「基本理念」とは?

関連ニュース

引きこもり、40歳以上が6割を占める!何故最近の若者は働くのか - 02月19日(火)13:11  poverty

引きこもりの実態を把握しようと岩手県が初めて実施した調査で、引きこもり状態とみられる人は県内に1616人おり、このうち40代以上が61.7%を占めていることが分かった。現役世代を含む「大人の引きこもり」対策の必要性が浮き彫りになった。 内訳は男性が1148人で約7割を占めた。年代別では40代が407人(25.2%)で最も多く、30代が333人(20.6%)、50代が317人(19.6%)と続いた。引きこもり状態の期間は10年以上が598人(37.1%)で最多だった。 現在受けている支援は「不明」が44.4%、「何も受けていない」が28.5%...
»続きを読む
カテゴリー:

<引きこもり>岩手県が初の実態調査、40代以上が6割占める - 02月18日(月)10:05  newsplus

引きこもりの実態を把握しようと岩手県が初めて実施した調査で、引きこもり状態とみられる人は県内に1616人おり、このうち40代以上が61.7%を占めていることが分かった。現役世代を含む「大人の引きこもり」対策の必要性が浮き彫りになった。 内訳は男性が1148人で約7割を占めた。年代別では40代が407人(25.2%)で最も多く、30代が333人(20.6%)、50代が317人(19.6%)と続いた。引きこもり状態の期間は10年以上が598人(37.1%)で最多だった。 現在受けている支援は「不明」が44.4%、「何も受けていない」が28.5%。...
»続きを読む
カテゴリー:

国民と自由が合流へ政策協議始める 原発再稼働が焦点に - 02月12日(火)18:24 

 国民民主党の平野博文幹事長は12日、国会内で自由党の小沢一郎共同代表と会談し、党合流に向けた政策協議を開始した。国民の基本理念や政策を軸に両氏の間で調整し、春の統一地方選までの合意を目指す。
カテゴリー:

日本スポーツコミュニケーション協会はアクアスロン競技における安全および競技力向上のため神奈川県トライアスロン連合と競技運営におい て提携します。 - 02月19日(火)09:00 

一般社団法人日本スポーツコミュニケーション協会(本社:千代田区、代表理事:奥島 康志、以下JSCA)は、協会が神奈川県にて開催しているアクアスロンの大会において、その競技力及び安全性の向上のための、一般社団法人神奈川県トライアスロン連合(会長:渡邉 英夫、以下KnTU)と競技運営において連携することで2019年2月19日に提携した。JSCAでは、2013年よりオープンウォータースイミング、マラソン、トレイルラン、アクアスロンといった競技の大会やイベントを開催してきました。JSCAの基本理念として誰もがスポーツを楽しめるという事をモットーに、楽しく敷居の低い大会やイベントを目指してきました。その上で本年2019年を迎えて、2020TOKYOを目前にしてこれまでやってきた大会よりさらに競技性を高めて公益財団法人日本トライアスロン連合(以下JTU)が定める競技ルールに則り、KnTUからテクニカルオフィシャルの協力を得てより“安全”で“楽しい”大会を開催して参ります。1. 一般社団法人神奈川県トライアスロン連合協力大会横浜大会:第2回横浜・海の公園アクアスロン大会大磯大会:第3回大磯・照が崎アクアスロン大会2. 主催横浜大会:第2回横浜・海の公園アクアスロン大会実行委員会大磯大会:第3回大磯・照が崎アクアスロン大会実行委員会(主管:一般社団法人日本スポーツコミュニケーション協会)(競技運営...more
カテゴリー:

歩く生活スタイル推進 県が次期総合計画の骨子案 - 02月16日(土)08:30 

佐賀県は、2019年度から4年間の県政運営の方策を示す次期総合計画の骨子案を公表した。「人を大切に、世界に誇れる佐賀づくり」の基本理念を継続しつつ「持続可能な開発目標(SDGs)」を意識し、歩く生活スタイルや交流の推進などを打ち出している。パブリックコメントや意見交換会を踏まえ、6月県議会に最終案を提案する。 計画期間は22年度までで、人口減少や少子高齢化がさらに進み、在留外国人が増加すると予想している。
カテゴリー:

「基本理念」の画像

もっと見る

「基本理念」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる