「大型ハリケーン」とは?

関連ニュース

大型ハリケーン襲来も乗り切る、建物の秘密とは 米フロリダ州 - 10月21日(日)13:38 

大型ハリケーン「マイケル」が上陸した米フロリダ州で、周囲の家屋が大きな被害を受けるなか、外観はほぼ無傷で乗り切った建物が注目を集めている。「サンド・パレス」として知られるこの建物のオーナーに話を聞いた。 フロリダ州メキシコビーチにあるサンド・パレスは3階建ての建物で、4つの寝室を備える、リゾート地の貸別荘だ。オーナーのレブロン・ラッキー氏とラッセル・キング氏によれば、建物がハリケーンを乗り切っ...
カテゴリー:

米国を襲った大型ハリケーン「マイケル」、ステルス戦闘機F-22少なくとも17機を大破させる - 10月17日(水)06:00 

あるAnonymous Coward曰く、米国で発生した大型ハリケーン「マイケル」が米空軍基地を直撃、少なくとも17機が大破したという(毎日新聞)。 もし、F-22を追加生産するなら、日本の国産戦闘機検討問題に影響するかも。 被害を受けたフロリダ州のティンダル空軍基地は米第1空軍の司令部が設置されている基地。55機のF22が配備されていたという。ハリケーン接近に伴い33機が別の基地に避難していたが、残り22機は基地に残されていたという。 すべて読む | 軍事 | 関連ストーリー: 米下院軍事委員会、F-22の追加生産と同盟国への輸出を検討へ 2016年04月27日 自衛隊の次期主力戦闘機、F-35に内定 2009年11月24日 米上院、F-22 戦闘機の追加調達認めず 2009年07月24日 F-22 調達、日本の初期負担 2200 億円との米軍試算 2009年06月29日
カテゴリー:

ハリケーンの死者19人に、23万世帯停電 トランプ大統領が被災地訪問 - 10月16日(火)15:47 

大型ハリケーン「マイケル」による死者数は16日までに19人となった。依然として23万世帯超が停電となっている。トランプ大統領は15日、被災地を訪問した。 現地時間10日にフロリダ州に上陸したハリケーン「マイケル」の影響で各地に被害が出ている。 同州メキシコビーチは特に被害が大きかった地域だ。警察によれば、15日に1人の遺体が見つかり、同市での死者は2人となった。これにより、被災した4州での死者...
カテゴリー:

米軍最強の戦闘機F-22ラプター 17機が大破 - 10月15日(月)20:58  news

米メディアは14日、米空軍のステルス戦闘機F22がハリケーンの被害を受け、少なくとも17機が大破した可能性があると伝えた。 10~12日に南部を襲った大型ハリケーン「マイケル」が、F22が配備されているティンダル空軍基地を直撃したためという。F22の約1割が打撃を受けた形だ。  F22は米空軍の主力戦闘機。報道によると、55機が同基地に配備され、ハリケーン接近に伴い33機が中西部オハイオ州の基地に避難したが、残り22機は基地に待機していた。  F22は世界初のステルス戦闘機。当初は750機...
»続きを読む
カテゴリー:

F22戦闘機、ハリケーンの直撃を受け少なくとも17機が大破 - 10月15日(月)20:12  poverty

米メディアは14日、米空軍のステルス戦闘機F22がハリケーンの被害を受け、少なくとも17機が大破した可能性があると伝えた。 10~12日に南部を襲った大型ハリケーン「マイケル」が、F22が配備されているティンダル空軍基地を直撃したためという。F22の約1割が打撃を受けた形だ。 F22は米空軍の主力戦闘機。報道によると、55機が同基地に配備され、ハリケーン接近に伴い33機が中西部オハイオ州の基地に避難したが、残り22機は基地に待機していた。 https://mainichi.jp/articles/20181016/k00/00m/030/033...
»続きを読む
カテゴリー:

【地球終了】「2019年ノストラダムスの予言」…大洪水や移民、異常気象、カルト宗教、第三次世界大戦など大事件。全部日本の事でわろた - 10月19日(金)21:02  poverty

2019年ノストラダムス予言に大洪水や移民、異常気象、過激派宗教、第三次世界大戦など 「2019年のノストラダムス大予言」トップ9を発表 1. 日本もノアの洪水レベルの大洪水に見舞われる! ――ヨーロッパのいくつかの国が甚大な洪水に見舞われる。最も被害を被る国は、ハンガリー、イタリア、チェコ共和国、そしてイギリスである。 解説: ヨーロッパでは2018年、豪雨、雹(ひょう)、洪水、竜巻、大規模な落雷など継続的に天災に襲われている。アメリカでは9月に大型ハリケーン「フローレンス」が東部に上陸し、 1000年に一度...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】アメリカ、15年で1800紙を超える地方紙が消滅・・・「ニュース砂漠」広がる - 10月16日(火)18:48  newsplus

AFP通信 2018年10月16日 13:29 発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 ] 【10月16日 AFP】米国で2004年以降に1800を超える新聞が廃刊となり、公共問題に関する報道に接する機会がほとんどなくなる 「ニュース砂漠」が広がっていることが、15日に公表されたノースカロライナ大学(University of North Carolina)の研究者らによる報告書で明らかになった。 米新聞業界の苦境が改めて浮き彫りになった格好だ。 報告書は同大メディア・ジャーナリズム大学院がまとめたもので、2016年の調査結果を更新する内容。それによると、過去...
»続きを読む
カテゴリー:

【訃報】アメリカの最新鋭ステルス戦闘機、ハリケーン直撃で1割も大破して飛行不能に - 10月15日(月)22:06  poverty

【ワシントン会川晴之】米メディアは14日、米空軍のステルス戦闘機F22が ハリケーンの被害を受け、少なくとも17機が大破した可能性があると伝えた。 10~12日に南部を襲った大型ハリケーン「マイケル」が、 F22が配備されているティンダル空軍基地を直撃したためという。F22の約1割が打撃を受けた形だ。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000053-mai-n_ame ...
»続きを読む
カテゴリー:

【米国】世界初のステルス戦闘機「F22」 ハリケーン“マイケル”直撃で大量に大破か/ティンダル空軍基地 - 10月15日(月)20:55  newsplus

F22戦闘機 https://cdn.mainichi.jp/vol1/2018/10/16/20181016k0000m030039000p/9.jpg?1 【ワシントン会川晴之】米メディアは14日、米空軍のステルス戦闘機F22がハリケーンの被害を受け、少なくとも17機が大破した可能性があると伝えた。10~12日に南部を襲った大型ハリケーン「マイケル」が、F22が配備されているティンダル空軍基地を直撃したためという。F22の約1割が打撃を受けた形だ。 F22は米空軍の主力戦闘機。報道によると、55機が同基地に配備され、ハリケーン接近に伴い33機が中西部オハイオ...
»続きを読む
カテゴリー:

ステルス戦闘機:ハリケーン直撃で大量に大破か 米国 - 10月15日(月)18:18 

 【ワシントン会川晴之】米メディアは14日、米空軍のステルス戦闘機F22がハリケーンの被害を受け、少なくとも17機が大破した可能性があると伝えた。10~12日に南部を襲った大型ハリケーン「マイケル」が、F22が配備されているティンダル空軍基地を直撃したためという。F22の約1割が打撃を受けた形だ。
カテゴリー:

もっと見る

「大型ハリケーン」の画像

もっと見る

「大型ハリケーン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる