「外務次官」とは?

関連ニュース

「タンカーを守るのに日本人の犠牲者が出たら困るので、アメリカ人だけ死ねばいいと思っている日本」 反論できる? - 07月22日(月)20:09  poverty

間もなく日本は、「踏み絵」を突きつけられることになりそうだ。 「踏み絵」とは、米軍がイラン沖で組織する「タンカー防衛有志連合」への参加だ。 日本の有志連合参加に反対する人は、多いだろう。その主な理由は、「自衛隊員の犠牲者が出るかもしれないから」だと思われる。 確かに、筆者も一日本国民として、自衛隊員が犠牲になることは望まない。 しかし、よく考えてほしい。 われわれが「危ないから有志連合に参加するな」と言うとき、「そんな危険なことは、米兵に任せておけばいい」「日本人が1人死ぬのは絶対ダメだが、...
»続きを読む
カテゴリー:

イラン、無人機破壊を否定「米は自分のものを撃ったのでは」 - 07月19日(金)17:18 

【カイロ=佐藤貴生】イランのアラグチ外務次官は19日、米国がイランの無人機を破壊したと発表したことについて、「私たちはホルムズ海峡でも他の場所でも無人機を失って…
カテゴリー:

イラン外務次官「無人機失っていない」、米の撃墜主張に反論 - 07月19日(金)15:30 

イランのアラグチ外務次官は19日、ホルムズ海峡で米艦船が、接近してきたイランの無人機を撃墜したと米政権が発表したことについて、イランはホルムズ海峡で無人機を失ったという事実はないと述べた。
カテゴリー:

米ロ、中国含む新たな核削減条約模索 17日に会合=米当局者 - 07月16日(火)08:13 

[ワシントン 15日 ロイター] - 米国とロシアの当局者は最終的には中国も含む新たな核兵器削減条約の実現性を模索するために17日にジュネーブで会合を開くことが、米当局者の話で15日明らかになった。 米国代表団はサリバン国務副長官が率い、国家安全保障会議(NSC)のティム・モリソン氏のほか、国防総省、統合参謀本部、国家安全保障局(NSA)などの当局者が参加する。 ロシア代表団はリャブコフ外務次官が
カテゴリー:

秋葉外務次官が米国務次官補と会談、イラン情勢な.. - 07月12日(金)22:15 

秋葉外務次官が米国務次官補と会談、イラン情勢など意見交換
カテゴリー:

米軍がイラン無人機破壊 イランは否定、非難合戦に ホルムズ海峡 - 07月19日(金)20:02 

 トランプ米大統領は18日、中東のホルムズ海峡で米軍の強襲揚陸艦「ボクサー」に至近距離まで迫ってきたイランの無人機を破壊したと発表した。再三の警告を無視し、約900メートルまで接近したため、自衛措置に踏み切ったという。これに対しイランのアラグチ外務次官は19日、「我々はホルムズ海峡やその他の海域で、
カテゴリー:

イラン反論「無人機失ってない」 - 07月19日(金)15:30 

[ドバイ19日ロイター]-イランのアラグチ外務次官は19日、ホルムズ海峡で米艦船が、接近してきたイランの無人機を撃墜したと米政権が発表したことについて、イランは...
カテゴリー:

粛清説の北朝鮮実務者、生存か - 07月17日(水)05:59 

 今年2月の米朝首脳会談が物別れに終わった責任を問われ銃殺されたと韓国紙に報じられた北朝鮮の実務者キム・ヒョクチョル氏について、韓国の情報機関は生存しているとの見方を示しました。  これは韓国の情報機関・国家情報院から北朝鮮のキム・ヒョクチョル氏が「生存している」との報告を受けたとする韓国の国会議員が明らかにしたものです。  「きょうの国家情報院の報告では“総合的に評価すれば、生存しているとみられる”ということだった」(韓国 イ・へフン国家情報委員長)  キム・ヒョクチョル氏は、アメリカ担当特別代表として今年2月の首脳会談に向けた実務者の協議にあたっていましたが、会談は物別れに終わったことで韓国紙が「平壌郊外の飛行場で銃殺された」と報じていました。ただ、現在の待遇などは明らかになっていません。  また、国家情報院は、先月末に電撃的に実現した3回目の米朝首脳会談について「トランプ大統領の提案に北朝鮮側が迅速に反応した」との見方を示し、李容浩(リ・ヨンホ)外相や崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官ら北朝鮮外務省が総出で首脳会談を主導したと分析しました。  今後、アメリカとの非核化交渉における実務担当者となるのはキム・ミョンギル前駐ベトナム大使が有力だとしています。(16日22:35)
カテゴリー:

中国の前国連大使が外務次官に就任 - 07月15日(月)21:41 

 中国外務省の報道局長や国連大使を務めた馬朝旭氏(55)が外務次官に就任したことが15日、中国外務省のウェブサイトで分かった。国際会議や国際経済、軍縮を担当する。
カテゴリー:

米国務省次官補来日、外務次官らと会談 イラン情勢など意見交換 - 07月12日(金)20:08 

 米国務省で東アジア・太平洋地域を担当するスティルウェル次官補が就任後初めて来日し、外務省で12日、秋葉剛男事務次官らと会談した。北朝鮮を含む地域情勢で緊密に連携することを確認し、イラン情勢についても意見を交わしたとみられる。外務省の鈴木量博北米局長、金杉憲治アジア大洋州局長ともそれぞれ会談。日米が
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「外務次官」の画像

もっと見る

「外務次官」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる