「塩化カルシウム」とは?

関連ニュース

福島第一原発の凍土壁 冷媒4トン以上漏れる - 01月18日(火)15:23  poverty

福島第一 凍土壁で“冷媒”4トン以上漏れる パイプ損傷か 01月18日 13時40分 東京電力は、福島第一原子力発電所の建屋の周囲の地盤を凍らせて地下水の流入を抑える「凍土壁」で、地下に埋め込んだパイプから、マイナス30度の「冷媒」と呼ばれる液体が4トン以上漏れ出たと発表しました。 パイプの一部が損傷した可能性があるということです。 「凍土壁」は、汚染水を減らす対策の1つで、福島第一原発の建屋の周囲にパイプを埋め込み、マイナス30度の「冷媒」と呼ばれる液体を流し込むことで“氷の壁”を張り巡らせ、地下水が...
»続きを読む
カテゴリー:

【環境】融雪剤が湖の塩分濃度を急上昇させていることが判明 - 01月16日(日)08:21  scienceplus

融雪剤が湖の塩分濃度を急上昇させていることが判明  雪の多い地域では道路上に積もった雪を溶かしたり、溶けた水が凍結したりするのを防ぐために、塩化ナトリウムや塩化カルシウムを使用した融雪剤が使われています。  ところが、融雪剤由来の塩が淡水の池や湖に流れ込むと水の塩分濃度が上昇してしまうそうで、「世界で5番目の面積を持つミシガン湖の塩分濃度が過去40年間で急上昇している」と報告されています。  Tributary chloride loading into Lake Michigan - Dugan - - Limnology and Oceanography Letters - Wiley Onl...
»続きを読む
カテゴリー:

融雪剤の環境汚染が問題に 塩分が湖に流れ込み、塩分濃度が急上昇 - 01月16日(日)19:01  news

雪の多い地域では道路上に積もった雪を溶かしたり、溶けた水が凍結したりするのを防ぐために、塩化ナトリウムや塩化カルシウムを使用した融雪剤が使われています。 ところが、融雪剤由来の塩が淡水の池や湖に流れ込むと水の塩分濃度が上昇してしまうそうで、「世界で5番目の面積を持つミシガン湖の塩分濃度が過去40年間で急上昇している」と報告されています。 北アメリカにある五大湖は世界中で利用可能な淡水の約20%を占めており、支流を含む水系は北米大陸に住む人々にとって非常に重要です。ところが、近年では道路の雪を溶か...
»続きを読む
カテゴリー:

融雪剤が湖の塩分濃度を急上昇させていることが判明 - 01月15日(土)23:00 

雪の多い地域では道路上に積もった雪を溶かしたり、溶けた水が凍結したりするのを防ぐために、塩化ナトリウムや塩化カルシウムを使用した融雪剤が使われています。ところが、融雪剤由来の塩が淡水の池や湖に流れ込むと水の塩分濃度が上昇してしまうそうで、「世界で5番目の面積を持つミシガン湖の塩分濃度が過去40年間で急上昇している」と報告されています。
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる