「大下容子」とは?

関連ニュース

『バイキング』拡大に潜む死角…『大下容子ワイド!スクランブル』が高視聴率の意外な理由 - 09月14日(月)09:50 

伝説的なバラエティ『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の記憶が、我々から消えていきつつある。それを加速させているのが、『いいとも』の後にスタートした『バイキング』の“長寿番組”化だ。当初の壊滅的な視聴率危機を乗り越え、今年4月には放送7年目を迎えている。「9月28日から、同番組は...
カテゴリー:

『ザ・タイムショック2020』放送決定!中山秀征「過去最高のスリリングな展開」と大興奮 - 09月09日(水)13:10 

1969年1月に放送開始、1分間という制限時間で12問に答えるというスタイルはそのままに、時代ごとにさまざまなクイズ方式を導入しながら、クイズ番組としての歴史を積み上げてきた『タイムショック』。昨年2019年には50周年を迎えた同番組が、さらにパワーアップ。10月7日(水)に、『ザ・タイムショック2020』を放送する。2000年から20年、司会として番組を見届けてきた中山秀征が「過去最高のスリリングな展開」と語るほど、ドラマと波乱に満ちた3時間でお届けする『ザ・タイムショック2020』。現在、史上初の3連覇を成し遂げており、前人未到の4連覇を狙う最強のクイズ王・カズレーザーを倒すべく、出演者たちは、あの手この手で驚きの準備を整える。カズレーザー主催のクイズ会のメンバーであるえなりかずきをはじめ、MENSA会員でもある岩永徹也、東大出身の三浦奈保子らも『ザ・タイムショック』の過去50年の問題をすべて振り返り、とことん研究。若手からベテラン勢まで全員が、カズレーザー超えを狙う。◆1回戦から優勝候補同士が激突!宮崎美子とやくみつるというクイズ界を長年引っ張ってきたベテラン勢から、今クイズ番組で勢いを見せる岩永、三浦をはじめとした20代、30代の若手まで、芸能界の頭脳という頭脳が集結した今回。クイズ界の強者たちが一堂に会し、世代を超えた白熱の戦いを繰り広げる。1回戦では、初登場のフリーアナ...more
カテゴリー:

「大下容子」の画像

もっと見る

「大下容子」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる