめたもの。「幼児教育の無償化」「高等教育の無償化」「大学改革」「リカレント教育」「高齢者雇用の促進」について盛り込んでいる。 このうち、高等教育の無償化については、住民税非課税世帯(年収270万円未満)の学生に対し、授業料と入学金を国立大学は免除、公立大学は国立大学の金額を上限に免除する。私立大学の場合は、授業料は国立大学の金額に加え、私立大学の平均授業料と国立大学の授業料の差額の2分の1を加算した額まで、入学金は私立大学の入学金の平均額を上限に免除する。短大、高等専門学校、専門学校も大学に準じる。 給付型奨学金は、住民税非課税世帯の学生が学業に専念した学生生活を送るのに必要な生活費を賄えるよう、修学費(教科書・参考図書など)、課外活動費、通学費、食費(自宅外生に限って自宅生分を超える額を措置)、住居・光熱費(自宅外生に限る)、保健衛生費、通信費などを対象経費とする。大学、短大、高等専門学校、専門学校の受験料も計上する。 住民税非課税世帯に準じる低所得世帯についても段階的な支援を実...more
カテゴリー:

人生100年会議 基本構想をとりまとめ 6/13 21:47更新 - 06月13日(水)21:47 

政府は「人生100年時代構想会議」を開き、安倍政権の看板政策「人づくり革命」について幼児教育の無償化や大学改革などを柱とした、基本構想をとりまとめた。
カテゴリー:

【年収380万円以下の貧困層家庭に安倍自民から救いの手】大学無償化は年収380万円未満 政府方針 - 06月13日(水)20:53  news

政府の人生100年時代構想会議は13日の会合で、「人づくり革命」に関する基本構想を取りまとめた。大学など高等教育の無償化については、 年収380万円未満の世帯を対象に授業料の減免や返済不要の給付型奨学金の支給を実施する方針を盛り込んだ。  基本構想によると、国立大に通う住民税非課税世帯(年収270万円未満)の学生の授業料は全額免除。私立大は最大で年70万円程度減額する。 公立大は国立大の授業料を上限とし、短大や高専、専門学校は大学に準じた額とする。  住民税非課税世帯に準ずる世帯(年収27...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「大学改革」の画像

もっと見る

「大学改革」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる