「地産地消」とは?

関連ニュース

知っておきたい情報満載! 心うるおうハワイの魅力 - 写真・黒川ひろみ 構成、文・野尻和代  取材協力・ハワイ州観光局 | ananweb - マガジンハウス - 08月20日(火)17:30 

「なんだか最近気持ちがカサカサしてる気が…」そんな時は、しばしお休みをとって、びゅんとハワイへ。太平洋に浮かぶ常夏の楽園は、心身を癒し、元気をくれるとっておきの場所。今回はそんなハワイの魅力を圧倒的な数字や意外な数字から発見し、お届けします。ハワイ初心者も、何度も訪れているリピーターも、気になる「数字」で行く先を決めてみてはいかが?写真・黒川ひろみ 構成、文・野尻和代 取材協力・ハワイ州観光局知ると旅の楽しみが倍増! ハワイの基本、あれこれ。Aloha Hawaii!!キラキラと輝く太陽、青い海と白砂のビーチ、色とりどりの花、おいしい食事や買い物スポットの充実ぶり、清潔で居心地のいいホテル……。南国リゾートでのバカンスに求めるすべてがそろい、私たちの心をときめかせるハワイ。でも、何よりそのゆるりとした空気に触れるだけで、心がふわりと軽やかに。気がつけば、せわしない日常から解き放たれ、ハッピーな気持ちで満たされているから不思議。そんなハワイの奥深さを教えてくれるのが、歴史や自然、カルチャーなどにまつわるさまざまな「数字」。そのなかから、知っているようで意外と知らないハワイの概要的トリビアをお届け。そして、人気のオアフ島とハワイ島のチェックすべきポイントやスポットもピックアップ。ハワイの政治、経済、観光の中心地であり、とにかく見どころ満載のオアフ島。神の気配を感じる雄大な自然に溢れたビ...more
カテゴリー:

静岡市は、家庭で発電した太陽光電力の余剰分を買.. - 08月20日(火)09:00 

静岡市は、家庭で発電した太陽光電力の余剰分を買い取る「電力の地産地消」事業を始めます。
カテゴリー:

大都市での地産地消を推進!世界最大級の都市型屋上農園がパリで2020年開業へ - 08月18日(日)19:00 

都市型農業ソリューションを開発する仏パリのスタートアップ企業Agripolis(アグリポリス)では、2020年の開業を目指し、パリ南西部の国際展示場「パリ ポルト・ドゥ・ヴェルサイユ見本市会場」で世界最大級の都市型屋上農園の建設をすすめている。 ・1万4000平方メートルの屋上農園で30種類の野菜や果物を栽培 敷地面積1万4000平方メートルにおよぶこの都市型屋上農園では、22の農家が常駐し、野菜や果物、ハーブなど、30種類以上の農作物を栽培。 作物を地面より高い位置で垂直に配置し、水と液肥を噴霧するエアロポニックス(水気耕栽培)により、土壌を使わず、有機栽培できるのが特徴だ。 日量1トンの農作物が生産され、併設レストランで食材として活用されるほか、直売店や定期購入型サービスなどを通じて、地元の消費者に直接販売される。 また、この都市型屋上農園には、パリの美しい景色を望む屋上レストランやイベントスペースを併設。 ワークショップや農園ツアーなども定期的に開催し、年間1万人の来場者を見込んでいる。 ・地産地消に向けた都市型農園がパリで広がる パリでは、アンヌ・イダルゴ市長のもと、市内のビルの屋上や壁面などを活用し、2020年までに100ヘクタールの都市型農園を新設するイニシアチブ「Parisculteurs」に取り組んでいる。 Agripolisは、この世界最大級の都市型屋上農園を持続...more
カテゴリー:

全国 どど~ん!と「どんぶり」スポーツ応援キャンペーンの実施について - 08月09日(金)18:00 

[全国農業協同組合連合会] [画像1: https://prtimes.jp/i/47771/1/resize/d47771-1-870435-14.jpg ]  本キャンペーンは、米の消費拡大や地産地消、食農教育をすすめることを目的に、JA全女協がスポーツを頑張る子ども達(小学生~高校...
カテゴリー:

能登に魅せられた青い瞳の民宿主人に密着!究極の発酵食で行う極上のおもてなしとは?『情熱大陸』 - 08月09日(金)11:48 

8月11日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系、毎週日曜23:00~)では、石川県・能登に魅せられた青い瞳の民宿主人・ベンジャミン・フラット(53歳)に密着する。日本人より日本を愛している男として、能登で知られているのが、ベンジャミンこと通称ベン。石川県能登半島の先に位置する能登町、日本海を一望できる小高い丘の上で1日4組限定の民宿「ふらっと」を経営しているオーストラリア人だ。「能登の本物の味を知ってもらいたい」、そんな思いから、能登の食材、能登の食文化にこだわり、能登らしさを追求している。民宿のシェフとして料理を作るベンが、一番大切にしているのが食材。地元市場での地魚の仕入れから、自家菜園での野菜やハーブ作り、山菜や果物に至るまで、地産地消を徹底している。そして極めつきは「いしり」。イカの内臓と塩だけを長期間発酵させることで作られるこの魚醤は、能登町でしか作られていない希少な天然発酵調味料。ベンはこの「いしり」も手作りし、3年間発酵させたものしか使わないこだわりようだ。そんなベンを支えているのが、能登生まれ、能登育ちの妻・船下智香子。先人達の知恵を活かし、能登特有の食文化を独自のやり方で守ってきた2人は、文字通り二人三脚で民宿を続けて来た。そんな彼らにとって最も大事な行事が、夏に行われる祭り。この日の客に振る舞う料理「ひねずし」は、魚を塩と米飯で乳酸発酵させた“なれずし”の一種で...more
カテゴリー:

■植物工場の「建設」から「栽培・運営サポート」までワンストップサービスを提供 - 08月20日(火)14:16 

2019年8月20日 大和ハウス工業株式会社 三協立山株式会社 ■植物工場の「建設」から「栽培・運営サポート」までワンストップサービスを提供 植物工場システム「agri-cube ID(アグリキューブ・アイディー)」発売 ~大和ハウス工業株式会社・三協立山株式会社の共同開発~  大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一、以下「大和ハウス工業」)と三協立山株式会社(本社:富山県高岡市、社長:山下清胤、以下「三協立山」)は、“農業の工業化”を推進するため、オーダーメイドで工場や倉庫などに設置可能で、事業化への対応も見据えた植物工場システム「agri-cube ID(アグリキューブ・アイディー)」(※1)を共同開発しました。同システムは、大和ハウス工業が2019年10月1日より全国販売を開始します。 ●植物工場システム「agri-cube ID」の特長   1.お客さまの多様な事業計画に対応  2.「フリルレタス」が最短32日間で促成栽培可能なオリジナル技術  3.安心の栽培サポートプログラム ●開発背景  国内の農業分野では、異常気象による農作物の安定供給の課題や農業就業人口の減少、農業従事者の高齢化、後継者不足など様々な課題を抱えており、近年は次世代の農業の在り方として、天候・季節・地域に左右されずに、誰でも簡単に農業に従事できる、新たな農業のカタチを実...more
カテゴリー:

進化する社員食堂~マグロの解体ショーに居酒屋も:読むカンブリア宮殿 - 08月18日(日)21:05 

大阪・梅田の一角にある話題の人気スポットに、朝11時から長い行列ができていた。およそ50人が順番待ち。お目当ては12階のビルの最上階にあった。明るい光が差し込むレストラン「プレミアムマルシェオーサカ」。200ある席はすぐに満席状態になった。 ここは農機具メーカー「ヤンマー」本社の社員食堂。毎週土日は一般に開放している。客を呼び込むメニューはお得感いっぱいの週替わりランチ。この日の一番人気は「牛肉の煮込みブルゴーニュ風」(1080円、フリードリンク付き)だ。店の中庭ではミツバチが飛んでいる。大阪・梅田周辺で蜜を集め、それで自家製ハチミツを作り、カレーに添えて出しているのだ。農機具メーカーのヤンマーだけあって、自社農園や契約農家から集めている野菜も新鮮。そのサラダがついた「プレミアムマルシェカレー」(980円、フリードリンク付き)も人気の一品だ。 一方、東京・田町にあるエンタメ企業「バンダイナムコ」未来研究所。お昼時に従業員が詰めかける社員食堂は最上階の13階にある。毎日およそ800人が利用。座席のスタイルもさまざまで、掘りごたつ風の席まである。女性陣に人気なのが、野菜たっぷりの5種類のおかずの中から2種類を選び、さらにメインディッシュは肉か魚を選べるワンプレートの「デリセット」。この日はアジの南蛮漬け。ヘルシーなこのランチがご飯と味噌汁つきで500円だ。いずれの社員食堂も、運営してい...more
カテゴリー:

フィンランド発の「ゼロ・ウェイスト」なレストランとは? - 08月12日(月)19:00 

フィンランド・ヘルシンキのデザイン地区に7月31日、ゴミを出さないレストラン「NOLLA」がオープンした。“ゼロ・ウェイスト”にこだわる「NOLLA」は、2018年のプレオープンで得た経験をふまえて「ムダ」を省くことを徹底。食材は地産地消を前提に、お店の方針を理解したサプライヤーからは、プラスチックや紙などムダな包装は一切ない食材が送られてくる。メニューも季節ごとに熟考したコースを提供。アラカルトだと注文されない食材がでてしまうことを考慮した、フードロスを出さない仕組みだ。食べ残しが出た場合は、堆肥としてリユース。ショップカードですら、植物由来の素材を使う徹底ぶり。これらの取り組みとあわせ、ソフトウェアを使って再度ゴミが出ないような計画も再設計していく。海洋プラスチック問題をはじめとするゴミ問題に関心が集まるなか、そもそもゴミを出さないことを実現する方法がフィンランドから広がっていきそうだ。Top image: © Nikola Tomevski
カテゴリー:

産業給食・学校給食を提供するオーケーズデリカが 三重県より「HACCP手法認定施設」に指定 - 08月09日(金)15:00 

お弁当・給食・介護食の製造販売を行うオーケーズデリカ株式会社(本社:三重県桑名市、代表:杉本香織)は、2019年7月11日に、三重県食品の自主衛生管理認定制度における「HACCP手法認定施設」に指定されました。オーケーズデリカ株式会社では従来より衛生管理に力を入れており、この指定はオーケーズデリカ株式会社の衛生管理体制が評価された結果となります。◆ オーケーズデリカ株式会社とはオーケーズデリカ株式会社は1976年の創業から約40年、「毎日、食べる健康。」「Food is Life」というテーマのもと、お弁当・給食・介護食の製造販売を通じて、企業で働く社会人や学校で学ぶ子ども達、および介護施設の利用者を支えています。オーケーズデリカ株式会社では、HACCAPの考え方に基づく衛生管理の徹底(ケータリング業界では初となるISO22000:2005の認証取得など)、地産地消の推進、栄養バランスを考慮した献立管理など、”日本一の弁当屋”を目指して日々研究・研鑽を繰り返しています。また、代表の杉本香織は、理念経営を通じて、約200名の従業員が働きやすい会社を作る女性社長として注目されています。2015年の社長就任後、社長がピラミッドの頂点に立って社員たちに命令するのではなく、社員が主体的に動く「逆ピラミッド型」の組織を目指した組織運営を行っており、多くの受賞実績や講演実績を有します。 ◆ オー...more
カテゴリー:

水戸市内の地場農産物が味わえる飲食店など、水戸.. - 08月06日(火)04:45 

水戸市内の地場農産物が味わえる飲食店など、水戸美味みとうま【地産地消推進店】をご紹介しています。詳しくは、HPをご覧ください。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「地産地消」の画像

もっと見る

「地産地消」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる