「大塚商会」とは?

関連ニュース

オプティム---大塚商会における「OPTiM AI Camera」事例を発表、今後は幅広い業種に提供拡大 - 最新株式ニュース - 06月26日(金)09:22 

<3694>  オプティム  3410  0オプティム<3694>は25日、大塚商会<4768>において、社内の課題解決に「OPTiM AI Camera」を活用し、その課題の解決を通じて、顧客の問題解決に向けたサービス提供までをまとめた事例を発表した。 1,000人強の社員が働く大塚商会の本社ビルの、ランチタイムにおける混雑改善という課題に対し、「OPTiM AI Camera」を活用して社員食
カテゴリー:

WMSと連動し物流倉庫内で発生する煩雑な請求作業を自動化! 請求作業コスト・時間を劇的にカットする自動売上・請求システム 『Billing』をリリース - 06月24日(水)18:00 

eサプライチェーンプロセスの自動化システムを開発している株式会社コマースロボティクスは、2020年7月1日に同社の開発・運営しているクラウドWMS『AiR Logi(エアロジ)』(https://www.ec-zaiko.net/)の利用倉庫様向けに物流アクティビティ(作業)やタリフ(送料)を自動計算して請求書を自動作成する倉庫自動売上計上システム『Billing(ビリング)』をリリースします。『Billing』を導入することにより、これまで物流現場で多くの時間をかけていた請求書発行作業の自動化が可能になります。『Billing』は、当社のクラウドWMS『AiR Logi』と連携しており、『AiR Logi』に登録されたデータを元に、送料・作業費・資材費などを日次で自動計上し、荷主毎の請求書を発行するシステムです。あらかじめ計上する請求項目と請求単価を登録するだけで、あとは『Billing』が自動で日次の売上を計上します。荷主ごとに送料の地帯別料金を自動計算したり宅配会社からの請求データに洗替する機能も搭載しており、確度の高い請求書を発行することが可能です。どうしても自動計算できないアクティビティは、マスタ登録することで、Web作業日報を記録して請求データを作成することが可能です。株式会社コマースロボティクスは、『Billing』(ビリング)を1年間に100現場に導入することを目標...more
カテゴリー:

社員食堂の混雑状況をAIカメラで見える化 導入で得たノウハウをサービス販売につなげる - 06月26日(金)08:00 

大塚商会は社内の課題に際し、自らユーザーとしてAIを導入。そこで蓄積したノウハウを、今度は販社として顧客に提供していくビジョンを持っている。同社が「OPTiM AI Camera」でどのような課題を解決したのか、その詳細をレポートしよう。
カテゴリー:

「大塚商会」の画像

もっと見る

「大塚商会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる