「培養肉」とは?

関連ニュース

米FDA 培養肉を食用認可 コスト面などの課題も - 12月03日(土)18:00 

米国食品医薬品局(FDA)は11月16日、培養肉を米国で初めて食用として認可したと発表した。豚・牛などの飼育は […]
カテゴリー:

小泉進次郎が国民に迫るセクシー昆虫食!?「コオロギ給食」炎上で不安の声、「日本の食文化が破壊される」「子供が可哀想」食育上の疑問も - 11月30日(水)19:15 

28日、徳島県の県立高校で試験的に「食用コオロギ」の粉末が学校給食として提供されたことがネット上で大きな話題となっている。昆虫食は「環境への負担が少ない」「栄養価が高い」「生産・加工がしやすい」などメリットがあるとされている。従来の農作物では森林を伐採して環境破壊につながり、畜産は鳥インフルエンザなどのリスクがあるため行き詰まっている。そんな食糧危機の救世主として注目されている昆虫食だが、一部の支持者を除いて、抵抗が多いのも事実。本当に昆虫食は普及するのだろうか? 「気持ち悪い」「まっぴらごめん」普及を阻む親世代の根強い抵抗感 報道では「昆虫食」が肯定的に伝えられているが、やはりネットの声を拾うと、抵抗を感じる声が大多数だ。 「気持ち悪い」「まっぴらごめん」「『海老に似て美味しい』というが、そもそも虫が口の中に入っていると思っただけで、耐えられない」「粉末にしたからといって、虫を食べているという抵抗感は消えない」「子供が可哀想」「いま学生じゃなくて良かった」などと、「昆虫食」を頑として受けつけない人が多い。 また、昆虫食自体に抵抗はないものの、現行の昆虫食の価格が高かったり、昆虫を大量に飼育するシステムがまだ確立していないため、「普及するのは無理だろう」と悲観する人も多い。 巨大匿名掲示板「2ちゃんねる」創設者で実業家のひろゆき氏は、「昆虫食で食糧危機を補おうと考えている人はみんな...more
カテゴリー:

こんにゃくとナッツを融合した次世代プロテインバー、年末の限定先行販売が決定 - 11月22日(火)17:39 

現在、環境保全や動物福祉、健康の観点から、世界中でさまざまな代替タンパク質商品の開発がなされています。 そんな中、次世代食のフードテック事業NinjaFoodsを展開する株式会社Sydecasは、次世代プロテインバーの共創開発プロジェクトを開始し、プロジェクトの第一弾として、12月下旬にナチュラルナッツバーを先行限定販売することを決定しました。 今回は市場ニーズとのすり合わせを行うためのベータ版として、応援購入プラットフォームMakuake(マクアケ)での提供を予定しています。 なお、一般販売予定価格よりお得な先行価格版も設定予定です。また、プロジェクト開始に合わせ、「誰よりも早くお得に試したい」というアーリーアダプターの方向けに、NinjaFoods公式LINEでの見逃し防止アラートの配信も行います。 代替タンパク質普及の背景 代替タンパク質は、大豆などの植物由来のものに代表され、ほかにも菌(キノコの菌糸など)由来のもの、昆虫ベースや、藻類・酵母など微生物ベースの代替肉が開発されています。細胞培養によってつくられる「培養肉」も注目されており、牛肉や魚肉、魚卵の開発も進められています。 NinjaPasteの可能性 NinjaFoodsで用いられるのは、こんにゃく芋から生まれた食物繊維素材「NinjaPaste」です。これはこんにゃくをペースト状に成形したもので、ほかの素材に混合...more
カテゴリー:

培養肉の販売が米国で初めて承認、ついに一般提供される日がやってくる - 11月18日(金)08:00 

本物の動物細胞からつくられた培養肉の販売が、米食品医薬品局(FDA)に初めて承認された。ついに米国で一般提供されることになるが、まだ量産に向けた課題は山積している。
カテゴリー:

【生殖テクノロジーの進化によって「女性は妊娠に.. - 11月17日(木)12:45 

【生殖テクノロジーの進化によって「女性は妊娠によって与えられている優位性を失う」のか?】 指数関数的に進歩するテクノロジーによって、わたしたちの生活・人生はどのように変わっていくか。「人工子宮で生まれ、培養肉を食べて育ち、セックスロボットと性愛し、安…
カテゴリー:

研究開発が進み見た目も味もホンモノと変わらない.. - 12月02日(金)08:00 

研究開発が進み見た目も味もホンモノと変わらないと評判の #培養肉🍖  チキンナゲットやステーキ🥩フライ🐟など #レシピ の幅も広がっています 食の未来を #シンガポール 🇸🇬 からお届けします!
カテゴリー:

「“培養肉“普及に向けたルール作りを」企業や研究.. - 11月27日(日)04:58 

「“培養肉“普及に向けたルール作りを」企業や研究者が提言 #nhk_news
カテゴリー:

食用の培養肉、米FDAが初の安全認定 - 11月18日(金)15:54 

米食品医薬品局(FDA)が、人工的につくられた培養肉の安全性を初めて認可した。 安全性が認められたのは、米アップサイド・フーズが培養したニワトリの細胞から製造している培養肉。農務省による検査を経て、製品の販売が可能になる。 FDAは、同社から提出された情報を検証した結果、「安全性に関する同社の結論について、現時点でさらなる疑問はない」とした。 FDAの専門家は「細胞培養技術の進歩により、食品会...
カテゴリー:

チキンジョ… 培養肉をFDAが食用認可、市場販売へ - 11月17日(木)12:56  news

米FDA、培養肉に初の食用認可 畜産肉の代替需要高まる https://jp.reuters.com/article/usa-meat-fda-cultivated-idJPKBN2S7039 米食品医薬品局(FDA)は16日、動物の細胞から培養した肉製品を初めて食用として認可したと発表した。 培養鶏肉を製造するアップサイド・フーズが、農務省の検査後に市場で製品を発売できるようになるという。 FDAのロバート・カリフ長官とFDA食品安全・応用栄養センターのスーザン・メイン所長は声明で、「世界では食品革命が進んでおり、(FDAは)食品供給における革新支援に...
»続きを読む
カテゴリー:

FDA、培養肉の安全性を初めて承認 - 11月17日(木)10:53 

培養肉が初めて、米食品医薬品局(FDA)による安全性に関する認証を得た。これにより、Upside Foodsがラボで培養した鶏肉は、安全に食べられることが認められたが、販売はまだ承認されていない。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる