「塩分濃度」とは?

関連ニュース

昨年(2021年)夏に久し振りに三方五湖にハゼ釣りに.. - 01月21日(金)19:41 

昨年(2021年)夏に久し振りに三方五湖にハゼ釣りに行ったら爆釣した。昔に比べて塩分濃度が上がっているらしくちょい投げでキスやカレイも釣れた。
カテゴリー:

【環境】融雪剤が湖の塩分濃度を急上昇させていることが判明 - 01月16日(日)08:21  scienceplus

融雪剤が湖の塩分濃度を急上昇させていることが判明  雪の多い地域では道路上に積もった雪を溶かしたり、溶けた水が凍結したりするのを防ぐために、塩化ナトリウムや塩化カルシウムを使用した融雪剤が使われています。  ところが、融雪剤由来の塩が淡水の池や湖に流れ込むと水の塩分濃度が上昇してしまうそうで、「世界で5番目の面積を持つミシガン湖の塩分濃度が過去40年間で急上昇している」と報告されています。  Tributary chloride loading into Lake Michigan - Dugan - - Limnology and Oceanography Letters - Wiley Onl...
»続きを読む
カテゴリー:

まもなく「お花見にミカン」時代がやってくる! - 01月04日(火)08:00 

“こたつにみかん”といえば、ひと昔前の冬の定番風景。いま、まさに最旬期を迎えている温州みかんは、品種にもよるが多くは1月中には収穫が終わる。それを桜の咲くころでも良質な果実が出荷できるよう、品種改良されたみかんが登場した。「春しずか」と命名された温州みかん。あの理研(理化学研究所)の技術が一役買っているという。先月発表された内容によると、仁科加速器科学研究センターの理研リングサイクロトロンから発生する「重イオンビーム」による変異誘発技術を活用し、新品種の作出に成功したんだそう。いわく、重イオンビームとは、原子から電子をはぎとって作られたイオンのなかでヘリウムイオンより重いもの(重イオン)を加速器を用いて大量に加速したもののことらしい。うーん、ムズカシイ。日本独自の技術である重イオンビームを用いた変異誘発法は、ほかにも「海水の30%程度の塩分濃度の塩害水田でも育成可能なイネ」や、「強風でも倒伏しないソバ」の品種改良にも成功しており、食料問題や環境問題への解決策として大きな期待が寄せられているという。そして、この「春しずか」も。国内有数の温州みかん生産地・静岡県では、その大半が「青島温州」と呼ばれる品種。そのため収穫や出荷の時期が集中し、生産農家にとって大きな負担となっている現状があった。さらに、地球温暖化による果実の品質低下も同時に問題となっていた。変異誘発の...more
カテゴリー:

融雪剤の環境汚染が問題に 塩分が湖に流れ込み、塩分濃度が急上昇 - 01月16日(日)19:01  news

雪の多い地域では道路上に積もった雪を溶かしたり、溶けた水が凍結したりするのを防ぐために、塩化ナトリウムや塩化カルシウムを使用した融雪剤が使われています。 ところが、融雪剤由来の塩が淡水の池や湖に流れ込むと水の塩分濃度が上昇してしまうそうで、「世界で5番目の面積を持つミシガン湖の塩分濃度が過去40年間で急上昇している」と報告されています。 北アメリカにある五大湖は世界中で利用可能な淡水の約20%を占めており、支流を含む水系は北米大陸に住む人々にとって非常に重要です。ところが、近年では道路の雪を溶か...
»続きを読む
カテゴリー:

融雪剤が湖の塩分濃度を急上昇させていることが判明 - 01月15日(土)23:00 

雪の多い地域では道路上に積もった雪を溶かしたり、溶けた水が凍結したりするのを防ぐために、塩化ナトリウムや塩化カルシウムを使用した融雪剤が使われています。ところが、融雪剤由来の塩が淡水の池や湖に流れ込むと水の塩分濃度が上昇してしまうそうで、「世界で5番目の面積を持つミシガン湖の塩分濃度が過去40年間で急上昇している」と報告されています。
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる