「地球規模」とは?

関連ニュース

【自然破壊】2050年、50億人が食料と飲料水の危機に直面する 自然破壊の影響を地球規模でモデル化、300m四方単位で推定 - 10月19日(土)19:40  newsplus

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/101700597/  自然破壊のせいで、今後数十年間のうちに、世界で最大50億人もの人々が食料と水不足に直面する。 特に影響が大きいのはアフリカと南アジアだ。また、沿岸部に暮らす何百万という人々が、激しい嵐のせいで危険にさらされる。 そんな予測が、10月11日付けの学術誌「サイエンス」に掲載された論文「Global Modeling Of Nature’s Contributions To People(自然の恵みの全世界モデリング)」に発表された。 「数十億人が2050年までに影響を被ると聞いてショックを受ける人がい...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】<青木理氏>台風19号で各地の川が氾濫「ちょっと記憶にないですよね」「千曲川は生まれ育った所なので胸が痛い」 - 10月15日(火)09:16  mnewsplus

15日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、台風19号による猛烈な雨の影響で、東京の多摩川や長野県の千曲川など各地の河川で氾濫・増水が発生し、甚大な被害をもたらしたことを報じた。  コメンテーターでジャーナリストの青木理氏(53)は「千曲川は生まれ育った所なので胸が痛い」と明かした。  氾濫による被害について「改めて思ったんですけど、日本列島って毛細血管みたいに川が流れて。逆に言えば水で苦労する国もある中で、日本は水が豊かで緑が多くて恵みも受けて来てるわけです...
»続きを読む
カテゴリー:

ウミガメの赤ちゃん お腹からプラスチック片104個見つかる 米国(動画) - 10月11日(金)21:00 

 我々人間が捨てた大量のプラスチックによる海洋汚染が地球規模で深刻化するなか、米フロリダ州の野生生物保護センターは、病死したウミガメの赤ちゃんのお腹の中から、104個のプラスチック片が出てきたことを明らかにした。    大西洋に面したフ…
カテゴリー:

小泉環境相、海洋プラごみ対策「人類の責任でなくす」 - 10月07日(月)19:53 

 小泉進次郎環境相は7日の衆院本会議で、地球規模の課題となっている海洋プラスチックごみ対策について「海洋プラスチックごみによる汚染は、人類の責任としてなくさなければならない。新たな汚染ゼロの世界を2050年までに実現すべく、わが国が率先して取り組んでいく」と決意を述べた。
カテゴリー:

台風19号、地球規模の災害になる可能性wwwwwwww - 10月07日(月)04:50  news4vip

やるしかねぇか ...
»続きを読む
カテゴリー:

バイオマス発電で電力革命!特許取得済のBioXを用いたこれまでにないエコ発電システムの開発にご協力を!CAMPFIREにて2019年10月3日より掲載中 - 10月15日(火)10:00 

社会の血液「電力」の資源は自然界で循環できなければやがて枯渇します。当社ではこの地球規模の問題を解決するために、日本・アメリカで特許登録済の技術を開発しました。特許名は「バイオマスに拠る、太陽熱と炭酸ガスの固定装置 及び 同装置を備えた・家屋」です。植物の光合成を利用し、Co2を発電系内で閉鎖循環して、大気に放出せず作物に吸収させ、収穫した作物が持つカロリーを電力に変換する、特別な技術です。自然の力のみで発電するので、現状の電力資源を消費し続ける仕組みの発電と、Co2排出による地球温暖化を確実に改善します。このプロジェクトではその「新しい発電システム」を完成させる為の資金を募っています。これからの未来ある子供達に、自然溢れる豊かな地球環境を託せるよう、自然循環可能なエネルギー開発にご協力をお願いします!
カテゴリー:

【ラグビー/W杯】会場外で日本ファンとスコットランドファンの“フラワー・オブ・スコットランド”熱唱が話題に「素晴らしい光景だ!」 - 10月14日(月)21:03  mnewsplus

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は13日、A組最終戦で日本がスコットランドに28-21で勝利し、 史上初の決勝トーナメント進出を決めた。堂々の4連勝を達成したが、試合前に日本ファンのある行動が 話題を呼んでいる。会場周辺でスコットランド国歌を相手ファンとともに合唱。その模様を大会が 動画付きで公開し、「何か胸が熱くなるわぁ」と拍手が沸き起こっている。 日本のファンから試合前からノーサイドの精神を発揮していた。会場外の広場。白と赤のジャージをまとったり、 派手な被り物をしたりした日本のファンが肩を組...
»続きを読む
カテゴリー:

プラごみ問題で最終答申 東京都審議会、ライフスタイル見直しを  - 10月08日(火)23:27 

 地球規模でプラスチックごみが問題となる中、東京都廃棄物審議会(会長・安井至持続性推進機構理事長)は8日、プラの持続可能な利用に向けた施策のあり方について最終答申を行った。使い捨てプラの削減や、再生プラの活用を呼びかける。答申内容は、都が12月に策定する環境戦略「ゼロエミッション東京戦略」に取り入れていくという。
カテゴリー:

小泉環境相が国会答弁デビュー 海洋プラごみ対策「全力を尽くす」 - 10月07日(月)19:06 

 小泉進次郎環境相が7日の衆院本会議で、国会答弁デビューを果たした。  代表質問で自民党の林幹雄幹事長代理から海洋プラスチックごみ対策について問われ、「新たな汚染ゼロの実現には、地球規模の連携に加え、国民一人一人のご理解・ご協力も欠かせない。現在、審議会で議論しているレジ袋の有料化をはじめ、消費者、
カテゴリー:

宮崎駿「宇宙じゃなくて砂漠を開発したらええんちゃいまっか?」が現実に。今、砂漠で「農業革命」が起きている。 - 10月05日(土)18:41  poverty

画期的なアイデア6選  サハラ砂漠、ゴビ砂漠、アラビア砂漠……。砂や岩が一面に広がる景色は日本人にはあまり馴染みがないが、 地球規模で見てみると、地表の約4割は砂漠地帯といわれている。私たちが住む水の惑星地球は、実は砂漠の惑星でもあるのだ。 TRANSIT44号では、世界中に点在する「砂漠」を特集している。  年々拡大している砂漠では、その広大な土地を利用してさまざまな実験や試みが行われている。 いまや砂漠で食料をつくることだって可能になった。砂漠で実際に行われている最先端農業の技術を取材した。 増え...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「地球規模」の画像

もっと見る

「地球規模」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる