「培養肉」とは?

関連ニュース

培養肉普及へ企業連合発足 9月にも政府関係者向け試食会 - 01月24日(金)23:39 

 牛や豚などから採取した細胞で作る「培養肉」の普及に向けた方策を検討する企業連合「細胞農業研究会」(座長=国分俊史多摩大学ルール形成戦略研究所所長)が24日、発足した。約20の企業や研究機関が参加。6月末をめどに提言をまとめ、9月にも政府関係者向けの試食会を開く。2021年9月には一般向けの試食イベ
カテゴリー:

ソフトバンクGとカーギル、培養肉のスタートアッ.. - 01月23日(木)13:06 

ソフトバンクGとカーギル、培養肉のスタートアップ企業に出資
カテゴリー:

なぜ大半の投資家は、今までテスラ株を買おうともしなかったのか - 01月22日(水)04:45 

イーロン・マスク率いるテスラの株価が急騰し、その時価総額はついにフォードとGMの合計を抜いたと報じられました。同社の躍進を予見していたうちの一人が、世界的エンジニアとして知られる中島聡さん。今回、中島さんはメルマガ『週刊 Life is beautiful』で、自身がテスラに注目した理由を明らかにするとともに、今後大きな変化が起こると思われる業界と伸びることが明らかな企業名を記しています ※ 本記事は有料メルマガ『週刊 Life is beautiful』2020年1月21日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。 プロフィール:中島聡(なかじま・さとし) ブロガー/起業家/ソフトウェア・エンジニア、工学修士(早稲田大学)/MBA(ワシントン大学)。NTT通信研究所/マイクロソフト日本法人/マイクロソフト本社勤務後、ソフトウェアベンチャーUIEvolution Inc.を米国シアトルで起業。現在は neu.Pen LLCでiPhone/iPadアプリの開発。 第3の投資戦略 テスラという会社の特殊性に関しては、このメルマガでも何度も触れて来ましたが、ようやく市場も気が付いたようで、株価が急騰しています(参照:「Tesla surges past $500 on back of analyst upgrade, China momentum」...more
カテゴリー:

培養肉を食べるか否か、菜食主義者の視点から考えてみた - 01月12日(日)11:00 

ラボで培養された肉を生産するスタートアップが増えている。こうした培養肉を、ヴェジタリアンやヴィーガンの人々は食べるべきか否か──。『WIRED』US版のライターがヴェジタリアンの立場から考察した。
カテゴリー:

培養肉開発のMemphis Meatsがソフトバンクなどから176億円超を調達 - 01月23日(木)13:15 

動物細胞から肉、シーフード、鶏肉を人工的に製造する技術を開発しているMemphis Meatsは、ソフトバンクグループ、Norwest、さらにシンガポール政府が支援するTemasekといった投資家から、新たな資金1億6100万ドル(約176億5400万円)を調達した。 今回の投資を受け、同社の総資金は1億8000万ドル(約197億3700万円)となった。これまでの投資は、Richard Branson(リチャード・ブランソン)氏、Bill Gates(ビル・ゲイツ)氏、Threshold Ventures、Cargill、Tyson Foods、Finistere、Future Ventures、Kimbal Musk(キンバル・マスク)氏、Fifty Years、CPT Capitalなど、個人および機関投資家から受けていた。 Memphis Meats以外にも、Future Meat Technologies、Aleph Farms、Higher Steaks、Mosa Meat、Meatableといった企業が、培養した細胞から肉を作る技術を探求している。それによって、世界中の森林破壊と気候変動を増長している畜産業を代替することを目指している。 ...more
カテゴリー:

培養肉のメンフィス・ミーツ、ソフトバンクなどから1.6億ドル調達 - 01月23日(木)08:58 

人工培養肉製造の米メンフィス・ミーツは22日、ソフトバンクグループやシンガポールの政府系ファンドのテマセク・ホールディングスなどから1億6100万ドルの資金を調達したと発表した。
カテゴリー:

【人工肉】代替食品ラッシュ 魚から採取した細胞を培養した代替シーフードが誕生 - 01月19日(日)13:26  newsplus

 人口増加に対応する為、あるいは環境保護の観点から、2040年までに世界の動物肉の60%が人工肉(植物由来の肉や培養肉)に置き換わると言われている。  これは動物の肉に限ったことではない。海の幸である魚の肉もしかりだ。  アメリカの企業が、魚から採取した細胞を培養して代替シーフードの作成に成功した。将来的には魚の代わりとして多くの人々の胃袋を満たす予定だという。 魚の細胞から培養した培養シーフード  アメリカ、サンディエゴに拠点を置く「ブルーナル(BlueNalu)」は、魚から採取した細胞を培養して作...
»続きを読む
カテゴリー:

豚の挽肉を再現したという植物性人工肉「Impossible Pork」はかなり豚肉に似ているらしい - 01月09日(木)17:36 

Anonymous Coward曰く、 植物性の原材料を由来とする合成肉のような製品が開発されているが、その味を本物の肉に近づけるためには料理人の努力が必要だった。過去には合成肉/人工肉を使ったさまざまな料理が生み出されていたが、それの評価は高くないものが多い。過去にImpossible Foodsというメーカーが販売していた人工肉を使ったハンバーガーも同様だった。しかし、Impossible Foodsが新たに出した「Impossible Pork」は、豚の挽肉にかなり近いという。 同社は2019年春に「Impossible Sausage」なる人工肉ソーセージを発表していたが、今回の製品は豚挽肉の代替として使うことを想定した製品。CES 2020での試食レポートによれば、いずれも驚くほど本物の豚肉に近い味がしたとのこと。噛み応えは僅かに違う感触が残っているが、ほかの食材とともに調理すればまったく気にならないほどの完成度だという。 なお、イスラム教徒が食べられるハラール食材、ユダヤ教徒の食べるコーシャ食材として使える様に考慮されているとのこと(Engadget日本版、INPUT、Slashdot)。 すべて読む | テクノロジー | 関連ストーリー: マクドナルド、カナダで合成肉バーガーを試験販売へ 2019年0...more
カテゴリー:

「培養肉」の画像

もっと見る

「培養肉」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる