「埼玉県熊谷市」とは?

関連ニュース

沿線地域の酒蔵とのコラボレーション 「秩父鉄道創立120周年記念酒」発売 ~日本酒とワインをオリジナルラベルで~ - 06月18日(火)13:00 

秩父鉄道株式会社(本社:埼玉県熊谷市、代表取締役社長:大谷 隆男)および株式会社矢尾本店(本社:埼玉県秩父市、代表取締役社長:矢尾 琢也)・株式会社秩父ファーマーズファクトリー(代表取締役:深田 和彦)では、秩父鉄道創立120周年を記念した特別仕様の日本酒・ワインを6月22日(土)に先行販売、23日(日)から通常販売いたします。先行販売となる6月22日(土)は、「SL秩父鉄道創立120周年記念酒号」を運転し、くだり車内で試飲...
カテゴリー:

【悲報】 熊谷6人殺害のペルー人、統失無罪へ 犯人の兄は25人殺害した殺人鬼(兄も精神疾患持ち) - 06月10日(月)19:52  poverty

熊谷6人殺害、弁護側再び無罪主張…責任能力争う 5 時間前  埼玉県熊谷市で2015年、3軒の住宅に侵入し、男女6人を殺害したとして、強盗殺人罪などに問われ、1審で死刑判決を受けたペルー国籍のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(33)の控訴審第1回公判が10日、 東京高裁(大熊一之裁判長)であった。弁護側は、無罪を主張した1審と同様、被告の責任能力を争う姿勢を示した。一方、検察側は弁護側の控訴を棄却するよう求めた。  公判は午前10時15分頃に開廷。被告は開廷前には両隣の刑務官に盛んに話...
»続きを読む
カテゴリー:

埼玉・熊谷で6人殺害の被告、改めて無罪主張 控訴審で「統合失調症」と医師 - 06月10日(月)17:32  news

埼玉県熊谷市で2015年、男女6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われ、一審さいたま地裁の裁判員裁判で死刑判決を 言い渡されたペルー人、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(33)の控訴審初公判が10日、東京高裁で開かれた。 弁護側は「被告は事件当時、心神喪失状態だった」と改めて無罪を主張。検察側は控訴棄却を求めた。 弁護側の依頼で精神鑑定をした医師が出廷し「被告が事件前から統合失調症を発症していたのは間違いない」と一審同様に証言。 「(何かを命令されるような)幻聴を聞いていてもおか...
»続きを読む
カテゴリー:

熊谷6人殺害事件 被告のペルー人 2審も無罪主張 - 06月10日(月)14:40 

4年前、埼玉県熊谷市で3軒の住宅に次々に侵入して6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われ、1審で死刑を言い渡されたペルー人の被告の2審の裁判が始まり、被告の弁護士は責任能力がない状態だったとして改めて無罪を主張しました。
カテゴリー:

精神鑑定の医師が証言 熊谷6人殺害、二審初公判 - 06月10日(月)11:56 

 埼玉県熊谷市で平成27年、男女6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われ、一審さいたま地裁の裁判員裁判で死刑判決を言い渡されたペルー人、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(33)の控訴審初公判が10日、東京高裁で開かれた。弁護側の依頼で精神鑑定をした医師が出廷し「被告は事件当時、(妄想によって)何かからの脅威を感じていた」と証言した。
カテゴリー:

昨年の埼玉・熊谷猛暑 「フェーン現象」「山肌の熱」が要因 - 06月17日(月)15:24 

 昨年7月23日に埼玉県熊谷市で国内観測史上最高となる気温41.1度を記録した猛暑は、日本海の上空にあった空気が関東平野北西の山地を越える際にフェーン現象を起こして温度が上昇したのに加え、日照を受けた山肌からも熱を吸収する二つの要因が重なって起きたことが17日、筑波大の日下博幸教授らの研究で分かった
カテゴリー:

一審で死刑判決の強盗殺人のペルー人 6人も殺しときながら改めて無罪主張 - 06月10日(月)18:02  news

熊谷6人殺害で二審初公判 弁護側、改めて無罪主張 埼玉県熊谷市で2015年、男女6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われ、一審・さいたま地裁の裁判員裁判で死刑判決を言い渡されたペルー人、 ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(33)の控訴審初公判が10日、東京高裁(大熊一之裁判長)で開かれた。 弁護側は「被告は事件当時、心神喪失状態だった」と改めて無罪を主張した。 弁護側の依頼で精神鑑定をした医師が出廷し「被告が事件前から統合失調症を発症していたのは間違いない」と一審同様に証言。 「(何かを...
»続きを読む
カテゴリー:

ナゼ? 埼玉県・熊谷人がこぞって新幹線通勤を選ぶ理由 - 06月10日(月)17:29 

関ジャニ∞が全国の視聴者から寄せられた目撃情報をもとに、ありえない事件を独自の目線で紹介する「ありえへん∞世界」。6月11日(火)夜6時55分からは、「ありえへん∞世界 事件です!〇〇人の生態調査&意表をつく大調査!2時間SP」を放送。そこでここでは、「事件です!〇〇人の生態調査」の中から、「埼玉県熊谷人 2000人が新幹線で通勤している事件」を紹介する。埼玉県北部に位置する「熊谷市」。ここに生息する熊谷人の約2,000人が、新幹線に乗って東京都内へ通勤しているというのだ。これはいったいどういうこと?埼玉県の北部に位置する熊谷市。新宿駅から熊谷駅までは湘南新宿ラインで約1時間10分、東京駅からも高崎線でほぼ同じ所要時間で行くことができる。早速、通勤の交通手段について熊谷人に話を聞いてみることに。「何で通勤しているんですか?」との問いに、"新幹線"の声がちらほら。北陸新幹線と上越新幹線の2つが走る熊谷駅。時間で言えば、在来線の約半分の所要時間、たった40分で東京まで行くことが可能。そのため、新幹線通勤をする熊谷人の数は2000人にものぼるらしい。ちなみに、熊谷~東京の新幹線定期代金は1ヵ月で約7万円。約4万円の新幹線定期代を負担してくれる会社もあるそう。しかし、中には自腹で新幹線定期代を負担する人も...。通勤時間の短縮と、混雑する高崎線を避け、確実に座って通勤ができる新幹線...more
カテゴリー:

【熊谷連続殺人】6人殺害で1審死刑のペルー人被告、改めて無罪主張 「統合失調症」と医師 東京高裁 - 06月10日(月)12:47  newsplus

6人殺害の被告、改めて無罪主張 控訴審で「統合失調症」と医師  埼玉県熊谷市で2015年、男女6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われ、一審さいたま地裁の裁判員裁判で死刑判決を言い渡されたペルー人、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(33)の控訴審初公判が10日、東京高裁で開かれた。  弁護側は「被告は事件当時、心神喪失状態だった」と改めて無罪を主張。検察側は控訴棄却を求めた。  弁護側の依頼で精神鑑定をした医師が出廷し「被告が事件前から統合失調症を発症していたのは間違いない」と一審同様に証...
»続きを読む
カテゴリー:

熊谷6人殺害・控訴審初公判 弁護側改めて無罪主張 東京高裁 - 06月10日(月)10:57 

 埼玉県熊谷市で2015年、小学生2人を含む6人が殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われ1審で死刑判決を受けたナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(33)=ペルー国籍=の控訴審第1回公判が10日、東京高裁(大熊一之裁判長)で開かれ、弁護側は改めて無罪を主張した。検察側は控訴棄却を求めた。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「埼玉県熊谷市」の画像

もっと見る

「埼玉県熊谷市」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる