「大会期間中」とは?

関連ニュース

「東京五輪関係者の交通事故が75件に」首都高でトラックと軽に追突後側壁に複数回衝突して当て逃げ 他選手乗せたバスの事故も - 08月02日(月)17:09  newsplus

きのう午後6時ごろ、首都高台場線の下りで大会ボランティアの50代の男性が運転する大会関係車両がトラックと軽ワゴン車に相次いで追突し、さらに側壁に複数回ぶつかり、走り去りました。 追突された軽ワゴン車の女性2人が病院に運ばれたということです。 車には大会関係者1人が同乗していましたが大破したまま走行を続け、運転していた男性は千葉県内で職務質問を受けました。 男性は「五輪スタッフを送ることを優先した」と話しているということで、警視庁は当て逃げの疑いで捜査しています。 また、きのう昼すぎには首都...
»続きを読む
カテゴリー:

白人様 ジャップスタッフの指導に従わない…(´・ω・`) - 08月01日(日)22:58  poverty

東京五輪 会場で相次ぐマスクなし応援 観客席で関係者「密」も  東京オリンピックの競技会場で、選手らがマスクを着用せずに応援したり、写真撮影したりする姿が目立ち始めた。 大会関係者の新型コロナウイルス感染が相次ぐ中、国際オリンピック委員会(IOC)は「誰であろうとルールを守ってほしい」と呼びかける。だが、肝心のルールは大会期間中に急きょ緩和されたものもあり、IOC側の対応が定まっていないようにも見える。 https://mainichi.jp/articles/20210731/k00/00m/040/051000c ...
»続きを読む
カテゴリー:

東京2020競技映像の放送サービス、アリババクラウド介して配信 - 07月29日(木)19:25 

アリババグループのアリババクラウドは7月29日、オリンピック放送機構(OBS)との協業の下、東京2020大会期間中に同社のクラウドサービスを提供していることを発表した。各国の放送権者に対して、同社のクラウドプラットフォーム上に構築した「OBSクラウド」を活用したサービスを提供する。
カテゴリー:

翻弄された築地 コロナで大打撃 見えない五輪後 女将の思い - 07月27日(火)08:00 

 東京オリンピック・パラリンピックの選手村や競技会場が集中する東京の湾岸エリア周辺。かつて築地市場があった跡地は大会期間中、車両基地として使われているが、大会後にどうなるかは未定だ。市場が豊洲に移転した後も、新型コロナウイルスと五輪に翻弄(ほんろう)される築地を訪ねた。【松倉佑輔/デジタル報道センタ
カテゴリー:

東京オリンピックへのサイバー攻撃「発生ない」 加藤官房長官 - 07月26日(月)15:11 

 加藤勝信官房長官は26日の記者会見で、東京五輪へのサイバー攻撃について、「現時点まで問題の発生は確認されていないと報告を受けている」と述べた。加藤氏は「引き続き大会期間中のセキュリティー確保のため、関係機関と連携して対応に万全を期したい」と強調した。
カテゴリー:

【悲報】BBCさん、五輪で浮かれる日本マスコミに真のジャーナリズムを見せつけてしまう【代理】 - 08月01日(日)23:27  poverty

https://www.bbc.com/news/av/world-asia-58016848 オリンピック:東京のホームレスの隠れた光景 国がオリンピックを開催するとき、開催都市の重要な部分をクリーンアップして再開発するために多くの場合大きな努力があります。 東京のホームレスコミュニティは、大会期間中、視界から身を隠すというプレッシャーに直面しています。 2013年に日本が夏季オリンピックの開催を決定して以来、当局はホームレスに対してより厳しいアプローチを取っています。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

南部鉄器や津軽塗…JTBが東北の魅力発信イベント 東京・お台場 - 08月01日(日)14:30 

 東京オリンピックは大会の理念として、東日本大震災からの「復興五輪」をうたっている。そのビジョンに沿って大会期間中に東北地方の魅力を発信しようと、りんかい線の東京テレポート駅前広場でイベント「Feel the TOHOKU」が開催中だ。
カテゴリー:

首都高以外が大渋滞に。変動料金制度「ロードプライシング」は天下の愚策か - 07月28日(水)17:59 

東京五輪開催中の現在、首都高速で実施されている変動料金制度「ロードプライシング」。その煽りを受け周辺の一般道が深刻な大渋滞に見舞われましたが、国交省は当制度の本格的導入の検討を開始しました。その裏には「思惑」めいたものが存在しているのでしょうか。今回のメルマガ『uttiiの電子版ウォッチ DELUXE』では著者でジャーナリストの内田誠さんが、この夏のロードプライシング実施に至るまでの過程を朝日新聞の記事を引く形で紹介。その上で、国交省が何を画策しているのかについて推測しています。 新聞の裏側にある真実を読み解くジャーナリスト、内田誠さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ   五輪開催に伴う交通規制の一環として急激にクローズアップされた「ロードプライシング」を新聞各紙はどう報じてきたか? きょうは《朝日》から。 「ロードプライシング」についての記事に注目。 五輪開催に伴う交通規制の一環として急激にクローズアップされた言葉ですが、元々「五輪」とは関係なく、将来の無料開放を含めた高速道路行政のキー概念の1つ。 《朝日》のデータベースを調べると、サイト内は35件、1年以内の紙面掲載記事では6件にヒット。 【フォーカス・イン】 まずは今朝の《朝日》1面の記事。見出しと【セブンNEWS】第2項目の再掲から。 高速道「変動料金」国交省が導入検討 国交省は、高速道路料金を混雑時に値上げする変動料金制...more
カテゴリー:

【東京五輪スペシャルトーク】貴乃花光司さん、柔道・阿部兄妹「金」を祝福「一番に輝くメダルにふさわしい」 平成の大横綱が独自のアスリート目線で解説 - 07月26日(月)15:30 

いよいよ熱戦の火ぶたが切られた東京五輪をスポーツ界から政界、芸能界まで多彩な顔ぶれが日替わりで熱く語る特別企画。大会期間中は月・木の週2回、大相撲第65代横綱の…
カテゴリー:

3年前の為末大「大会中の気温を心配する奴は反政府!」→「こんな暑い中で競技できるか!アスリートの事を考えろ!」 大炎上中 - 07月26日(月)12:56  poverty

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1808/06/news079_3.html 月には元陸上選手の為末大氏が「ところで大会期間中の気温を心配する人たちと、現政権に反対の人たちが妙に重なっているのが偶然だろうか」とTwitterに投稿し、批判も受けた。 為末氏の意図は不明だが、五輪に向かって国民が一丸となるような時代ではなく、むしろ分断の触媒にもなりかねないことを示してもいる。 五輪組織委の森会長は日刊スポーツによるインタビューに対し、「“ピンチはチャンス”という発想で、暑さ対策で日本のイノベーションを世界...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる