「培養肉」とは?

関連ニュース

お寿司で食べれる細胞培養サーモンの予約受付を限られたシェフに対してWildtypeが開始 - 09月12日(土)10:00 

培養サーモンのスタートアップであるWildtype(ワイルドタイプ)は、選ばれたシェフに対して予約注文の受付を始めた。 同社創設者の話では、商品化されるのはまだ5年も先の話だが、生食可能な寿司グレードのサーモンをメニューに加えたいと考える世界の選りすぐりのシェフをパートナーにしたいと考えている。 「今すぐ発売するわけではありません。次なる試行段階に入ったというニュースを発信しているのです」と、共同創設者のJustin Kolbeck(ジャスティン・コルベック)氏はいう。彼は米国の元外交官で、アフガニスタン駐在中にまず目にした食料安全保障の問題に対処したい(未訳記事)と、この会社を立ち上げた。 「寿司屋でみなさんが注文するのは巻物、握り、刺身です」と彼は話す。そのため、Wildtypeの製品は、寿司用に寿司職人が準備する柵の形でサーモンを提供することになる。「寿司職人は280グラムから400グラムほどのサクを魚から切り出します」とコルベック氏。「そこから少しずつ握り用に切り出し、残りは巻物に使います。私たちは最初の製品を、この3つすべてのフォームファクターに対応できる形にデザインしました」。 その工程は、単に細胞を培養するよりも難しい。コルベック氏ともう1人の共同創設者Arye Elfenbein(アリー・エルフェンベイン)氏によれば、同社は、天然サーモンの味と食感を再現するための、...more
カテゴリー:

食糧危機を救うのは人工肉かもしれない。新型コロナによる流通崩壊や豚コレラ蔓延で - 09月01日(火)16:10 

あるAnonymous Coward 曰く、新型コロナウイルスは食肉処理場での集団感染などにより、畜産業にも大きな打撃を与えているほか、現在進行形でアフリカ豚熱(豚コレラ)が蔓延していることから、豚肉の供給が脅かされている。今回のパンデミックは、農場、肥育場、加工施設、貯蔵センター、食肉処理場を含む複雑な食肉サプライチェーンの脆弱性を露呈することになった。人工肉のような代替のタンパク質源は、食肉サプライチェーンを劇的に簡素化する明確なソリューションだと研究者たちは述べている(green queen、BBC、日テレNEWS24)。 そんな中、カリフォルニア州バークレーに拠点を置く食品帰郷「Mission Barns」は、バイオリアクターで培養された動物性脂肪と、植物ベースの人口肉を組み合わせて作るハイブリッド代替肉を作っているそうだ。同社の製造方法では、一度の細胞培養により数百トンの肉が生成可能で、動物を殺害することなく持続的に供給可能であるとしている(green queen、ZME Science、ギガジン)。 その同社が作成した人工ベーコンが8月中旬の1週間ほど、サンフランシスコの2つのレストランで試食テストされたという。商用販売がまだ承認されていないことから、書類の署名が求められまた情報をフィードバックする必要があったようだ。 すべて読む | サイエンスセクション ...more
カテゴリー:

農水省、代替肉ルール作りを開始「フードテック官民協議会」立ち上げ【肉食わせろ】 - 09月04日(金)10:23  poverty

 農林水産省は、民間企業と連携し、大豆を主原料としながら肉のような食感の「代替肉」に関するルールづくりに乗り出す。 代替肉は生産過程の環境負荷が畜産に比べて小さく、食料難を回避する一助になると期待が高まる。品質などを担保する認証制度創設に向けた検討を進め、普及を後押しする。  月内にも立ち上げる「フードテック官民協議会」では、食品メーカーなどが中心となって制度設計を議論する。品質のほか、環境への配慮を基準とすることが想定されており、民間企業などが認証の実施主体になる見通しだ。  代替肉は、...
»続きを読む
カテゴリー:

「培養肉」の画像

もっと見る

「培養肉」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる